ボルボ S60/V60 ポールスターがついにファイナルモデル!日本限定50台・シリアルナンバー入りで発売

新たにカーボンファイバー・エアロパーツを採用

ボルボ・カー・ジャパンは、10月27日より特別限定車S60/V60 ポールスターを発売した。世界限定1500台で、日本への割り当てはS60 ポールスターが20台、V60 ポールスターが30台となっている。

価格(消費税込)は、S60 ポールスターが859万円、V60 ポールスターが879万円。

>>S60/V60 ポールスターを画像でチェック!

ポールスターは、FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)を中心に活躍するポールスター・シアン・レーシングをバックボーンとしたボルボのパフォーマンスブランドである。1996年にモータースポーツチームとして設立されたポールスターは、ボルボの各種モデルでレースに参戦し、数々の選手権で成功を収めてきた。S60/V60ではこれまでも継続してポールスターモデルを導入しており、今回がファイナルモデルとなる。

S60/V60 ポールスターファイナルモデルの特徴

エクステリア

今回新たにフロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラー・エクステンション部(S60のみ)に軽量なカーボンファイバーパーツを採用した。

また専用フロントスカッフプレートには、限定生産車として1~1500までのシリアルナンバーが刻まれている。

ポールスター専用の20インチアルミホイールはダイヤモンドカット/グロッシーブラック仕上げとなり、それに組み合わされる専用タイヤのミシュラン Pilot Super Sportに新たにノイズ低減機能が追加された。

ボディカラーは、バースティングブルーメタリックをはじめアイスホワイト、オニキスブラックメタリック、シアンレーシングブルーの4色から選択可能。

インテリア

インテリアでは、ホールド性と快適性を高次元でバランスさせた、本革/ヌバックの専用スポーツシートは新たな表皮やステッチを採用。右側シートサイドにスウェーデン国旗をあしらった。

走行性能

S60/V60 ポールスターは、新世代Drive-E T6エンジンをベースに、ターボチャージャーの大型化、コンロッドとカムシャフトの変更、エアインテークの大型化、燃料ポンプの大容量化といった変更を加え、ノーマル比61馬力増の367馬力を発揮。Sport+(スポーツプラス)モードを採用したパドルシフト付8速オートマチックトランスミッションにAWDシステムを組み合わせている。

さらに専用チューニングされた電動パワーステアリングや、オーリンズ社製DFVダンパー、専用エグゾーストシステム、ブレンボ製6ポッドキャリパー付きフロントブレーキ等、多岐にわたるチューニングが施されている。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ボルボ V60の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ V60のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ V60の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ V60の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ V60のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる