レクサス NXは当初ヒットするとは思われていなかった!? NXがレクサスを支える看板車種になれたワケとは!?

画像ギャラリーはこちら
量販車だけでなく、プレミアムブランドのメイン商品はSUVになりつつある。日本が誇る高級車ブランド「レクサス」も同様である。事実、グローバルでみるとミドルサイズSUVのRXとコンパクトサイズのNXがレクサスでもっとも売れているモデルなのだ。だが、じつは2014年に投入した初代NXはヒットするとは思われておらず、北米市場に至っては「いらない」と宣言していたほど。一体なぜNXはレクサスの看板車種になれたのか!? その真実をお伝えするとともに、新型NXの出来栄えを改めてご紹介する!
目次[開く][閉じる]
  1. レクサスでナンバー2の販売台数を誇るNX。当初は大ヒットするとは思われていなかった!?
  2. セダン市場が縮小しコンパクトSUVが主軸に! マイナーチェンジで不動の人気者へ
  3. 新型NXはインフォテインメントやレクサス初のPHVを追加! そのワケは購入者層が若いからだった
  4. 新型NXはニーズに即したグレード展開! ハイブリッドは専用チューンを実施

レクサスでナンバー2の販売台数を誇るNX。当初は大ヒットするとは思われていなかった!?

遂に登場したレクサス 新型NX。チーフエンジニアの加藤 武明さんは「新型NXはレクサスの次の新しい幕開けの第一弾なんです」と言い、レクサス初のプラグインハイブリッドNX450+やまったく新しい14インチのインフォテイメントシステムなどを導入しているが、聞いて驚き。今や北米だけでひと月4000~5000台売れるレクサスの大黒柱NXは、当初まったく期待されてないモデルだったという。

レクサスの生まれ故郷アメリカはいらないの一点張り! ボディサイズの大きさが最大の懸念点だった

事実、加藤さんが企画が立ち上げた2010〜11年頃、アメリカにNXの投入を打診したところ「要らない」と言われたという。具体的には当時出ていた小さめのプレミアムSUV「BMW X3」が伸び悩み、同じ日系ブランドのアキュラ(ホンダの高級車ブランド)でも大きめプレミアムSUVのMDXが売れてても、小さめのRDXが売れなかったことも影響している。

「お金持ちには(プレミアムブランドのクルマは)ある意味ステイタスなんだから小さなサイズをわざわざ買う必要ないでしょ」と思われたようだ。

>>【レクサス NX新旧比較】新型NXは内装の質感と使い勝手を大幅アップ! 後席スペースは同等ながらラゲッジスペース拡大

セダン市場が縮小しコンパクトSUVが主軸に! マイナーチェンジで不動の人気者へ

とはいえ2014年、初代NXは北米で売り出されるなり大ヒットするわけだが、その頃は徐々にSUVに対する認識が変わり始めていた。具体的にはそれまでメインだったセダンマーケットが急速にシュリンクしてレクサス ESやISの販売が減っていったこと。コンパクト系SUVのジャンルを若い30〜40代、それも男性だけでなく多くの女性が支持するようになったことなど。

とくに2017年のマイチェンでセンターモニターを10.5インチに拡大した辺りから高評価を得て、今のような不動の人気モデルに成長した。

新型NXはインフォテインメントやレクサス初のPHVを追加! そのワケは購入者層が若いからだった

新型NXに新技術を投入したのもその辺りは影響しているようで、プラグインハイブリッドを入れたのは今が電動化に最適のタイミングであること。そして販売台数が期待できるNXに新技術を投入した方が価格的メリットがあることなどもあるが、同時にNXは客層が若い。それだけに新技術に寛容で、ハイテク親和性が高いこともあるのだ。

新採用のナビは北米で開発! スマホ感覚で使える仕様に

具体的に新世代インフォテイメントシステムで従来のリモートタッチを捨て、画面へのダイレクトタッチを導入したのは、スマホ世代を考れば当然。今回大画面ナビと同時に導入したアプリも、アメリカにあるトヨタコネクティッド部門が開発をリード。だからこそ思い切った操作感を獲得できたという側面もある。

>>【レクサス 新型NX内装解説】おすすめは14インチモニター搭載モデル! 初代NXよりもスマホ充電設備や使い勝手が大幅レベルアップ

新型NXはニーズに即したグレード展開! ハイブリッドは専用チューンを実施

それから新型NXで驚くべきはパワートレインの多さで2WD、4WDの違いを除いても4種類ある。これは単純に日本にほぼ全種類を持ってきているのもあるが、例えば同じガソリンエンジン車を求めるお客さんでも「走りを求めるタイプ」と「価格の安さ」を求めるタイプが存在する。前者は2.4リッターターボ、後者は2.5リッターノンターボと要求に応えていったらそうなった。

また一見ハリアー用と同じに思える2.5リッターハイブリッドも実はフロントモーターをサイズアップ。全体の出力を上げている。

美しさのレベルが上がったスタイルや初のPHVモデルだけじゃない。パワートレインの多さや操作感の新しさも新型NXのポイント。ぜひともみなさんで試して欲しい。

>>【ハリアーの最上級グレードと新型NXのベースグレード比較】内装の質感などは新型NXに軍配も、維持費や装備を考えればハリアーがオススメか!?

【筆者:小沢 コージ】

レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
455万円738万円
中古価格:
231.9万円690万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
小沢 コージ
筆者小沢 コージ

横浜市出身。バラエティ自動車ジャーナリスト。自動車メーカー、「NAVI」編集部員を経てフリーに。現在、雑誌やネットに多数連載。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 藤龍館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス NXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス NXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス NXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス NXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス NXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる