【2020年夏版】新型「ルークス」や王者「N-BOX」など、 各社のスーパーハイトワゴンの先進安全装備をランク付け!【I LOVE 軽カー】(1/2)

画像ギャラリーはこちら
軽自動車は広い居住空間や高い利便性だけ? やっぱり事故ったら普通車に比べて危ない? そんなこと全然ありません! 最近の軽自動車は安全性能が格段に進化しているのです。ここでは、具体的に何がどう進化しているのか、メーカーによって何が違うのかを、各安全装備ごとに分かりやすくお届け!

今回は、「スーパーハイトワゴン」の合計5台の先進安全装備を比較、ランク付けしていきます!

目次[開く][閉じる]
  1. シノギを削る各社の「スーパーハイトワゴン」の先進安全装備をランク付け!
  2. 気になるランキングは?
  3. 先進安全装備の充実度と性能水準は、軽自動車もかなりのところまできている
  4. ACCでも日産・三菱が現時点でトップ
  5. 毎週木曜日はI LOVE 軽カー

シノギを削る各社の「スーパーハイトワゴン」の先進安全装備をランク付け!

軽自動車の先進安全装備を丸裸にしてみようという当連載企画。前回は「ハイトワゴン」と「ワゴンタイプのクロスオーバーSUV」の先進安全性能をランク付けしてみたが、今回はその第2段として「スーパーハイトワゴン」編をお届けしよう。

優れている部分とそうでない部分

ただし、この記事を読むうえで前提として理解して欲しいことがある。先進安全装備を総合的に比較する時に「じゃあどれがいいのか?」を判断するのはとても難しいということだ。前回と同じ例で申し訳ないが、勉強の成績にたとえてみればわかりやすい。すべての教科を完ぺきにこなせれば一番いいのだが、なかなかそうはいかない。多くの人は教科による得意/不得意がある。「英語は得意だけど数学が苦手」という人と「理科ならだれにも負けないけど、社会は頭に入らない」という人がいた場合、どちらが優秀かを判断するのは本当に難しい。同様に、ひとくちにクルマの先進安全機能といっても車種それぞれに得意分野とそうでない分野が存在するからだ。

この記事では「衝突被害軽減ブレーキ」「車線逸脱警告/抑制機能」そして「誤発進抑制機能」と2つの安全装備に関して星の数でランク分け。その合計で総合順位を決めた。評価の基準とした星の数は、それぞれ「★★」を標準とした。それより多い「★★★」は優秀、「★」は“進化を望みたい”として評価している。

たとえばダイハツ タントは誤発進抑制機能では星を3つ獲得。いっぽうで衝突被害軽減ブレーキは星がひとつに留まった。長所と短所が混在するのだ。それを総合としてどう判断するかは難しい。

気になるランキングは?

…というわけで断っておきたいのは、今回のランキングは無理やりなものだということ。本来なら単純比較できない長所と短所を強引に星の数で表し、そのトータルの数によりランクを決めているからだ。とにかく強引なランク付けだという前提を頭におきつつ、ここから先を読み進めてほしい。そして、中身をしっかり理解して各車の長所と短所を見極めてほしいと思う。

それではランキングを見ていこう。

※ランキングは2020年7月20現在

トップに輝いたのは、星を8個集めた日産 ルークスと三菱 eKスペース/eK クロススペース。3車は基本設計を共用するモデルだ。

高評価の理由は衝突被害軽減ブレーキ&警告機能が高度なことと、誤発進抑制機能もシステムが充実してそれぞれ星3つとなり、車線逸脱警告/抑制機能にも減点がなかったこと(星2つ)。衝突被害軽減機能で特にスゴいのが「インテリジェントFCW」と呼ぶ前方衝突予測警報。レーダーを使って前を走るクルマの、その前を走る車までモニタリング。2台前のクルマの減速を察知し、ドライバーへいち早くブレーキの警告を発することで追突事故を防ぐのだから立派だ。日産の上級車種と同様のシステムを組み込んでいるのである。その恩恵で衝突被害軽減ブレーキの性能も高い。

車線逸脱警告/抑制機能は標準で星2つ、誤発進抑制機能は前後のブレーキ制御まで行うので星3つとした。

次点の4位となるのが、ホンダ N-BOXとダイハツ タント。星の数は6つと、上位3台に比べると2個の差となった。

N-BOXで優れているのは、衝突被害軽減ブレーキの性能だ。夜間の歩行者はもちろん、スーパーハイトワゴンクラスで唯一となる横断する自転車にも対応している。

いっぽうで進化を期待したいのは誤発進抑制機能。エンジン出力は抑えるものの、ブレーキ制御までおこなわないのがウィークポイントだ。

総合得点では同点だが、タントは得意部分と不得意部分が逆。誤発進抑制機能はブレーキ制御まで行うので星3つだが、衝突被害軽減ブレーキは夜間の歩行者検知に非対応なので星1つに留まった。

今回のランク付けでもっとも星が少なかったのがスズキ スペーシアだ。内訳をみると、衝突被害軽減ブレーキは夜間の歩行者検知に非対応なので星1つ、車線逸脱警告/抑制機能はハンドル支援がないので星1つ、そして誤発進抑制機能はブレーキ制御が後方のみなので星2つとした。

日産/ルークス
日産 ルークスカタログを見る
新車価格:
141.6万円206.7万円
中古価格:
16万円244.8万円
三菱/eKスペース
三菱 eKスペースカタログを見る
新車価格:
139.9万円176.8万円
中古価格:
44.9万円195.3万円
三菱/eKクロススペース
三菱 eKクロススペースカタログを見る
新車価格:
165.6万円199.1万円
中古価格:
166.4万円244.2万円
1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
工藤 貴宏
筆者工藤 貴宏

クルマ好きが高じて在学中から自動車メディア業界に足を踏み入れ、気が付けば四半世紀。自動車雑誌編集者から編集プロダクション勤務を経てフリーランスの自動車ライターとして独立。自動車関連の雑誌やウェブで活躍している。モットーは「そのクルマは誰を幸せにするのか」。使い勝手などユーザー目線の記事を得意とする。永遠のスポーツカー好きで愛車はフランス製のホットハッチとディーゼルエンジンを積んだSUV。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 ルークスの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ルークスのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ルークスの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ルークスの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ルークスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる