ランボルギーニ 新型ウルス 試乗│本格的なオフロードパフォーマンスを備えた猛牛のSUV(1/2)

  • 筆者: 西川 淳
  • カメラマン:ランボルギーニ ジャパン
画像ギャラリーはこちら

実は過去にも4WDモデルが存在したランボルギーニ

ランボルギーニ初のSUV、と言うとマニアに叱られそうだ。過去に「LM002」という、カウンタック用12気筒エンジンを積んだ4WDモデルが確かに存在した。けれども、一度でもLM002に乗ったことがある人ならば、あのクルマを軽々しくSUVなどと呼ぶことに抵抗をもつはず。それは成り立ちからしてほとんどハマー H1のようなモデルであり、昨今のSUVにあるライトなイメージとはかけ離れていた。

もっとも、過去に背の高い4WDモデルを曲がりなりにも生産したという経歴は、今になって流行りのSUVモデルを出すにあたり、都合のいい理由になったことは確かだ。

ウルスは、ランボルギーニ初の市販ターボカーでもある。クルマ好きの方なら容易に想像がつくように、搭載するパワートレーンはVWアウディグループ内の共同開発&生産品で、4リットルV8ツインターボ+8AT+トルセン式フルタイム4WDシステムは、すでにポルシェ カイエンターボやベントレー ベンテイガのV8でお馴染みのもの。プラットフォームはMLBエボである。

ランボお馴染みの3つの走行モード+新しい3つの走行モード

グループで共通のパワートレーンをベースとする、とはいうものの、そこはランボルギーニ用ということで、系列最高となる650psの最高出力が与えられている。0-100km/h加速も3.6秒とスーパーカー級で、最高速度は305km/hにも達する。なるほど、ランボルギーニが自ら謳うように、ウルスはスーパーSUVだ。

この4WDシステムでは通常時に前40:後60でトルク配分されており、走行状態に合わせてフロントへは最大70%、リアへは最大87%のトルクを振り分けてくれる。巨大なSUVにスポーツカーのような性能を与えるべく、リアステアシステムやアクティヴトルクベクタリングも備えた。

最新のSUVらしく、シャシー&パワートレーンに電子制御を駆使することで、路面を選ばず高性能を発揮できるよう細心の注意が払われた。注目して欲しいのは、センターコンソール上にひと際目立つ、まるで取って付けてきたかのように大きな操縦桿タイプのスイッチ(タンブーロ)だ。

左右にレバースイッチを備え、ドライバー側では、ストラーダ(ノーマル)・スポーツ・コルサ(サーキット)というランボの既存モデルでお馴染みの各モードに、テッラ(グラベル)、ネーヴェ(スノー)、サッビア(デザート)という新たな3モードを加えた計6つのモードの中から、走行環境に合わせて好みのセッティングを選ぶことができる。ちなみにモニター上でも、同様のセットが可能。助手席側のスイッチは“お好み”のモードを組み合わせるインディヴィジュアルセッティング用。システム的には、カイエンやベンテイガと同じロジックである。

ウラカンやアヴェンタドールとはまるで違って、ウルスの場合はコルサの方が断然面白い

ウルスの国際試乗会は、ローマ近郊のヴァッレルンガサーキットを起点に開催された。一周4.1キロのグランプリサーキット(試乗車:22インチ+カーボンパッケージモデル)はもちろんのこと、オンロード(試乗車:23インチモデル)とオフロード(試乗車:21インチ+オフロードパッケージモデル)でも試すこともできた。

まずは、サーキットでダイナミック性能をテストする。エンジンスタートボタンを押し、抑制気味のV8ノートを身体で感じながら、右パドルシフトを引くと、1速に入った。8ATではあるが、他のランボルギーニスーパーカーと同じ操作だ。

ピットレーンを飛び出た瞬間に、“軽い”と思った。試しにハンドルを左右に振ってみると、ノーズの動きがとてもシャープで、釣られて車体もよく動き、大きなサイズをまるで感じさせない。右アシの裏にはたっぷりとしたトルクを常に感じることができる。踏み込めば途端に、乗り手の腰回りがスーッと軽くなっていく。

徐々に速度をあげた。視線が高いSUVの長所は見晴らしの良いこと。サーキットでも有効で、コーナーの進入口から先が広く見渡せる。要するに、狙ったとおりのラインをトレースしやすい。

NAのスーパースポーツを操っている感覚で踏みこんでしまうと、あっという間にレッドゾーンへ。ババババッと無粋な燃料カットが入る。日産 GT-Rがそうであったように、サーキットでは早め早めのシフトアップに徹した方が、タイムは伸びそうだ。

最初は、スポーツモードで走っていてが、どうにも思い通りに楽しめない。途中からコルサモードに切り替える。オーバーステア気味のスポーツモードが楽しかったウラカンやアヴェンタドールとはまるで違って、ウルスの場合はコルサの方が断然面白い。ニュートラルステア傾向が、この手の巨体で攻めるには適しているのだろう。

面白いように内を向く。その間、車体はあくまでもフラットな姿勢だから、精神的に不安なくがんがん攻めこんでいけた。コース前半の高速コーナーでは、4WDの恩恵で安心感の高いハイスピードコーナリングを楽しむことができたし、タイトベントではアクティヴなトルクベクタリングの助けも借りて、異常に速く回っていけた。

ランボルギーニ/ウルス
ランボルギーニ ウルスカタログを見る
新車価格:
2,621.7万円2,621.7万円
中古価格:
3,207.8万円3,797.5万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
西川 淳
筆者西川 淳

別名ボンジョルノ西川が示すとおり、大のイタリア好き。乗り手をワクワクさせる、刺激に満ちたクルマが好きなので、自然にイタリア車に接することが多い。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAがオススメする宿・旅館

MOTAがオススメする宿・旅館

ランボルギーニ ウルスの最新自動車ニュース/記事

ランボルギーニのカタログ情報 ランボルギーニ ウルスのカタログ情報 ランボルギーニの中古車検索 ランボルギーニ ウルスの中古車検索 ランボルギーニの記事一覧 ランボルギーニ ウルスの記事一覧 ランボルギーニのニュース一覧 ランボルギーニ ウルスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる