日産、セレナなど6車種約31万台をリコール…車両火災のおそれ

日産は、セレナ/キューブ/NV200バネットなど、合計31万6759台のリコールを国土交通省に届け出た。

リコール内容は、電源分配器の基板において、回路基板の製造時に不要なはんだが付着した状態で防湿材がコーティングされたものがあり、コーティングに亀裂が発生した際に、高湿環境下において電極の間に露出したはんだを通じてごくわずかな電極成分が流れてしまうことで短絡回路が形成され、短絡回路の発熱により、最悪の場合、車両火災に至る恐れがあるというもの。

すでに10件の不具合報告が寄せされており、8件の火災が発生している。

改善措置として、当該電源分配器を良品と交換する。

対象車種は、平成22年2月1日から平成26年9月29日に製作された、セレナが16万1455台、キューブが11万3536台、NV200バネットが3万5756台となっている。さらに、日産がOEM供給している、スズキ ランディが3822台、三菱 デリカD:3が1253台、デリカバンが937台となる。

この記事の画像ギャラリーはこちら

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

日産 キューブの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 キューブのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 キューブの中古車検索 日産の記事一覧 日産 キューブの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 キューブのニュース一覧

日産 NV200バネットの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 NV200バネットのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 NV200バネットの中古車検索 日産の記事一覧 日産 NV200バネットの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 NV200バネットのニュース一覧

自動車ニュースの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事