autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 最新パワートレインに生まれ変わった新型「ボルボ S60 ポールスター」[「Drive-E」2.0ターボ・367ps] 試乗レポート

試乗レポート 2016/9/21 21:18

最新パワートレインに生まれ変わった新型「ボルボ S60 ポールスター」[「Drive-E」2.0ターボ・367ps] 試乗レポート(1/5)

関連: ボルボ S60 , ボルボ V60 , ボルボ V60クロスカントリー Text: 山本 シンヤ Photo: 茂呂幸正/ボルボ・カー・ジャパン
最新パワートレインに生まれ変わった新型「ボルボ S60 ポールスター」[「Drive-E」2.0ターボ・367ps] 試乗レポート

ボルボのワークスチューナー「POLESTAR(ポールスター)」

ボルボ 新型 S60 POLESTAR(「Drive-E」2.0ターボ・367ps) 試乗レポート/山本シンヤボルボ 新型 S60 POLESTAR(「Drive-E」2.0ターボ・367ps) 試乗レポート/山本シンヤ

ボルボは「安全なクルマ」と言うイメージが強いが、実はモータースポーツにも非常に積極的だ。かつてグループAに参戦した240ターボは、四角い武骨なスタイルながら圧倒的な速さで、「空飛ぶレンガ」と呼ばれていた。

そんなボルボのワークスチューナーが「POLESTAR(ポールスター)」だ。ポールスターとボルボのモータースポーツの協力体制は1996年から。STCC(スウェーデンツーリングカー選手権)やWTCC(FIA世界ツーリングカー選手権)などのモータースポーツのみならず、ボルボと共同開発のコンプリートカー「S60/V60ポールスター」やボルボのほとんどのモデルで設定されるパッケージオプション「ポールスターパッケージ」などの開発も担当している。

ポールスターはこれまでボルボと密接な関係ながらも資本関係を持たない「公式パートナー」という立ち位置だったが、2016年の7月にボルボがポールスターの株式を100%取得、正式な「ワークスチューナー」となった。

>>「VOLVO S60/V60 POLESTAR」フォトギャラリー

直6に代わり新世代「Drive-E」パワートレインとなった“新” S60/V60ポールスター

ボルボ 新型 S60 POLESTAR(「Drive-E」2.0ターボ・367ps) 試乗レポート/山本シンヤ

2014/2015年に台数限定で発売された初のコンプリートモデル「S60/V60ポールスター」は、ボルボ伝統の「直列6気筒」をベースにした専用エンジン(350ps/500Nm)を搭載。直列6気筒らしいスムーズな回転、伸びの良さ、サウンドなどが高く評価されていた。

しかし、ボルボは「100%自社開発」、「4気筒以下」、「排気量2.0L以下」、「高度な電動駆動化」にも対応と言う新パワートレイン戦略「Drive-E」を掲げ、すでにこれらのパワートレインへの移行はほぼ完了。当然、ポールスターもこの「Drive-E」をベースにしたユニットに移行するのは当然の流れである。

それが今回紹介する“新” 「S60/V60ポールスター」だ。

>>「VOLVO S60/V60 POLESTAR」フォトギャラリー

ボルボ S60 関連ページ

ボルボ V60 関連ページ

ボルボ V60クロスカントリー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S60 の関連記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連記事をもっと見る

ボルボ S60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円