MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、量販型燃料電池バス「SORA」を発売…2020年の東京五輪までに100台以上導入へ

自動車ニュース 2018/3/28 15:38

トヨタ、量販型燃料電池バス「SORA」を発売…2020年の東京五輪までに100台以上導入へ

関連: トヨタ
トヨタの量販型燃料電池バス「SORA」

トヨタは、燃料電池バス(FCバス)SORAの型式認証をFCバスとして国内で初めて取得し、2018年3月7日より販売を開始した。今後、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入が予定されている。

新型SORAには、社会のために働くクルマであるからこそ、環境に配慮するとともに、災害時に電源として利用できる「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用した。新型SORAに乗るすべての利用者にとって「移動」がチャレンジするための障害ではなく、夢を叶えるための可能性になってほしいとの想いから、人を中心に考えたユニバーサルデザインと機能を採用した。

新型SORAのボディサイズは、全長10525mm、全幅2490mm、全高3350mmで、定員は座席22人、立席56人、乗務員1人の79人となる。

>>新型SORAの内外装デザインを画像で見る(10枚)

デザイン

・従来の路線バスに見られる六面体(箱形)から大きく異なる立体的な造形を追求し、前後ランプにLED採用、一目でFCバスとわかる特徴的なデザインとしている。

高い環境性能とFCならではの嬉しさ

・燃料電池自動車「MIRAI」向けに開発したトヨタフューエルセルシステムを採用し、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能と、騒音や振動が少ない快適な乗り心地を実現した

・大容量外部給電システムを搭載し、高出力かつ大容量の電源供給能力(最高出力9kW、供給電力量235kWh)を備えており、災害時に電源としての利用が可能

すべての人がより自由に移動できるための、ユニバーサルデザインと機能

トヨタの量販型燃料電池バス「SORA」

◇自動格納機構付き横向きシート(日本初)

未使用時には自動的に格納されるシートを採用し、ベビーカーや車いす利用者と一般利用者の居住性を両立させた。

◇視界支援カメラシステム(バス周辺監視機能)(日本初)

車内外に配置した8個の高精細カメラの画像を運転席モニターに表示。さらに、バス停車時には周囲の歩行者や自転車などの動体を検知し、運転手へ音と画像で知らせる「視界支援カメラシステム」を搭載し、安全性を向上させている。

◇加速制御により、安全性を向上(日本初)

モーター走行により変速ショックがないことに加え、急加速を抑制し緩やかな発進を可能とする加速制御機能を採用し、車内で立っている利用者の安全性に配慮した。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR