MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ボルボ S60/V60 ポールスターがついにファイナルモデル!日本限定50台・シリアルナンバー入りで発売

自動車ニュース 2017/10/31 11:37

ボルボ S60/V60 ポールスターがついにファイナルモデル!日本限定50台・シリアルナンバー入りで発売

新たにカーボンファイバー・エアロパーツを採用

左:S60ポールスター 右:V60ポールスターファイナルモデル

ボルボ・カー・ジャパンは、10月27日より特別限定車S60/V60 ポールスターを発売した。世界限定1500台で、日本への割り当てはS60 ポールスターが20台、V60 ポールスターが30台となっている。

価格(消費税込)は、S60 ポールスターが859万円、V60 ポールスターが879万円。

>>S60/V60 ポールスターを画像でチェック!

ポールスターは、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)を中心に活躍するポールスター・シアン・レーシングをバックボーンとしたボルボのパフォーマンスブランドである。1996年にモータースポーツチームとして設立されたポールスターは、ボルボの各種モデルでレースに参戦し、数々の選手権で成功を収めてきた。S60/V60ではこれまでも継続してポールスターモデルを導入しており、今回がファイナルモデルとなる。

S60/V60 ポールスターファイナルモデルの特徴

エクステリア

今回新たにフロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラー・エクステンション部(S60のみ)に軽量なカーボンファイバーパーツを採用した。

また専用フロントスカッフプレートには、限定生産車として1~1500までのシリアルナンバーが刻まれている。

ポールスター専用の20インチアルミホイールはダイヤモンドカット/グロッシーブラック仕上げとなり、それに組み合わされる専用タイヤのミシュラン Pilot Super Sportに新たにノイズ低減機能が追加された。

ボディカラーは、バースティングブルーメタリックをはじめアイスホワイト、オニキスブラックメタリック、シアンレーシングブルーの4色から選択可能。

インテリア

ボルボ S60/V60 ポールスターファイナルモデルを発売

インテリアでは、ホールド性と快適性を高次元でバランスさせた、本革/ヌバックの専用スポーツシートは新たな表皮やステッチを採用。右側シートサイドにスウェーデン国旗をあしらった。

走行性能

S60/V60 ポールスターは、新世代Drive-E T6エンジンをベースに、ターボチャージャーの大型化、コンロッドとカムシャフトの変更、エアインテークの大型化、燃料ポンプの大容量化といった変更を加え、ノーマル比61馬力増の367馬力を発揮。Sport+(スポーツプラス)モードを採用したパドルシフト付8速オートマチックトランスミッションにAWDシステムを組み合わせている。

さらに専用チューニングされた電動パワーステアリングや、オーリンズ社製DFVダンパー、専用エグゾーストシステム、ブレンボ製6ポッドキャリパー付きフロントブレーキ等、多岐にわたるチューニングが施されている。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ボルボ V60 の関連編集記事

ボルボ V60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V60 の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR