autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 「アウディ A6/A6アバント」仕様変更でより上質なエクステリアに

自動車ニュース 2016/10/21 10:25

「アウディ A6/A6アバント」仕様変更でより上質なエクステリアに

オプション設定されていたS lineエクステリアを標準仕様に

アウディ A6/A6アバント
アウディ A6アウディ A6アバント

アウディ ジャパンは、プレミアムアッパーミディアムクラスの「A6シリーズ」 の装備・仕様を一部変更し、10月20日より発売する。

価格(消費税込)は従来と変わらず、A6が628万円~888万円、A6アバントが666万円~926万円。

今回の仕様変更では、エクステリアを中心に質感と存在感をさらに高めるためのリファインを施し、従来オプション設定されていたS lineエクステリアを標準の仕様とした。

従来一体型だったフロントバンパーはエアインレット部が3つに独立して立体感を強調してより力強くスポーティなデザインとし、さらにサイドシル部の幅を拡大してワイド&ローなスタイルを印象づける。

また、リアディフューザーデザインを変更することで高級感を演出した。

S lineパッケージはS6と同じデザインのグリルを採用

アウディ A6 S lineパッケージ
アウディ A6アバント S lineパッケージ

さらにS lineパッケージ装着車には、S6と同デザインのシングルフレームグリルを採用し、エアインレット部も新デザインとなりクロームの水平バーが備わる。

「A6」は、アウディの伝統と哲学、そしてテクノロジーを凝縮した中核モデルで、1968年に前身にあたる「アウディ 100」の初代モデルが発売されて以来、48年にわたり販売を継続しているブランドの最長寿モデルシリーズ。

7代目にあたる現行A6シリーズには、セダンとアバント(ステーションワゴン)の2種類のボディタイプが設定されており、マトリクスLEDヘッドライト、ダイナミックターンインディケーターの採用をはじめとし、エレガントで品質感のある内外装デザイン、アルミを多用した軽量ボディ、高効率なTFSIエンジンとSトロニック、クワトロフルタイム四輪駆動システム、予防安全のためのアシスタンスシステムなど、アウディが独自開発した最新テクノロジーを搭載した。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

アウディ A6 の関連編集記事

アウディ A6の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A6 の関連編集記事をもっと見る

アウディ A6 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR