autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース アルピーヌがついに日本復活!ミッドシップフレンチスポーツカー「新型A110 プルミエール・エディション」を50台限定で発売

自動車ニュース 2018/6/22 20:00

アルピーヌがついに日本復活!ミッドシップフレンチスポーツカー「新型A110 プルミエール・エディション」を50台限定で発売

アルピーヌA110
アルピーヌ A110アルピーヌ A110アルピーヌ A110アルピーヌ A110画像ギャラリーはこちら

アルピーヌ・ジャポンは、フレンチスポーツカー「アルピーヌ 新型A110 プルミエール・エディション」を50台限定で販売する。2018年6月22日(金)よりオフィシャルサイトでの購入申込み受付を開始し、購入希望が販売台数を上回った場合には、抽選により購入者を決定する。価格は790万円(消費税込)。

新型A110 プルミエール・エディションには、アルミ製の軽量でコンパクトなボディ、ミッドシップ・エンジンレイアウト、前後ダブルウィッシュボーンサスペンション、エアロダイナミクスを駆使したフラットアンダーボディとディフューザーなどが採用されている。

なお、本国フランスでは1955台の限定販売となったが、わずか5日で完売している。

フォトギャラリー>>フランスで即完売の「新型A110 プルミエール・エディション」の内外装デザインを隅々までチェック!

主な特長は以下の通り。

現代的でありながらアルピーヌらしいデザイン

アルピーヌ A110

エクステリア

新型A110のデザインは、現代的なデザイン、素材、そして技術を、オリジナルのA110ベルリネットのサイズやプロポーションといった要素に取り込んでいるため、現代的でありながらもアルピーヌらしさを全く失っていない。

フロントは、4つの独立したフルLEDヘッドランプと、ボンネットの中央に走る“スパイン(脊柱)”が、アルピーヌのDNAを明確に表している。サイドから見た形からは、このモデルがボディを最小限の大きさに抑えながらもパフォーマンスを最大化するために、全ての機器類の周りをボディワークが張り付くように覆っているかのような、効率的なデザインとされていることがわかる。

リアの「X」字型のシーケンシャルウィンカー付LEDランプも、新型A110に現代的な印象を与える一方で、傾斜し、かつ湾曲したリアウィンドウは、過去のアルピーヌを思い起こさせる。

インテリア

アルピーヌA110 インテリア

新型A110の室内は、ミニマルなデザインの中に、ドライバーのための快適で心地よいシートが備わっている。なめらかな天然皮革、車体を形作るアルミニウム、カーボンファイバーといった最高品質の素材が、ドライバーと同乗者に新型A110のドライビング体験を深く印象付けるだろう。

マルチメディアシステムには、アルピーヌテレメトリーが備わっている。アルピーヌテレメトリーは、リアルタイムの走行データ(エンジン出力/トルク、過給圧、クラッチ/トランスミッションオイル温度など)を測定し、表示する。

フォトギャラリー>>「新型A110 プルミエール・エディション」の内外装デザインを隅々までチェック!

軽量で、俊敏で、運転して楽しいスポーツカーが日本に登場!

アルピーヌ A110

特別装備を含めても1110kgという軽さを実現

新型A110は、ドライバーをどんなスピードでも興奮させ魅了するドライビングプレジャーを目指し、全くの白紙から設計された。

新型A110のアルミ製プラットフォームとアルミボディは、リベットと接着と溶接により接合され、強固かつ軽量な構造を作っている。その結果、新型A110プルミエール・エディションは、わずか1110kgという軽さを実現した。この重量には、プルミエール・エディション専用の特別装備23kgが含まれている。

加えて、アルミ製サスペンション、1脚わずか13.1kgの非常に軽量なサベルト製スポーツシート、世界初のパーキングブレーキアクチュエーターが内蔵されたリアブレーキキャリパーにより、さらなる軽量化が達成されている。パーキングブレーキアクチュエーター内蔵リアキャリパーは、通常のリアキャリパーに対し2.5kg軽量となっている。

ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用

軽量な車体に加え、新型A110の敏捷性は、前後ダブルウィッシュボーンサスペンションレイアウトによってもたらされている。プレミアムスポーツカーセグメントの多くのモデルが、よりシンプルなストラットサスペンションを採用する中、アルピーヌのエンジニアは、乗り心地とハンドリングの性能を飛躍的に高めるため、ダブルウィッシュボーンサスペンションを採用した。

ダブルウィッシュボーンサスペンションは、コーナリングの最中に車体がロールした際、タイヤの接地面をフラットなまま保つことができるため、タイヤのグリップ力を高い状態で維持することができる。よりハードなコーナリング時には、タイヤはさらにしっかりと地面に押し付けられるため、より高いグリップを得ることができる。

ダブルウィッシュボーンサスペンションによって、ホイールの正確なキャンバーコントロールができるようになり、車体のロールを抑える必要性が低くなったため、エンジニアは軽量なパイプ状のアンチロールバーを採用することができたのである。また、ホイールの上下方向の可動範囲が大きくなり、車両重量が軽いため、コイルスプリングも適度に柔らかくすることができた。

乗り心地が良くなり、路面からの衝撃吸収性が高まったものの、特徴的な敏捷性や入力に対する反応の良さはそのままであるため、アダプティブダンパーを搭載する必要はなかった。ダンパーには、バンプストップラバーを廃した、ハイドロリック・コンプレッション・ストップを採用した。

装着タイヤにもこだわり「ミシュラン パイロットスポーツ4」を採用

アルピーヌA110 リアホイール

装着されるタイヤは、ミシュラン パイロットスポーツ4で、サイズはフロントが205/40R18、リアが235/40R18。ホイールは、軽量なFuchs製の鍛造ホイールで、ばね下重量の軽減に寄与する。パイロットスポーツ4の適度なグリップ性能が、積極的にスライドさせて走らせるという新型A110の特性を際立たせている。この特性によって、たとえ中低速の速度域で走行していても、どんなレベルのドライバーでも運転を楽しむことが可能となった。

ボディの前後重量配分はミッドシップスポーツクーペとして完璧!

全長4205mm、全幅1800mm、全高1250mmと非常にコンパクトなボディで、前後重量配分はフロント44%、リア56%と、ミッドシップスポーツクーペとしては完ぺきな配分となっている。加えて低い重心高が、新型A110 プルミエール・エディションの敏捷性に寄与している。

新型A110の重心は、ガソリンタンクを前車軸後方に、エンジンを後車軸前方に配することで、車体中央付近に集められている。これにより、ドライバーはクルマとの一体感を感じることができる。

また、ブレンボ製のオールアルミニウムモノブロックブレーキキャリパーを採用。世界で初めてパーキングブレーキアクチュエーターを内蔵したリアブレーキシステムは、アルピーヌのために開発されたものである。このブレーキシステムで、2.5kgの軽量化に成功した。

フロントのブレーキディスクは直径320mmで、4ピストンアルミキャリパーが組み合わされる。ハブは前後ともアルミ製となっている。

フォトギャラリー>>「新型A110 プルミエール・エディション」の内外装デザインを隅々までチェック!(画像100枚)

優れたパワーウェイトレシオ

アルピーヌ A110

1.8リッター直噴4気筒ターボエンジンを搭載

新型A110 には、ルノー・日産アライアンスが開発した新しい1.8リッター直噴4気筒ターボエンジンがミッドに搭載されている。アルピーヌのエンジニアは、ルノー・スポールとともにこのエンジンのエアインテーク、ターボチャージャー、エキゾーストシステム、エンジン制御系に手を加え、アルピーヌ専用の仕様に作り替えた。

エンジンは、252ps(185kW)/6000rpmの最高出力と、320N・m(32.6kg/2000rpm)の最大トルクを発揮する。車両重量が1110kgと軽量なため、パワーウェイトレシオは4.4kg/psとなり、優れた加速性能を実現した。

組み合わされるトランスミッションは、アルピーヌ用にギア比を最適化したゲトラグ製の電子制御湿式7速AT(7DCT)で、素早いギアチェンジを実現。マニュアルモードを搭載し、ステアリングポストに装備されたアルミパドルで変速が可能だ。

ブレーキシステムを利用した電子デファレンシャルシステムによって、滑りやすい路面でもトラクションを失うことはない。エキゾーストシステムの徹底した排気流のシミュレーションにより、新型A110の軽量センターエキゾーストは、排気性能の向上とスポーツモデルにふさわしい排気音とすることに成功した。

3つの走行モード

新型A110には、ノーマル、スポーツ、トラックの3つの走行モードが設定されている。これらモードの切り替えにより、選択したモードに応じてスロットルレスポンス、ステアリングのアシスト、ギアシフトスピード、ESCの設定、フルカラーTFTメーターの表示が切り替わる。モード選択は、ステアリングホイールにあるボタンで行う。ローンチコントロール機能により、最適な発進加速を得ることができる。

レースで培ったエアロダイナミクス

アルピーヌ A110

新型A110のエアロダイナミクスを最適化し、流れるようなボディラインと最高の性能を両立させるため、アルピーヌのエンジニアはレースカーやスーパーカーの世界に目を向けた。

完全なフラットアンダーボディと、後部バンパーの下に設けられた機能的なディフューザーにより、新型A110は低ドラッグ(空気抵抗)と大きなダウンフォースを得ることに成功した。これにより、新型A110は、リアスポイラーなどでアルピーヌらしいプロポーションを台無しにすることなく、リミッターが作動する250km/hの最高速度を達成した。

フロントバンパーに設けられたエアインテークから取り入れられた空気は、フロントホイール周りに空気のカーテンを作り、フロントホイール周りの空気をスムースに流すほか、空気抵抗も低減する。

わずか0.32という新型A110の空気抵抗係数の値は、スポーツカーセグメントで最も低いレベルである。

□フラットアンダーボディが発生するダウンフォース値:190kg(250km/h時)

□リアディフューザーが発生するダウンフォース値:85kg(250km/h時)

高い走行性能と快適性を日々の生活の中に

アルピーヌA110 フロントトランク

新型A110の車体の軽さと、ダブルウィッシュボーンサスペンションの組み合わせは、優れたハンドリングと高い走行性能に加え、快適な乗り心地と日常の使いやすさを実現。日々使用しても苦にならない、乗り降りのしやすさも備えている。また、ほぼすべての体型に合うよう、運転席及び助手席が設計されている。

100リットルの容量を持つフロントラゲッジルームには、機内持ち込みサイズのスーツケースを並べて2つ入れることが可能。96リットルの容量を持つリアラゲッジルームには、フルフェイスヘルメットを2つと、1泊用のカバンをひとつ入れることができる。

アルピーヌとは

アルピーヌA110

アルピーヌは、1955年に創設されたスポーツカーメーカー。70年代には、軽量、敏捷性が特長のアルピーヌを代表するモデル「A110」が、ラリー世界選手権でチャンピオンを獲得するなど活躍し、その名が広く知られることとなった。ルノー車をベースにスポーツモデルを作るなど、

ルノーとの関係が深かったアルピーヌは、その後ルノーの傘下に入り、引き続きスポーツモデルの生産、ル・マン24時間レースでの優勝など活躍を続けたが、1995年にその活動を休止した。

そのアルピーヌが2016年に復活し、2017年に新型A110の限定車プルミエール・エディションが発表された。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ルノー アルピーヌ の関連編集記事

ルノー アルピーヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ルノー アルピーヌ の関連編集記事をもっと見る

ルノー アルピーヌ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR