「GT-Rは復活します」の言葉で世界が歓喜! 2001年に登場したGT-Rコンセプトは市販モデルとソックリだった

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
日産 GT-Rといえば日本を代表するスーパースポーツカーだ。2007年にデビューした現行モデルが、プロトタイプとして初めてお披露目されたのが2001年開催の東京モーターショーであった。当時の日産は経営的に厳しく、ちょうどカルロスゴーン氏を社長に迎え入れた直後で、日産の威信をかけたモデルとしてデビュー。その後市販化まで6年あまりの時間を要したわけだが、一体最初のコンセプトモデルはどんなクルマだったのか?

日産復活のシンボル! 当時発表されたのは“いずれ新型が出る”だけだった

2001年当時の日産といえば、先に述べた通り経営的にかなり厳しい状態であった。カルロスゴーン元社長を迎え入れ、軌道修正をしている真っ只中。GT-Rコンセプトこそ、日産復活の象徴的存在として大々的にアピールされたのだった。

当時はボディサイズをはじめスペックはまったく発表されず、唯一わかったのは「GT-Rが復活する」ということのみであった。

ちなみに2001年は未だ、R34型スカイラインGT-Rはまだ新車として買えた時代でもあった。

>>かなり似ている! GT-RコンセプトとGT-Rを写真で比較

スペックがゲーム内で密かに発表されていた!?

事前情報がなかっただけに世界中に衝撃が走ったわけだが、驚くべきは当時売られていたプレイステーション2用のゲームソフト「グランツーリスモコンセプト2001 TOKYO」に収録されたこと。モーターショーでスペックは発表されなかったものの、ゲーム内では450馬力であった。じつは2007年に登場したGT-Rは480馬力と、非常に似通った数値でもあったのだ。

現行GT-Rは2007年デビューと、2021年に15年目を迎える超ベテラン選手。2021年10月にはGT-R NISMO 2022モデル発売が予告されているとはいえ、いつ新型モデルが登場しても不思議ではないタイミングである。もっといえばフェアレディZの新型モデルのデビューも控えているだけに、新型GT-Rの誕生も期待したいところだ!

【筆者:MOTA編集部】

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
495万円1,479.5万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる