autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、インフィニティブランドの本社を香港に新開設

自動車ニュース 2012/5/23 14:12

日産、インフィニティブランドの本社を香港に新開設

関連: 日産
インフィニティ

日産は22日、同社のラグジュアリーカーブランドのインフィニティ香港新本社を正式に開設した。インフィニティブランドは今後4年間で、これまで以上の成長を遂げる準備が整うことになった。

日産のカルロス ゴーンCEOは、香港政府関係者と共に記念式典に出席した。

 インフィニティにとって初の本社を香港に構えることは、ラグジュアリーブランドとしての成長に向けた次のステップに踏み出したことを意味している。

インフィニティは、1989年11月8日に最初の2モデルである「Q45セダン」と「M30クーペ」を発売した。販売地域は米国およびカナダのみ。1997年に台湾で販売網を確立し、初めて北米以外にも市場を拡大している。その後、中東地域、韓国、ロシア、ウクライナ、西欧諸国、中国にも参入し、現在世界46の国と地域で車両を販売している。

ゴーンCEOは先ごろ、「インフィニティを急速にかつ収益を出しながら成長させる」と、インフィニティチームへの挑戦を提示した。

その内容は、日産の中期経営計画である「日産パワー88」の一環として、グローバル市場占有率を8%に伸ばすと同時に、連結売上高営業利益率を8%に引き上げ、その後維持していくという2つの目標を掲げている。

日産副社長で、グローバルインフィニティ・ラグジュアリー事業本部を率いるアンディ パーマー氏は以下のように述べている。

「中国でのインフィニティはまだ始まったばかりです。昨年は25店舗のディーラーしかありませんでしたが、来年にかけて100以上のディーラーを開設する予定です。また2014年までに中国でインフィニティの生産も開始する予定です。中国への入り口である香港にインフィニティの本社を設立するということは、香港がラグジュアリー車の販売における中心地であると認めたということです。中国は、疑いなくラグジュアリー車の販売の中心地となったのです。この状況は当分変わらないでしょう。2012年から2016年の間に、インフィニティはグローバル販売3倍増を目指します。」

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 の関連編集記事

日産の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 の関連編集記事をもっと見る

日産 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR
日産 関連サービス