autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ C-HRのEV版を世界初披露|上海モーターショー2019

自動車ニュース 2019/4/16 11:43

トヨタ C-HRのEV版を世界初披露|上海モーターショー2019

トヨタ EV「C-HR」(左)「IZOA」(右)
トヨタ EV「C-HR」(左)「IZOA」(右)トヨタ EV「C-HR」外観トヨタ EV「IZOA」外観トヨタ EV「C-HR」外観画像ギャラリーはこちら

トヨタ EV「C-HR」と「イゾア」を上海で世界初披露

トヨタは、2019年4月16日から同年4月25日まで開催される上海国際モーターショー2019において、電気自動車(EV)の「C-HR」と「イゾア」を世界初披露した。

また他には、中国初披露となるRAV4ならびにアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車(HV)や、2019年3月から販売を開始した「カローラ」「レビン」のプラグインハイブリッド車(PHV)、中国の研究開発拠点で開発したEVコンセプト車「RHOMBUS」などの電動車を出展した。

C-HRとイゾアはトヨタブランドとして中国初投入となるEVで、2020年に販売を開始する。

>>「C-HR」と「イゾア」、世界初披露された内外装を画像で見る

トヨタ 今後のEV展開

トヨタは「C-HR」と「イゾア」の2車種を皮切りに2020年代前半にはグローバルで10車種以上のEV展開を予定し、さらに2030年にはグローバル電動車販売550万台以上を目指す。

2019年2月末には、1997年から販売を開始したHV「プリウス」から数えた電動車の累計販売台数は約1300万台となり、CO2排出抑制効果は1億300万トン以上になると試算している。

また2018年11月、トヨタは「中国国際輸入博覧会」において法人向けEV「e-Palette」をはじめとした「電動化、知能化、情報化」を活用した新たなモビリティを提案した。これらは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ならびに北京2022オリンピック・パラリンピック冬季競技大会でも活用予定である。

トヨタ副社長:吉田 守孝氏のコメント

2017年から中国で燃料電池車MIRAIの実証実験を開始しており、その他、FCコースターの中国導入など、様々な検討を進めていきます。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ C-HR の関連編集記事

トヨタ C-HRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ C-HR の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR