オリックスカーシェアが2020年1月より燃料電池自動車を導入|トヨタ MIRAIを配備しエコカーの認知度アップを図る

オリックス自動車が2020年1月からトヨタ MIRAIを配備・運用

オリックス自動車は、このたび東京都環境局が実施する「レンタカー・カーシェアリングにおけるZEV導入促進事業」において燃料電池自動車(以下FCV)の事業実施者に選出された。

2020年1月からトヨタのMIRAIを都内に36台配備・運用する予定でMIRAIの導入はカーシェアリング業界では初めてだ。

>>トヨタ MIRAIを借りるにはいくらかかる? 値段表を画像で見る(8枚)

東京都とタッグを組んで電気自動車やハイブリッド車などの普及促進を狙う

「レンタカー・カーシェアリングにおけるZEV導入促進事業」では、東京都と事業者が共同で取り組むことによって、東京都民が気軽に、かつ手頃な料金でZEVを利用できる機会を創出してZEVの普及を促進することを目的としている。近年拡大しているカーシェアリングやレンタカー事業を通じて協業し、都民にサービスを提供する。

オリックス自動車は、2002年に国内で初めてカーシェアリング事業を開始した。当初から電気自動車やハイブリッド車など、環境に配慮した車両をはじめ、多種多様な車両を積極的に導入してきた。

MIRAIについて

MIRAIは、トヨタが2014年12月に販売を開始した世界初の量産型燃料電池自動車だ。燃料電池に水素と空気中の酸素を取り込むことで動力を生み出すため、地球温暖化の一因であるCO2を走行時に排出しない環境に優しい車で、約3分の充填で約650kmの走行が可能だ。

この記事の画像ギャラリーはこちら
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる