メニュー

三菱 eKクロスEVの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

3395×1475×1655 mm (全長×全幅×全高)

燃費

JC08モード: -km/L

WLTCモード: -km/L

  • このアイテムをシェアする

三菱 eKクロスEVの新車価格・取扱店

新車価格
254.7万円 308.1万円 最新モデル(1代目)2022/06/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

三菱 eKクロスEVの中古車価格

中古車価格
299.8万円 307.9万円 中古車の掲載台数:3台
人気ランキング
39
(軽自動車)
評判・口コミ
4.1 pts
(10人)
ガイド記事数
1記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

車両価格を改定。メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2023.1)

モデル概要

車両価格を改定。メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2023.1)

グレード別の新車・中古車価格
P AT
2023/02/01 ~ 販売中
280.1万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
G AT
2023/02/01 ~ 販売中
231.5万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
モデル概要

車両価格を改定。メーカー希望小売価格を見直し、全グレードに新価格が適用された。(2023.1)

三菱 eKクロスEV 歴代モデル・グレード・新型情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(eKクロスEV 2022年式モデル)




グレード P AT G AT
新車価格
308.1万円
254.7万円
中古車価格
価格情報収集中
価格情報収集中
発売日 2023年02月01日 2023年02月01日
排気量
エンジン区分 電気 電気
燃費
燃料 電気 電気
駆動方式 FF FF
ミッション AT AT
ハンドル
定員 4名 4名
最小回転半径 4.8 m 4.8 m





全長 3,395 mm 3,395 mm
全幅 1,475 mm 1,475 mm
全高 1,655 mm 1,655 mm
車両重量 1080kg 1060kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 47[64]/10,455 47[64]/10,455
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 195[19.90]/0 195[19.90]/0
過給機


タイヤサイズ(前輪) 165/55R15 155/65R14
タイヤサイズ(後輪) 165/55R15 155/65R14

三菱 eKクロスEV 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2023
(R5)
2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
以前
(H21)
価格 物件数 3
1,000万円~
~1,000万円
~900万円
~800万円
~700万円
~600万円
~500万円
~450万円
~400万円
~350万円 1 1
~300万円 2 2
~250万円
~200万円
~190万円
~180万円
~170万円
~160万円
~150万円
~140万円
~130万円

三菱 eKクロスEV レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

  • 総額175万円
  • レンのパパ
  • 投稿日 2022年11月17日
2022年式モデル  グレード:P
総合評価
4.8
外観
5
内装
5
走行性
5
運転しやすさ
5
乗り心地
5
燃費・維持費
4
総評

電気自動車を購入するに当たり、妻からは反対がありました。2台目は必要無いことと高額であることが、理由でした。しかし、私も定年退職を迎え、楽しみと妻が普段着のように使用している車を借りるのも気が引けるので、退職金を充てることで話を進めました。当初TOYOTAのCpodを購入するつもりでしたが、これまた2人乗りを妻に反対され、三菱と日産が出す軽自動車を待つことになりました。それまでに自宅には自家製のソーラーと風力発電を設置し、100ボルト発電を準備しました。20万円位費やしました。日産にがはじめで後に三菱ヘ購入希望を2021年の10月*頃から話をしていました。結局三菱だけから2022年5月に予約ができると伝えられ直ぐ訪問し手続きを終えました。長距離は無理とはじめから分かっていたのでグレードは落としました。その代わり現車到着後CDラジオを付け、ホイールを変え、泥除けを純正にしました。また、法律改正で200ボルトとなりましたので、自宅に専用コンセントを業者に6万5千円で設置してもらいました。時は過ぎ、8月頃でしたか、購入よりもリースの方が得と教えてもらいました。5年間です。考えました。バッテリーの寿命はどうだろう。購入後の税金や保険料、メンテナンス料金などと年齢的な運転の度合いなど考慮しました。購入すればその費用は220万円位。リースであれば、当初210万円でその後の諸々はリース料金に含まれほとんど不要とのことでしたからリースに決めました。私の納車はそのディーラーで4台目で9月中旬に完成の知らせがあり、ディーラーに到着するのが下旬、引き渡しは10月初旬となりました。その情報が伝わると共にリース料金は、人気が出て下取り価格が上がった為、210万円から175万円に下がり、総額支払が少し楽になりました。今、1か月が過ぎ、満足して走らせています。

良かった点

ガソリン車と何らかわりなく運転操作ができ、ガソリン価格を気にしなくてもよく、どっしりした安定した走りに満足です。確かにクーラーやヒーターの消費量と走行距離の相関関係は気になるところですが、色々試して使いこなしたいと思います。兎に角、費用面で、250万円とその後の諸々の費用を考えるとメンテナンスフリーで170万円は得でした。クーラー対策はまだですが、助手席下のボックスに小型バッテリーを載せホットクッションからUSBでつないで、車と別のバッテリーで補えないかと考えてます。

気になった点

やはりバッテリーの使用量が気になります。今のところ遠出はありませんが、充電に時間を要するにのは確かなので、、自宅以外の場所での充電がこれからの課題です。いろんな場所に充電設備ができていることは、これからEVの時代になっていくのが楽しみで、先行していることが少し優越感です。もっともっとバッテリーの性能が上がり、方式が変わり、電気自動車の時代がひろがれば、環境や生活スタイルも変わると思います。不安と期待を持って前に進みます。

1人
  • 数年後のリセールが心配
  • ブリキの太鼓
  • 投稿日 2022年11月8日
2022年式モデル  グレード:P
総合評価
3.5
外観
4
内装
3
走行性
5
運転しやすさ
5
乗り心地
3
燃費・維持費
1
総評

eKクロスEVなかなか売れています。三菱自動車のデザインコンセプトのダイナミックシールドを採用したデザインなかなか良いです。eKクロスのガソリン車との違いはEVの方はメッキグリルになっていたり、EVのエンブレムがある以外は変わりはないです。サクラのようにお洒落なデイライトくらいは付ければ良かったかも、と思っていまいます。航続距離180kmとある意味割り切りを感じますが、コレが軽自動車規格であり、価格的な制約を入れた結果なのでしょう。シティコミューター的な電気自動車です。

良かった点

評価出来るのは従来からの軽自動車と違う走りの質感の高さです。床下のバッテリーやそれに伴う補強で、低重心、ボディ剛性の高さが加わり、モーター駆動というシームレスな働力を武器に実に楽しい走りを味わえます。ワンペダル走行も可能です。世界的に見ても電気自動車としては、かなり小さな部類に入りますが、なかなか逞ましい走りです。航続距離が正味300kmあれば世界でも戦えるポテンシャルを感じました。やはり電動技術には定評のある三菱の生真面目さが出ています。

気になった点

少し固い足回りで段差やガタガタな路面での乗り心地がイマイチです。もっとしなやかで乗り心地をよくして欲しいです。またサクラと同様ですが、航続距離180kmはヨシとしても電池は劣化します。補償がどうなっているか、購入前に必ず確認した方が良いです。何年か使用すると航続距離が100kmを切る事も十分に考えられます。ガソリンターボの高額帯の軽自動車を5万キロで手放した場合とekクロスEVを5万キロで手放した場合、果たしてどうなるのか想像してみて下さい。ホンダNboxならまだまだ、金額が付きますが、EVはリーフを見る限り厳しいと言わざるを得ないです。

3人
  • サクラの影法師
  • ブラックレイン
  • 投稿日 2022年7月31日
2022年式モデル  グレード:P
総合評価
4.2
外観
3
内装
3
走行性
5
運転しやすさ
5
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

ekクロスEV Pグレードを試乗しました。
ガソリン仕様とはフロント回り、リア回り共にデザインが少し異なります。また新デザインのアルミホイールも新鮮味のあるポイントです。ekクロスEVは、アウトランダーPHEVと同じモーターと言う事で、軽自動車だが、普通車と同じモーターを使用してコストを抑えつつも、パワー感を向上させているのが良いです。サクラとは姉妹車との事ですが、外観や内装は別物です。シャーシやモーター等メカ関係が共通になります。インテリアもekクロスに準じた物になります。

良かった点

やはりモーター駆動は素晴らしいです。低速領域では、ガソリン車は太刀打ち出来ないのは当然で、色んな場面でモーター駆動の利点を感じます。軽自動車とモーターの組み合わせは、少ない電池容量でも軽さが効いて航続距離にも有利に働くと思います。またパワーモードにすると、アクセルを踏み込むと、加速が鋭くなるのがハッキリと分かります。並のコンパクトカーなら勝負になりません。ワンペダル走行も試しましたが、コツを掴めばなかなか快適に運転出来ます。ガソリン仕様よりも静粛性、乗り心地共に向上しています。

気になった点

見た目に新しさが無いのが損をしていると感じます。三菱の台所事情でサクラのようなニューモデルを作る余力か無かったのかもしれません。姉妹車じゃないなら、これほど比べる事も無いと思いますが、姉妹車だと内外装が新しいサクラが有利だと思います。それは販売台数にも如実に現れていてユーザーは慧眼です。またコレもサクラとの比較になりますが、静粛性や乗り心地もサクラが半歩リードしています。乗り比べる違いが分かるレベルです。もし、サクラが無ければ手放しに褒めたいですが、対比になると少し不利です。

6人
  • 目立たないBEV
  • ジャミラ
  • 投稿日 2022年7月31日
2022年式モデル  グレード:P
総合評価
4.0
外観
3
内装
3
走行性
5
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
5
総評

三菱はアイミーブや乗用車でBEVを発売していましたが、久しぶりのBEV投入です。日産さくらとの共同開発で開発を日産、生産を三菱で行っています。ですが、日産のサクラのような完全なNEWモデルでは無くて、ekクロスの一つのグレードとして販売されています。フロントグリルは電気自動車なので開口部が小さくされていますが、パッと見て直ぐにEVとは分からないと思います。eKクロスEVの航続距離は180km(WLTCモード)で、もし空に近い状態なら自宅での普通充電だと約8時間で満タンになる計算です。勿論180kmは季節や乗車人数で変わります。

良かった点

試乗車はPで9インチのナビゲーションシステムを標準で装備。スマートフォンとの連携機能付きで使い易いです。またPにはガソリングレードには無いデザインのアルミホイールが装着されているのも、ガソリン車と差別化されていて良いです。また、ワンペダル走行のモードがあり、慣れると凄く安楽なドライブが可能です。このモードをオンにすると明らかにアクセルペダルからブレーキペダルに踏み変える頻度が減ります。また、乗り心地が良くしっとりとした動きを示します。バッテリーが床下にあり、重心が低くなることに起因すると思われますが、軽自動車とは思えない秀逸な乗り心地です。

気になった点

気になる点は悪いデザインでは無く、むしろ良いデザインですが、見た目そのままekクロスシリーズと言うところでしょうか。新規にデザインを起こした日産に比べるとショボイ感じがします。これで販売価格が安いのなら納得できますか、サクラとほぼ変わらない価格なのが、あれ?と言う感じです。もっと安いならサクラを上回る販売になっていたかも知れません。また軽自動車の中では質感が高いインテリアですが、姉妹車のサクラには負けています。

7人

三菱 eKクロスEV買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
eKクロスEV 2022年式モデル
eKクロスEV 2022年式モデル
2022年 289.9万円 ~ 301.5万円 - MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | 三菱 eKクロスEVの買取相場 更新日2023年02月03日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • 三菱 査定依頼日:2023年01月29日
    eKクロスEV G
    年式:2023年 | 走行:~1万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 180 万円~ 220万円
三菱 eKクロスEVのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

三菱 eKクロスEVを見た人はこんな車も見ています