カナダ製3輪バイク「カンナム ライカー」日本上陸

新型3輪バイク「Can-Am Ryker(カンナム ライカー)」日本上陸!

BRPジャパンより、新型の3輪モーターサイクル「Can-Am Ryker(カンナム ライカー)」が発売される。日本上陸は2019年春を予定。販売価格は未発表。

>>どっちが前!? 独特な3輪レイアウトをチェック

コンセプトは手軽さ・楽しさ・カスタマイズ性

Can-Am Rykerのコンセプトは、手軽さ(Accessible)、楽しさ(Fun)、カスタマイズ性(Customizable)。

オートマチックトランスミッションを搭載しているため初めて乗る人にも扱いやすく、より手軽な価格で、自分好みにカスタマイズできる点を重視して開発された。

過去のモデルと共通となる、Can-Amラインアップ独自のYアーキテクチャも採用。フロントに2輪、リアに1輪という構造を採用することで優れた安定性と制動力を実現しながら、ビークルスタビリティシステムによりかつてない安心感をもたらす。さらに、軽量化と低重心化により、エキサイティングなライディングを提供できる。

また、Can-Am Rykerはカスタマイズ性にも優れている。多彩なアクセサリーは、簡単に交換できるように設計されており、積載容量を増やすための機能パーツから、自分好みのテイストに創り上げるデザインパーツまで幅広くラインアップ。

Can-Am Rykerが目指すのは、オーナーにとって唯一無二の「相棒」になることだ。

2種類のエンジンを用意、オフロード走行可能な仕様も

Can-Am Rykerには、600ccと900ccのRotaxエンジンをラインアップ。駆動系にはメンテナンスフリーのシャフトドライブを採用し、体格に合わせライディングポジションを簡単に調整することも可能。

さらに、オフロードを走行可能なRallyEditionもラインアップ。砂利道や泥道で、土煙を上げながら刺激的な走りを楽しめる。

キャンペーン情報

この度のCan-Am Ryker発表に伴い、10月22日(月)より本モデルの特長やパフォーマンスをはじめ製品に関する情報をいち早く入手できる、“BE THE ONE”キャンペーンが行われる。本キャンペーンに登録すると、先行試乗の案内、スペシャルプレゼントの告知、メディア発表会やローンチ情報などの気になる情報を誰よりも早く入手できる。

「BE THE ONE」キャンペーンの特設ウェブページはこちら

BRP社とは

BRP社は、3輪モーターサイクル「Can-Am Spyder」をはじめ、パーソナルウォータークラフト「Sea-Doo」、スノーモービル「Ski-Doo」など、本格的なレクリエーション分野の製品を開発・製造・販売するカナダの企業。

ルーツとなっているのは、航空機や鉄道車両の分野でも知られるボンバルディア社。同社は1942年に、世界で初めてスノーモービルを発表。その後、パーソナルウォータークラフト(水上バイク)やATV(全地形対応車)などと分野を広げ、2003年にレクリエーションに特化した製品を手がけるBRP社が独立したという経緯がある。

本社はカナダのケベック州ヴァルクール。カナダ、メキシコ、オーストリア、米国、フィンランドに生産施設を構え、全世界で8,700人以上の社員を擁する企業となっている。

この記事の画像ギャラリーはこちら
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる