autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 三菱 エクリプスクロス 試乗レポート|悪路もワインディングもこなし車内も広い「次世代万能選手」の性能を体感!

試乗レポート 2018/8/3 15:00

三菱 エクリプスクロス 試乗レポート|悪路もワインディングもこなし車内も広い「次世代万能選手」の性能を体感!(1/2)

関連: 三菱 エクリプスクロス Text: 遠藤 イヅル Photo: 土屋 勇人
三菱 エクリプスクロス
三菱 エクリプスクロス三菱 エクリプスクロス三菱 エクリプスクロスと筆者の遠藤イヅル氏三菱 エクリプスクロス画像ギャラリーはこちら

ライバルひしめくコンパクトSUVクラスに投入された三菱の新兵器

三菱 エクリプスクロス

昨年秋の欧州での発売を皮切りに、2018年3月から国内発売が開始された三菱 エクリプスクロス。今や販売のボリュームゾーンとなったコンパクトクロスオーバーSUVはトヨタ C-HR、日産 ジューク、ホンダ ヴェゼル、マツダ CX-3、スバル XV、ボルボ XC40、ルノー キャプチャー、アウディ Q2など国内外の魅力的なライバルがひしめいている。

量販モデルとしてだけでなく世界戦略車の使命を帯びている車種も多いため、どのモデルも各メーカーともに手抜かりなくしの力作ぞろいだ。出せば売れるかもしれないクラスだが、逆に言えば厳しい戦場でもある。

結論から言ってしまえば、エクリプスクロスはこの市場に打って出る三菱の新兵器として十分な出来と三菱らしいキャラクターを備えていた。その理由を紐解いてみたい。

>>大自然が似合う! エクリプスクロスの写真ギャラリーはコチラ

クーペルックを裏切らない十分以上の動力性能とハンドリング

三菱 エクリプスクロス
三菱 エクリプスクロス

エクリプスクロスという名前を聞いて、かつて三菱に存在したスペシャリティクーペ「エクリプス」を思い出す人も多いだろう。その名を引き継いだエクロプスクロスは、コンパクトSUVの中でも特にスポーティなクーペルックが際立つモデルだ。

アウトランダーにも通じる最近の三菱ファミリーフェイス統一顔はよりシャープに造形され、下端ラインがボディ後部に向かって上がっていくサイドウインドウと短いリアのオーバーハングは、心地よく切れ上がったスタイルを作り上げている。

後方視界を確保するために2分割されたハッチの窓の間を通るテールライトはまるでリアスポイラーのようにも見える。装飾過多や曲面主体のクルマが多い昨今、シャープで無駄のない面構成と造形を持つのはむしろ新鮮。長く飽きのこないデザインになるだろう。

SUVらしからぬキレのあるハンドリングと軽やかなエンジンフィール

三菱 エクリプスクロス
三菱 エクリプスクロス三菱 エクリプスクロスと筆者の遠藤イヅル氏

そしてオンロードでも走りはそのスタイリングから想像される以上に快活でキレがいい。1.5リッター直噴ターボエンジンはスペック的には150psと低めに思われるが、マッチングの良いCVTによってその数値以上の性能をエクリプスクロスに与えている。トルクは2000回転という低回転域で240Nmを発生するので、全域で気持ちの良い加速をしてくれる。

古くからのファンなら240Nmという数値が以前の表記でいう24.5kg-mに相当すると聞けば、「おお、それは2.5リッタークラスのノンターボ車と同じくらいだな」と思うかも。数値でクルマの性能を語るわけではないが、エクリプスクロスが実用域で乗りやすく速いクルマだということがわかるだろう。

CVTの出来にも触れておきたい。いわゆるCVT特有のタイムラグは少なく、意図的に設けられた「8速ギア」によってまるでオートマチックのようなフィールを感じられ、ステアリング裏のパドルシフトでのシフトアップ/ダウンも楽しめる。中低速コーナーのハンドリングもしっかりしていて、背が高いSUVであることを忘れさせてくれるほど。攻め込まなくても日常生活で遭遇するようなコーナーでハンドリングの良さを実感できるだろう。

三菱 エクリプスクロス の関連編集記事

三菱 エクリプスクロスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 エクリプスクロス の関連編集記事をもっと見る

三菱 エクリプスクロス の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!