autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボの次世代エンジン「Drive-E」初のポールスターチューン!S60&V60ポールスター・エボリューション先行試乗!

試乗レポート 2016/5/10 20:46

ボルボの次世代エンジン「Drive-E」初のポールスターチューン!S60&V60ポールスター・エボリューション先行試乗!(1/3)

関連: ボルボ S60 , ボルボ V60 Text: 桂 伸一 Photo: ボルボ・カー・ジャパン
ボルボの次世代エンジン「Drive-E」初のポールスターチューン!S60&V60ポールスター・エボリューション先行試乗!

魅惑のサウンドを奏でる直列6気筒か! 最新鋭の直列4気筒か!?

S60&V60ポールスター・エボリューションS60&V60ポールスター・エボリューション

ボルボS60&V60 AWDをベースにしたチューンドコンプリートカー「ポールスター」に新たなパワーユニットが載り、名称に“エボリューション”の文字を追加。

ポールスターとボルボの関係は・・例えばメルセデス・ベンツに対するAMGであり。BMWのM社。AUDIクワトロ社のS/RS/Rモデルらと同様、ベース車のポテンシャルをさらに引き上げるためのチューンドパーツを開発し、それを組み込んだうえでトータルバランスを整えチューンしたプレミアムな1台を製造するメーカーである。

もとはボルボ車によるレース活動を行う事と研究開発集団のポールスター社だ。その高い技術力を買われ、エンジンの先行開発に至るまでボルボ社とは密接な関係にある。

しかし、基本は根っからのレース屋だけに、極限の走りで戦うレース活動から得たノウハウがあり、レースからレースへ大陸の移動を“より快適で速く安全”に行うためにロードカーには何が重要か!?エンジニアたちの理想が商品として具現化されていく。

「ボルボ・ポールスター・シアンレーシング」!!今年ボルボがWTCC(世界ツーリングカー選手権)に復帰した。そのレース部門を担うのもポールスター社のもうひとつの大きな柱である。

ボルボ社の開発部門と太いパイプで繋がる完璧なワークス体制は、WTCCこそ数年ぶり(過去はBTCC)だが、STCCスカンジナビア選手権では何年もチャンピオンを獲得し、オーストラリアのツーリングカーレースでも大活躍してレース活動はお手の物。

WTCCに関しての課題はライバルチームが持つ数年分のノウハウを、いかに早期に解読できるかにかかる・・・。

2リッター4気筒+ スーパーチャージャーとターボのツイン過給ユニット

S60&V60ポールスター・エボリューション

さて、肝心の「S60&V60ポールスター・エボリューション」は、冒頭で6気筒か4気筒かと疑問符を投げかけたエンジンの違いがメインメニュー。

そのエンジンとは、ボルボ社が完璧に“ゼロ”から開発した「Drive-E」の事だ。「今後はガソリンもディーゼルも、2リッター直列4気筒“以上”は造らない」と宣言。

T6と呼ぶガソリンの最強仕様2リッター4気筒+スーパーチャージャーとターボのツイン過給ユニットがベースだが、正確に言うと頂点にはT8がある。ただそれはT6 +モーターのPHEV版なので、純粋にガソリンエンジンとしての最強はT6になる。

ボルボ S60 関連ページ

ボルボ V60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S60 の関連記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連記事をもっと見る

ボルボ S60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円