autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 2018年、最も読まれたクルマ記事ランキング5選

自動車ニュース 2018/12/29 10:00

2018年、最も読まれたクルマ記事ランキング5選

トヨタ アバロン(日本名:プロナード)がフルモデルチェンジ
トヨタ アバロン(日本名:プロナード)がフルモデルチェンジトヨタ 新型アルファード/ヴェルファイアスズキ 新型 軽トラック「スーパーキャリイ」(エクストラキャブ仕様/2018年5月頃発売予定モデル)日産 エルグランド 特別仕様車 ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム/東京オートサロン2018画像ギャラリーはこちら

2018年、当時話題になったクルマ記事ランキング5選を紹介!

いよいよ平成最後の大晦日。

2018年もクルマにまつわるニュースで様々な反響があった。そこで今回はオートックワンで、今年最も読まれたクルマ記事ランキング5選を紹介!これさえ読めば2018年に一斉を風靡したクルマが分かる!さらに懐かしい意外なモデルも登場!?

1位:くちデカ過ぎでは!? トヨタ新型「アバロン」が大変貌!あいた口が塞がらない?

トヨタは北米国際自動車ショー(通称デロイトショー:2018年1月13日~同年1月28日)で北米トヨタの最上級セダンとして第5世代アバロンを世界初公開した。

ボディデザインは大きく2種類ある。XLEとリミテッドは、ダークグレーのフロントマスクで”大人の雰囲気”。一方、XSEとツーリングは、ピアノブラックのメッシュグリルを採用。現在は市販されている。なお日本へは残念ながら未導入だ。

記事では、大変貌を遂げたアバロンの狙いや内外装を紹介している。

>>この記事を読む

2位:ドヤ顔チェンジで「アルファード」に異変、トヨタも予想以上の効果にびっくり!

トヨタ 新型アルファード/ヴェルファイア

2018年1月に登場した新型アルファードのフロントデザインは、先代まで押しが強かったヴェルファイアも逃げ出すほどの迫力を持たせてきた。

今までのヴェルファイア人気は、ディーラーの実力や車名のイメージとも言われてきた。しかし、アルファードを派手なデザインにした途端、ユーザーは「ヴェルファイアよりアルファードが『いいね!』」と判断した様子。

記事では、アルファードのデザインを大幅に変更した背景や、その特徴的な外装を詳しく紹介している。

>>この記事を読む

3位:スズキ、軽トラック キャリイに大型客室部を備えた「スーパーキャリイ」を近日発売

スズキ 新型 軽トラック「スーパーキャリイ」(エクストラキャブ仕様/2018年5月頃発売予定モデル)

スズキは2018年4月、軽トラックのキャリイに新たなラインナップとして新型「スーパーキャリイ」を追加し、近日発売する予定があることを予告するページ(ティザーサイト)を、自社のウェブサイトで公開した。

スペースの限られた軽トラックにおいて、あえて荷室を狭めてキャビンを広げるという大胆な発想へは大きな反響があった。

記事では、新型スーパーキャリィの特徴を具体的に紹介している。

>>この記事を読む

4位:アルヴェルは絶好調なのに、エルグランドはなぜ売れない!?ライバルが”明暗”を分けた理由

日産 エルグランド 特別仕様車 ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム/東京オートサロン2018

今やトヨタの稼ぎ頭になっているアルファード/ヴェルファイアながら、黎明期には日産 エルグランドという無視出来ないライバルが存在していた。

例えば初代アルファードと2代目エルグランドが同時期に発売された2002年の販売台数を調べてみたら、アルファード7万9670台に対し、エルグランド4万5940台とけっこうな台数。それが2017年度はアルファード/ヴェルファイアの合計8万7940台に対し、エルグランドは7548台と10分1以下になってしまった。

記事では、この2台の明暗を分けた理由を自動車評論家の国沢 光宏氏が解説。

>>この記事を読む

5位:クラウン史上もっともスポーティ!今夏発売のトヨタ 新型クラウン(15代目)を画像で見る

クラウンコンセプト TRDバージョン

2018年に、車好きから最も注目されていたモデルの1つは、2018年夏に発売されたトヨタ 15代目クラウン。

実は、さかのぼること2017年10月の東京モーターショーにおいて、トヨタ クラウンの市販車に極めて近いコンセプトモデルが公開されていた。また、2018年1月の東京オートサロン2018では新型クラウンコンセプトのモデリスタバージョンとTRDバージョンも公開された。

記事では、新型クラウンのコンセプトモデルやモデリスタバージョン、TRDバージョンの3モデルを写真で紹介。

>>この記事を読む

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR