車が傷だらけでも買取に出して大丈夫? 買取を依頼するメリットや減額の目安を解説

画像ギャラリーはこちら

車を手放す際、「傷だらけだから買取価格がつかないのでは?」という不安から、買取業者ではなく、ディーラーへ下取りに出す人が多くいます。

しかし、この考えは必ずしも正解とは言えません。むしろ、買取や一括査定の方が高価買取の可能性があるのです。

この記事では、傷だらけの車でも買取に出した方が良い3つの理由や、買取を依頼するメリット・デメリット、傷による減額の目安、買取に出す前の注意点などを解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 傷だらけの車でも買取ができる3つの理由
  2. 傷だらけの車を買取に依頼をするメリット・デメリット
  3. 傷だらけの車の減額の目安はどれくらい
  4. 傷がある車を買取に出す前の注意点
  5. 傷だらけでも、査定額を高めるためにできること
  6. 車を買取に出すまでの流れ
  7. よくある質問
  8. まとめ

傷だらけの車でも買取ができる3つの理由

傷だらけの車でも十分に価値があるため、買い取ってもらうことは可能です。

傷だらけの車でも価値がある理由は3つあります。

・修理すれば再販でき利益が出せる

・修理不可でもパーツ取りとして価値がある

・傷だらけでも海外で売れることがある

それぞれ解説していきます。

修理すれば再販でき利益が出せる

傷だらけの車でも買取ができる理由のひとつは、修理すれば再販でき利益が出せることです。

買取業者は車の査定を行う際に、修理費用と再販売時の価格を考慮して買取額を決定します。

たとえば、自社で傷の修理ができる設備を持つ業者は、修理コストを低く抑えることができます。

このような業者は、傷があっても走行に問題がなければ、再販売で利益が出せると判断し、傷だらけの車でも買取の対象にしていることが多いです。

つまり、傷だらけでも車の機能自体に支障がなければ、その価値はまだ十分にあると言えます。

修理不可でもパーツ取りとして価値がある

修理ができない車や、傷があり修復・再販しても利益が見込めない場合でも、車には「パーツ取り」としての価値があります。

パーツ取りとは、車を分解して中古部品やリビルド品として再利用できる部品を取り外すことです。

パーツ取りを行う業者は、取り外したパーツを販売することで利益を得ています。

特に需要が高いのは、生産が終了した車種などの希少なパーツです。

これらの珍しい部品を持つ車は非常に価値が高いため、業者は積極的に購入しています。

傷だらけの車を手放す際には、その「部品としての価値」も考慮することが重要です。

傷だらけでも海外で売れることがある

車が傷だらけでも、海外では高い評価を受けることがあります。

なぜなら、日本車は耐久性が高く性能も優れているため、一部の国で需要が高いからです。

たとえば、ベトナムやフィリピンなどのアジア地域、ケニアやタンザニアなどのアフリカ地域では、日本製の車が広く利用されています。

特に、トヨタのランドクルーザーやハイエースなどは悪路に強く、多くの人を乗せることができるため、人気があります。

アジア圏やアフリカ圏の国々では、車の傷は使用上の問題とは見なされません。

このように、日本の車は海外市場で需要があるため、傷だらけの車でも買取価値が十分にあります。

傷だらけの車を買取に依頼をするメリット・デメリット

傷だらけの車をそのまま買取に出すのは気が引けるかもしれませんが、実はさまざまなメリットがあります。

しかし、メリットばかりではなく、デメリットも存在します。

傷だらけの車をそのまま買取に出す「メリット」

・修理が不要

・すぐに現金が手に入る

・市場価値に合った売却価格がわかる

× 傷だらけの車をそのまま買取に出す「デメリット」

・状態の良い車より査定額が低くなる

・買取をしてくれる業者が限られる

・足元を見られてしまう可能性がある

それぞれをくわしく解説します。

メリット

傷だらけの車をそのまま買取に出す際の主なメリットは以下の3つです。

1. 修理が不要

傷だらけの車をそのまま買取に出すことで、修理にかかるコストや手間、時間を節約できます。

2. すぐに現金が手に入る

修理する費用と時間がかからないため、すぐに現金化できます。次に買う車の頭金としたい場合などに最適です。

3. 市場価値に合った売却金額がわかる

修理に出しても思った通りの価格で売れない可能性があるため、修理前の状態で査定をしてもらった方が現実的な価値が判断できます。

以上の点を考慮すると、傷だらけの車をそのまま買取に出すのは多くのメリットがあります。

デメリット

デメリットは、傷だらけの車を買取に出す際に不利な取引になる可能性があることです。

売却希望者は、車の状態が悪いことに負い目を感じていることも多く、業者から強気に交渉されると言い値で買い取られてしまう可能性があるからです。

車の取引で不利益を被らないためにも、以下のデメリットを頭に入れた上で買取交渉に臨むようにしましょう。

1. 状態の良い車より査定額が低くなる

傷だらけの車を買取に出すと、傷による印象による評価の低下と、再販売に向けた修理費用の考慮によって2重のマイナスになる場合があります。

そのため査定額が低くても文句は言いづらいですが、まずは「なぜこの査定額になるのか」という理由を尋ねてみると良いでしょう。

2. 買取をしてくれる業者が限られる

多くの買取業者は、状態の良い車を好むため、傷だらけの車に対しては買取に消極的です。

特に大きな傷や修理が困難な傷がある場合は買取を拒否する業者もいるため、買取を断られても仕方ないという心構えを持っておくことは重要になります。

3. 足元を見られてしまう可能性がある

車の状態による所有者の不安から、業者が相場より低い価格で買い取る可能性があります。

注意すべきポイントは、業者の最初の提示額に対して即決を避けることです。

複数の業者の査定結果を聞いて自分の車の相場を把握した後、最も高い業者で買い取ってもらうことで、足元を見られずに済むでしょう。

これらの点を慎重に考慮し、事前に複数の業者から見積もりを取って比較検討をすることが大切です。

傷だらけの車の買取は一括査定がおすすめ

傷だらけの車の買取には、一括査定サービスの利用が効果的です。

なぜなら、傷だらけの状態で一社のみの査定を受けると、上にも書いた通り足元を見られてしまう可能性があるからです。

一括査定なら複数の業者に一斉に査定依頼ができるので、傷だらけでも買取に積極的な業者を探すことができます。

ただし、一括査定サービスにはデメリットもあります。

それは申し込み直後に営業電話が鳴り止まないことです。

車を売るとき、少しでも高く買い取ってほしいですよね。

そんなあなたに、今話題の「MOTA車買取」がおすすめです!

MOTA車買取なら、たった45秒で申し込み完了!

最大20社の業者が事前入札に参加してくれるので、競争が生まれ、高額査定が期待できます。

しかも、翌日18時に査定結果がわかるので、すぐに次のステップへ進むことができます。

さらに、連絡が来るのは査定上位3社のみなので、たくさんの業者からの電話に悩まされることもありません。

MOTA車買取を利用すれば、

・複数の業者を比較検討できる

・より良い査定会社を選べる

・時間と手間を省ける

また、MOTA車買取は査定後でもキャンセル可能です。

一度査定を受けた後、そのまま今すぐに売るか、修理をしてから売るかを検討しても良いかもしれません。

少しでも高く車を売りたい方は、ぜひMOTA車買取を試してみてください!

減額が心配な人こそ「MOTA車買取」がおすすめ

車を売却した後に減額を要求されるトラブルは少なくありません。これは、査定時に見落としていた傷や故障が見つかったなどが原因です。

しかし、これは買取業者のミスであり、ユーザーに落ち度はありません。

MOTA車買取では、こうしたトラブルを防ぐために、「店舗都合の理由で減額できない」という独自のルールを設けています。

これは、ユーザーが申告した情報と査定結果に大きな差がない場合、店舗の判断で減額できないというものです。

つまり、査定時に見落とした傷があっても減額はできません。

減額が不安で車を売るか迷っている方は、お気軽にMOTA車買取で査定をしてみてはいかがでしょう? MOTA車買取であれば、査定額に納得できなかった場合でもキャンセルできます

▼車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック! まずはお気軽にお申込みください。

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる

傷だらけの車の減額の目安はどれくらい

傷があると査定額はどれくらい減額されるのでしょうか。

車の査定では、日本自動車査定協会(JAAI)によって傷に対する減額基準が明確に定められています。

以下の表は、車の傷の大きさに応じた減点項目をまとめたものです。

傷の大きさ減点数(1,000円/1点)
1cm以上~カードサイズ(※1)

-10点

カードサイズ~A4サイズ

-10~-20点

A4サイズ~パネル総面積の1/2以下(※2)

-15~-40点

パネル総面積の1/2以上の傷やへこみ

-20~-100点

(※1)一般的なキャッシュカードの大きさ
(※2)パネルとはドアや天井、トランクなどの1つのパーツを指します

上記の情報を基に、傷に関する査定基準の詳細を確認することで、査定内容に納得することができるはずです。

減額は傷以外でも発生します。損傷個所の大きさやサビ、へこみといったさまざまな要因を重ね合わせて点数が付けられますが、JAAIの減点基準は難解です。

そこで、分かりやすいよう大まかに4つに分けてみました。

・爪が引っかからない程度の傷は「ほぼ影響なし」

・再塗装が必要な傷でも「減額幅は小さい」

・板金塗装が必要な傷は「大きな減額」

・サビや腐食を伴う傷やへこみも「大きな減額」

それぞれの例について、くわしく説明していきます。

爪が引っかからない程度の傷は「ほぼ影響なし」

車を使用するにあたり、飛び石などによる小さな傷は避けられないため、これらが査定額に大きな影響を与えることはほとんどありません。

具体的には小さな傷で爪が引っかからない程度、または1cm未満の傷であれば査定額にほぼ影響されず、日常使用で生じる自然なものとみなされます。

車買取に出す前に、傷が爪にひっかかるかどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。

再塗装が必要な傷でも「減額幅は小さい」

再塗装で隠せる程度の傷は多少の減額はあっても、その減額幅は小さくなります。

傷の大きさが1cm以上からカードサイズより小さいなら、修理コストは業者からすれば大きな金額ではありません。

このような傷よりは年式や走行距離、車種などの基本的な車の価値の方が影響が大きくなるでしょう。

そのため、再塗装した方がよさそうな傷があっても、直したからといって査定額に大きな影響はありませんので、修理せずに直接査定に出す方がよいです。

板金塗装が必要な傷は「大きな減額」

板金塗装が必要な大きい傷やへこみがある車は、買取査定時に大幅な減額となる可能性が高いです。

なぜなら、再塗装だけでは対処できないほどの傷になると、専門の技術やパーツ交換が必要になるからです。

減額幅は、傷のある場所によって異なりますが、もしドア面積の半分以上がヘコんでいる場合、その部品ごと交換する必要があり、減額は十数万円規模に上る可能性があります。

ただし、大きな傷でも業者ごとに交換の判断は異なるため、業者によって減額幅があることを覚えておきましょう。

サビや腐食を伴う傷やへこみも「大きな減額」

サビや腐食を伴う傷やへこみがある場合は、買取査定での減額幅が特に大きくなります。

なぜなら、単純な傷やへこみとは異なり、サビや腐食は表面的な問題にとどまらない傷だからです。

もしサビや腐食を長い間放置してしまった場合、車の構造部分に深く進行している可能性があるため、大掛かりな部品の交換が必要になることがあります。

たとえば、車の裏側のフレーム部分やクロスメンバー、ルーフパネルなど、目に見えにくい部分に損傷がある場合、大きな減額要因となるでしょう。それは、車の安全面や構造的な問題に直結しているためです。

また、海沿いや豪雪地域に住んでいる場合、車は潮風や融雪剤の影響を受けやすく、サビや腐食が進行しやすい環境にあることを覚えておきましょう。

サビや腐食が見られる状態の車を買取に出す際は、大きな減額を見込んでおくことが大切です。

傷がある車を買取に出す前の注意点

傷がある車を買取に出す際に知っておいて欲しい注意点があります。

それは次のような点です。

・基本的に傷は直す必要はない

・傷の程度や修復歴を隠さない

どういうことなのか、それぞれ解説していきます。

基本的に傷は修理する必要はない

先にも述べた通り、車を買取に出す際は基本的には傷を修理する必要はありません。

その主な理由は、修理費用と修理による査定額の上昇分が見合わないからです。

また、一部の買取業者は自社で修理施設を持っている場合があります。

したがって、これらの業者は低コストで車を修理できるため、傷やへこみに対する減額幅が小さくなる傾向があります。

修理費用と買取価格のバランスを考慮すると、修理せずにそのまま買取に出す方が合理的です。

傷の程度や修復歴を隠さない

車を買取に出す際には、傷の程度や修復歴を正直に申告することが大切です。

なぜなら、正直な態度は買取業者との信頼につながり、スムーズな取引が実現できるからです。

逆に、傷や修復歴を隠すと後に問題が発覚し、取引のキャンセルや減額、または返金などのトラブルが生じるリスクがあります。

正直な申告は最終的な売却金額にも良い影響を与え、満足のいく結果につながりやすいでしょう。

傷だらけでも、査定額を高めるためにできること

傷だらけの車でも、「なんとか査定額を上げることはできないものか」と思う人も多いです。

査定額を高めるためには、以下の3つの方法があります。

・車内を清掃し、ニオイを取り除く

・査定依頼に必要な情報を調べておく

・複数の業者に査定を依頼する

それぞれを解説します。

車内を清掃し、ニオイを取り除く

車の査定額を高めるためには、車内の清掃とニオイの除去が効果的です。

JAAI(日本自動車査定協会)によると、車内のひどい汚れやニオイは大幅な減額対象となります。

具体的には、ペットの毛やタバコのヤニ汚れ、車内に染みついたニオイなどが該当します。

少しでも減額を避けるためにも、可能な限り清掃と消臭を行いましょう。

清潔感は査定する側にも良い印象を与え、結果的に査定額にもプラスの影響を与える可能性があります。

査定依頼に必要な情報を調べておく

高い買取金額を勝ち取るためには、査定に必要な情報を事前に調べておくことが重要です。

車の査定基準はJAAI(日本自動車査定協会)によって定められています。

以下が査定基準です。

・年式、走行距離

・車種、ボディカラー

・車検の残月数

・エンジンや足回りの状態

・タイヤの摩耗具合

・内外装の状態

・修復歴の有無

・純正品やオプションの有無

外装の傷も査定の対象とされますが、これらの基準を参考にして加減点方式で査定が行われます。

ただし、査定基準は決まっているものの、業者によって提示される金額は業者のニーズに合わせて異なる場合があります。

複数の業者に査定を依頼する

やはり、車を売る際には、複数の業者間で競争させることが最高の価格を得るためには必要です。

その理由は3つあります。

・価格競争を促すため

・市場価値を把握するため

・安く買い叩かれることを防ぐため

車を売るとき、少しでも高く買い取ってほしいですよね。

しかし、慣れていない人が1社の査定だけで、高額な買取金額を引き出すのは難しいのが現状です。

そこで、車を高く売るための3つのポイントを紹介します。

1. 複数の業者に査定してもらう

複数の業者に査定してもらうことで、競争が生まれ、高額査定が期待できます。

しかし、複数の店舗を訪問するのは時間と手間がかかりますし、かといって一般的な一括査定を利用した場合、営業電話が頻繁にかかってくるというデメリットもあります。

2. 査定結果を比較検討する

複数の業者から査定結果が出たら、金額だけでなく、減額の基準や手数料などサービス内容も比較検討しましょう。

3. 高値で買い取ってもらえる業者を選ぶ

複数の業者を比較検討した結果、高値で買い取ってもらえる業者を選びましょう。

MOTA車買取」なら、これらのポイントを簡単にクリアできます!

MOTA車買取のメリット

・最大20社が参加する入札で、高額査定が期待できる

・申し込み後、翌日の18時までに査定結果がわかる

・査定額上位3社のみに連絡先が伝わるため、強引な営業がない

・車に傷があっても査定を受けられる

MOTA車買取」で、あなたの愛車を最高値で買い取ってみませんか?

車を買取に出すまでの流れ

車を買取に出すまでの流れを事前に把握しておけば、取引をスムーズに進めることができます。

取引のステップは以下の通りです。

1. 売却方法を選ぶ

2. 必要書類を準備する

3. 買取の査定依頼をする

4. 売却先を決定し、売買手続きをする

5. 車を引き渡し、入金を確認する

まずは売却方法を選び、必要な書類である車検証などの準備をします。

売却方法には個別査定/一括査定/オークションなどの選択肢がありますが、特にこだわりがなければ、もっとも効率のよい一括査定を使用すると良いでしょう。

よくある質問

傷だらけの車買取に関するよくある質問をピックアップしました。

Q.傷やへこみがあっても査定はしてもらえる?

傷やへこみがあっても問題なく査定は可能です。

車買取の査定基準は、年式や走行距離、車種、エンジンの状態、ボディカラーなどが基本になります。

傷やへこみは程度によって減額されるため、事前に減点基準を把握しておくと良いでしょう。

また、車が全体的に良好な状態で走行にも問題がなければ、傷があっても比較的高い査定額が期待できます。

買い取ってもらった中古車の傷はかならず直すの?

多くの場合、買い取られた中古車の傷は買取業者によって修理され、再販されます。

修理する理由は、中古車の販売で高く売るためには外観がきれいであることが第一条件とされているからです。

傷やへこみのない車は好印象を与えるので、費用対効果が見合えば業者は傷を修理するでしょう。

ただし、目立たない小さな傷の場合は、修理せずに簡単な補修だけを行って販売することもあります。

したがって、傷を修理するかどうかは買取業者次第です。

もし気になることがあれば、買取査定時の担当者に質問してみるのも良いでしょう。

まとめ

ここまで、傷だらけの車について買取ができる理由やそのまま買取に出すメリット・デメリット、傷に関する査定基準などを解説しました。

結論から言うと、傷だらけの車でも十分に価値があるため、事前に修理することなく買取依頼をしても問題はありません。

ただし、重要なポイントは複数の業者に買取査定の依頼をすることです。

なぜなら1社だけだと傷を理由に足元を見られてしまう可能性があるからです。

そんな時には、一括査定サービスの「MOTA車買取」を活用すると良いでしょう。

最短45秒で申し込みができて、翌日18時に公開される最大20社の入札結果を見て、査定額上位3社との交渉が可能です。

この方法で、傷だらけの車でも最高値で売却ができる可能性がグッと高まるはずです。

ぜひ、この記事を参考にして、あなたの愛車を高値で買い取ってもらう方法を実践してみてください。

▼車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック! 査定料、査定後のキャンセルも無料なので、まずはお気軽にお申込みください。

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる

あわせて読む

記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

けーやん
筆者けーやん

車サブスクNaviのメインライター。自動車製造業からIT企業を経てフリーランスとして活動中。過去に乗った忘れられない愛車は旧型ミニクーパー。趣味はキャンプ、マラソン、ロードバイク。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる