日産 新型サクラはガソリン軽自動車に約30万円上乗せで購入できるお買い得なモデルも存在! セカンドカーにオススメの電気自動車だ

画像ギャラリーはこちら
2022年5月、日産は軽自動車規格の電気自動車(EV)、新型サクラを発表した。

今回、新型サクラを日産のテストコースで試乗。実車を見て感じた日産における新型サクラの位置付け、内外装やグレードについても紹介していこう。

目次[開く][閉じる]
  1. 電気自動車シリーズのエントリーモデルとして新型サクラを登場させた経緯がある
  2. 新型サクラのインテリアは高級感のある素材と車内の広さがポイント!
  3. 新型サクラのグレードは3種類を用意! デイズに約30万円追加すれば新型サクラが手に入る計算だ

電気自動車シリーズのエントリーモデルとして新型サクラを登場させた経緯がある

デザイン

日産はもともと電気自動車に力を入れてきたメーカーで、日産 新型アリアや日産 リーフといったEVも用意している。つまり新型サクラは、軽自動車である以前に日産のEVシリーズに位置付けられるから、走りや乗り心地も上質に仕上げた。

ボディカラーにも、新型アリアやリーフと同じ「暁サンライズカッパー&ブラック」の2トーンが用意されている。

そうなると新型サクラは、外観や内装も上質だ。プラットフォームの基本部分は、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)まで含めて日産の軽自動車、デイズと同じだが、フェンダーやドアパネルは異なり緩やかな曲面で仕上げた。

ちなみに新型サクラのコンセプトは、東京モーターショー2019に出品されたIMkコンセプトで初披露された。市販された新型サクラの外観もIMkコンセプトに近い。フロントマスクなど異なる部分もあるが、基本的にはIMkコンセプトを踏襲している。

新型サクラのインテリアは高級感のある素材と車内の広さがポイント!

インテリア

新型サクラはインパネなどの内装も、デイズとは異なる。助手席の前側は、丸みのあるトレイ状に仕上げられ、ファブリック調の表皮を柔らかいパッドの上に貼った。シート生地もトリコットで上質だ。プレミアムインテリアパッケージを選ぶと、内装やシート生地に合成皮革が使われ、質感がさらに高まる。この雰囲気も、新型サクラの静かで滑らかな運転感覚と親和性が高い。

車内の広さにも注目したい。新型サクラのプラットフォームはデイズと基本的に共通だが、電気自動車に変更しても、車内はほとんど狭まっていない。プラットフォームの開発段階から、電気自動車の開発を想定していたからだ。

そのために身長170cmの大人4名が乗車した時、後席のスライド位置を後端まで寄せると、後席に座る乗員の膝先には握りコブシが3つ収まる。この余裕もデイズと同等で、Lサイズセダン並みに広い。

新型サクラのグレードは3種類を用意! デイズに約30万円追加すれば新型サクラが手に入る計算だ

グレード、装備

装備も充実しており、衝突被害軽減ブレーキ、サイド/カーテン/ニーエアバッグなどは全車に標準装着した。運転支援機能のプロパイロットも上級のGグレードには標準装備、Xグレードにもオプション装着できる。

グレードは、S(233万3100円)、X(239万9100円)、G(294万300円)があり、Sは法人向けだ。補助金を申請すると、経済産業省から55万円が交付され、この金額を差し引くと、Xは実質的に184万9100円、Gは239万300円になる。

ノーマルタイプのガソリンエンジンを搭載するデイズ ハイウェイスターXは156万7500円だから、大雑把にいえば、デイズに約30万円を加えると新型サクラが手に入る。自治体が独自の補助金を交付している場合は、もう少し差額が縮まる。

クルマを2台所有している世帯は、遠方まで出かける時に使うファーストカーと、買い物など短距離移動のために購入したセカンドカーをそろえることが多い。

新型サクラは上質で環境性能の優れた軽自動車サイズの電気自動車だから、セカンドカーのニーズに最適だ。日本向けの環境性能に優れたクルマとして、売れ行きを着実に伸ばすだろう。

【筆者:渡辺 陽一郎】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ビーチサイド温泉リゾートゆうみ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産の最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産の中古車検索 日産の記事一覧 日産のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる