【2022年おすすめグレード】三菱 eKクロス EVは価格も手頃で身近な電気自動車! 街乗り利用メインなら実質価格184万8000円のGグレードで十分だ

画像ギャラリーはこちら
三菱 新型eKクロス EVは今夏に発売される軽自動車規格の電気自動車です。他の電気自動車と比べて軽自動車であるため、価格が安価で取り回しもしやすく、街乗りメインで使用するならちょうど良い航続距離が魅力のモデルです。

今回、改めてグレード別の価格やサイズ、兄弟車の日産 新型サクラとの違いについて、ジャーナリストの渡辺陽一郎さんが詳しく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型eKクロス EVは一般的な電気自動車の半額程度で手に入るお手頃なモデルだ
  2. 新型eKクロス EVは新型サクラと異なり、外装面でガソリン車との区別は微々たるものに
  3. 新型eKクロス EVは電気自動車らしい鋭い加速が特徴!
  4. 街中メインで使用するならGグレードでも十分! 価格もガソリンターボモデルと遜色ない

新型eKクロス EVは一般的な電気自動車の半額程度で手に入るお手頃なモデルだ

サイズ、価格

最近は電気自動車の新型車が続々と登場しています。日産 アリア、トヨタ bZ4X、スバル ソルテラなどが挙げられますが、いずれも3ナンバー車です。ソルテラの価格は、一番安いグレードでも594万円ですから、経済産業省による85万円の補助金を差し引いても500万円以上です。

その意味で注目されるのが、三菱 新型eKクロス EVでしょう。軽自動車だから価格も割安です。Gは239万8000円で、経済産業省による55万円の補助金を差し引くと、実質価格は184万8000円まで下がります。上級のPは293万2600円ですが、同様に補助金を差し引くと238万2600円です。ソルテラの半額以下ですね。

また新型eKクロス EVのボディサイズは全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mmと、eKクロスとほぼ同じサイズとなります。軽自動車はコンパクトで運転もしやすく、最も身近な電気自動車といえるでしょう。

そして電気自動車では、1回の充電で走行できる距離が短いという欠点が指摘されますが、軽自動車なら話は変わります。主に買い物など街中の移動に使われるため、長距離を走る機会は少なく、1回の充電で100km程度を走行できれば不満はないでしょう。

特に自宅にハイブリッドやノーマルエンジンを搭載したSUVやミニバンもある場合、長距離の移動にはそのファーストカーを使います。軽自動車は街中専門の移動手段ですから、走行距離は問題になりにくいです。

そこで新型eKクロス EVに試乗してみました。車両の概要は、2022年5月26日に掲載したので、参考にしてください。

新型eKクロス EVは新型サクラと異なり、外装面でガソリン車との区別は微々たるものに

内外装、デザイン

新型eKクロス EVは、基本的には日産 新型サクラと同じクルマですが、内外装は大きく異なります。サクラは日産の電気自動車シリーズとして、アリアやリーフと共通性を持たせましたが、新型eKクロス EVは三菱車の特徴を表現しました。

今の三菱車のフロントマスクは、ボディの側面がフロントマスクまで回り込むような「ダイナミックシールド」で、新型eKクロス EVもこれを採用しています。そのために内外装は、ガソリンエンジンを搭載するeKクロスとほぼ同じです。

内装も同様ですが、後席の座り心地はeKクロスに比べて改善されています。eKクロスは座面の柔軟性が乏しく、座り心地に不満が伴いましたが、新型eKクロス EVはしなやかです。腰の支え方も向上して、カーブを曲がる時でも着座姿勢が乱れにくいです。

新型eKクロス EVは電気自動車らしい鋭い加速が特徴!

試乗、走行インプレッション

試乗を開始すると、ガソリンエンジンのeKクロスとは、デザインは似ていても走りはまったく違います。モーター駆動だから加速が滑らかで、速度を直線的に高めます。エンジンを搭載しないので、走行音もきわめて小さいです。そのためにタイヤが路上を転がる音が妙に響きますが、違和感はありません。

そしてエンジンの動力性能は、回転の上昇に伴って高まりますが、モーターは瞬発力が強いです。従って停車している時、あるいは高速道路を巡航している状態からの加速が鋭いです。

新型eKクロス EVは、イノベーティブペダルも採用しました。このスイッチを入れておくと、アクセルペダルを戻すと同時に、モーターが減速エネルギーを使った発電を積極的に行います。この時には速度が大きく下がるため、アクセル操作だけで速度を幅広く調節できます。

新型eKクロス EVのドライブモードにも注目したいです。ノーマル/電力消費量を節約できるエコ/動力性能を高めるスポーツモードを設定しました。イノベーティブペダルを解除して、Dレンジ+エコモードで走ると、走行抵抗を大幅に減らせます。空いている道を、ほとんど加減速を行わずに時速50km以上で巡航するような時は、Dレンジ+エコモードを使うと電力消費量を節約しやすいです。

逆に加減速を繰り返しながら混雑した街中を走る時は、イノベーティブペダルを使うと効果的でしょう。この時もエコモードを選ぶと、効率を高めて電力消費量を抑えやすいです。

そして峠道を走る時は、イノベーティブペダルを使いながら、スポーツモードを選びます。加減速が一層機敏になり、文字通りスポーティな走りを満喫できます。イノベーティブペダルは、走行状態に応じて使い分けましょう。

改良を要するのは、スイッチの位置です。イノベーティブペダルのスイッチはATレバーの右側、ドライブモードはステアリングホイールの右下に装着され、位置が離れています。慣れないと使いにくいです。

新型eKクロス EVの乗り心地は軽自動車としては快適です。車両重量がガソリンエンジンを搭載するeKクロスよりも約200kg重く、サスペンションも柔軟に伸縮するからです。時速40km以下で街中を走ると、路上のデコボコを伝えやすいですが、速度が少し上昇すると快適になります。駐車場から路上に出る時の段差でも、不快なショックを伝えにくいです。

乗り心地に配慮したので、峠道を走るとボディの傾き方が大きく感じます。それでも挙動の変化が穏やかで、後輪の接地性も高いため、車両の姿勢が唐突に変わることはありません。高速道路で横風にあおられた時なども、軽自動車としては直進安定性が優れています。

この背景にあるのは、電気自動車のレイアウトです。床下にリチウムイオン電池を搭載したことで重心が下がり、衝突時に電池を保護するための補強を行ったから、ボディ剛性も高まりました。このようなクルマ造りが、乗り心地と走行安定性を高水準で両立させました。

そしてガソリンエンジンを搭載するeKクロスを開発する時から、電気自動車の追加も視野に入れていたので、あらかじめリチウムイオン電池を搭載するスペースも確保されています。

そのために床の高さはeKクロスと同等で、電気自動車になっても、居住性や乗降性に悪影響は生じていません。実用性を損なわずに、電気自動車に発展させました。

以上のように新型eKクロス EVは、電気自動車らしく加速が滑らかで静粛性も優れ、動力性能、走行安定性、乗り心地、居住性、積載性まで満足できます。

街中メインで使用するならGグレードでも十分! 価格もガソリンターボモデルと遜色ない

グレード、補助金

新型eKクロス EVのグレードは前述の通り、Gと上級のPがあります。今回試乗したグレードはPですが、街中を中心に走るならGでも十分です。経済産業省による55万円の補助金を差し引くと、実質価格は184万8000円ですから、ガソリンターボエンジンを搭載するeKクロスTの168万8500円に近いです。

オプションでは、寒冷地パッケージを装着すると良いでしょう。ステアリングヒーター、フロントシートヒーター、リヤヒーターダクトなどが標準装着され、オプション価格を3万3000円に抑えました。電気自動車で車内を暖めるヒーターを使うと、電力消費量が増えて走行できる距離が短くなりますが、ステアリング/シートヒーターがあると、電力消費量を抑えながら寒さも防げます。

新型eKクロス EVを購入したいと考えたときに注意したいのは納期です。約半年を要しており、2022年末になると、今年度の補助金を使い切って終了する可能性もあります。

もし使い切ってしまった場合は次年度に申請できますが、交付額が減るかもしれません。購入するなら、商談をなるべく早めに開始すると良いでしょう。

補助金は国と地域の自治体から出ているケースがあるので、気になった方はお住まいの地域を調べてみると良いでしょう。

【筆者:渡辺 陽一郎】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 嵐山温泉 彩四季の宿 花筏

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

三菱 eKクロスEVの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 eKクロスEVのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 eKクロスEVの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 eKクロスEVの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 eKクロスEVのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる