旧車や希少車を高く買い取ってもらう方法とは? 買取店の選び方や注意点を解説

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

旧車(クラシックカー)や希少車は特別な商品です。正しい知識を持った人が査定をしなければ、正当に評価されない場合があります。

思い入れのある愛車を何かしらの理由で手放す際、新車販売店や大手買取店に査定を依頼すると、本来の価値よりも安く買い取られてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、当記事では買取に重要なお店の選び方や、高価買取につながるコツをご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 旧車や希少車ってどんな車?
  2. 旧車や希少車の買取が特別な理由
  3. 旧車や希少車を高く買い取ってもらうコツ
  4. 旧車や希少車の買取店の選び方
  5. 旧車を買取してもらう際の注意点
  6. まとめ

旧車や希少車ってどんな車?

旧車は読んで字のごとく、生産されてから年月が経つことで価値が上がった車両です。生産・販売の終了した人気車種(絶版車)がこれに該当し、そのままの状態で大事に維持されてきたもの、大規模なレストアを経て復活したもの、また国内保管のものもあれば海外から買い取られてきたものなど、その生い立ちは様々です。

希少車はその生産台数が少ないがゆえに、価値が上がる車両のことです。フェラーリやロールスロイスのようにそもそも生産台数の少ない高級車のほか、大衆車の中でも特別に高い性能を持ったスペシャルモデル、限定グレードなどが該当します。

苦労せずに車を高く売れる一括査定サービス「MOTA車買取」とは

車の一括査定サービス「MOTA車買取」なら、車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

苦労せずに高く車を売りたいなら、MOTA車買取でお見積もりを!

MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる


旧車や希少車の買取が特別な理由

旧車や希少車を売却する際は、一般的な車種を買い取ってもらう場合とは少し事情が変わってきます。

なぜ旧車や希少車の買取が特別なのかを把握しておかないと、買取価格で損をすることもあるので注意が必要です。

旧車の買取が特別といわれる理由は以下の3つです。

旧車や希少車の買取が特別な理由

  • 年式や走行距離で単純に査定できない
  • クルマの状態を正確に把握する必要がある
  • 買取後の販売先が限られる
  • それぞれ詳しく解説していきます。

    年式や走行距離で単純に査定できない

    旧車の買取が一般的な中古車と異なる最大の理由は、車両状態だけで査定金額を決定できない点です。

    一般的な中古車の査定では、年式や走行距離によって車種ごとにある程度の基準金額が決まっていて、さらにボディや内装の傷み具合によって減額されていきます。

    しかし、希少性の高い旧車は、骨董的価値を評価されることもあります。車両状態にかかわらずクルマ自体に一定の価値があるため、年式が古く走行距離の長いクルマでも思わぬ高額で買取してもらえることもあります。

    また、車種だけでなくグレードやボディ色といった細かな点で買取金額が大きく異なることもあるため、旧車の情報に精通している専門業者に買取を依頼することが重要です。

    クルマの状態を正確に把握する必要がある

    クルマそのものに価値があるといっても、中古車である以上は車両状態も買取価格に影響する重要なポイントです。しかし、古い車両は、目に見えない部分にも不具合が潜んでいる場合が多く、経験の少ない買取業者では正しく査定できません。

    正しく査定できない場合、買取額が不当に減額されることや、最悪の場合は買い取ってもらえない可能性もあります。旧車を専門に取り扱う業者であれば、車両状態を正確に把握できるので妥当な金額で買い取ってもらえます。

    買取後の販売先が限られる

    買取依頼先の販売網によっても、旧車の買取価格は大きく左右されます。旧車は、一般的に流通する中古車と比較すると、販売に困難を伴います。いかに希少性の高い車種でも、旧車の購入を希望するユーザーは限られているためです。買取後の販売見込みを立てられない業者では、どうしても買取金額が下がってしまいます。

    買取後の販売先までユーザーが把握することは困難ですが、旧車や希少車の買取に力を入れている業者を選ぶようにしましょう。また、得意な車種が限られているケースもあるので、買取店の過去の実績なども確認することをおすすめします。

    旧車や希少車を高く買い取ってもらうコツ

    旧車を高く買い取ってもらうには、ユーザー側の努力も欠かせません。大切に乗ってきたクルマだけに、できるだけ満足のいく条件で買い取ってもらえるよう日頃から準備しておきましょう。

    旧車や希少車を高く買い取ってもらうコツを4点紹介します。

    クルマの価値を正確に把握しておく

    旧車や希少車を売却する際は、査定に出す前にある程度相場を把握しておきましょう。また、旧車ではグレードや仕様で大きく価格が異なるケースもあるため、可能な限り細かい条件まで把握しておくことが重要です。

    古いクルマは、年式や走行距離が買取価格を下げる要因となります。業者側に悪意がなくとも、買取実績のない車両では市場価格よりも安い買取価格が提示される可能性もあります。価格相場を把握しておくことで、買取業者と対等な立場で買取価格の交渉を行えます。

    相場変動を常にチェックする

    旧車や希少車の価格は、できるだけ売却直前に相場の変動の傾向を確認しましょう。旧車の価格は、世界的な需要にも影響を受けて常に変動しています。以前はほとんど買取価格のつかなかった車種でも急に高騰しているケースもありますし、逆にほとんど値段がつかなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

    相場の変動の傾向を把握して、最適な売却時期を見極めましょう。

    クルマの状態を良好に保つ

    クルマそのものに価値のある旧車や希少車でも、車両状態は買取価格を決める重要なポイントであることに変わりありません。

    特に古いクルマは、放置しておくと、腐食やサビなどの劣化が進んでしまいます。日常的なメンテナンスや掃除などを小まめに行って、できるだけ良好な状態を維持するようにしましょう。

    クルマは動かすことを前提に作られているため、ガレージなどで保管して全く動かしていない旧車も注意が必要です。

    乗らなければ外装や内装の傷みは軽減できますが、エンジンなどの稼動部に不具合が生じることもあります。

    旧車や希少車の価値を正しく査定できる業者に売ろう

    旧車や希少車を売る際には、その価値をきちんと評価できる業者に査定してもらうことが大事です。

    そもそも一般の新車販売店や中古車販売店、買取専門店では、このような特殊な車両の価値を正確に判断できる可能性は低いため要注意。

    査定士もあくまで一般的な車両の年式や状態を見て査定を行うので、知名度の高い車両でない限り、買取額が低くなりがちです。

    旧車や希少車の買取店の選び方

    旧車や希少車を売却する際は、専門の買取業者への依頼をおすすめします。一方で、専門業者であっても、旧車の買取価格は大きく異なるので、買取店選びが高価買取をしてもらうための重要なポイントです。

    旧車や希少車の売却に最適な買取店の選び方をご紹介します。

    旧車や希少車に特化した業者を選ぶ

    旧車や希少車を買取店を選ぶ際は、専門業者かどうかを確認しましょう。旧車を正しく査定してもらうには、一般的な車種とは異なる専門知識が必要です。例えば、その車種を購入するマニアに人気のオプションパーツがついている場合、経験豊富な業者でなければ正しく評価してもらえません。

    また、グレードによっても旧車の価格は大きく変わってくるため、車種だけでなくグレードや仕様に関する知識も重要です。車種によっては低いグレードでも高額査定のつくケースもあるため、あきらめずに専門業者に相談しましょう。

    販売網が確保されているかを調べる

    旧車や希少車を買取に出す際は、買取店の販売網についても事前に確認しましょう。旧車に限らず、買取店に販売する力がないと高い買取価格は提示されません。特に旧車は購入希望者が限られているだけに、販売網は高額買取のための重要なポイントです。

    ただし、買取店の販売力は、ユーザーには判断がつかないケースもあります。よく分からない場合は、過去の買取実績や買取相場を参考にして、妥当な金額かどうかを確認しましょう。

    高い修理技術があるかを確認する

    旧車や希少車は、買取後に修理やメンテナンスを行うケースも少なくありません。買取店の修理技術も買取価格に影響するので注意が必要です。

    買取価格を提示する際は、修理費用を差し引いた金額になります。買取店で修理できない場合は、外注することになるため費用が高額になりがちです。修理費用が高額になると当然その分買取価格は下がってしまうので、自社で修理する技術力のある買取店であれば、修理費用を抑えられます。。

    旧車を買取してもらう際の注意点

    旧車を買取してもらう際は、一般的な中古車を販売する際以上に注意が必要です。ちょっとした心がけで、不要な減額を避けられることや想定外の高額査定につながることもあります。

    旧車や希少車を買い取ってもらうために注意すべき項目を見ていきましょう。

    複数の買取店で見積もりを取る

    旧車や希少車を売却する際は、複数の買取店で見積もりを取りましょう。旧車や希少車の査定は、買取店の販売網や技術力、経験によって大きく異なります。旧車を専門に取り扱っている業者でも、車種によって得手不得手があるので、期待通りの価格が提示されるとは限りません。

    また、事前に相場を調べていた場合でも、相場の変動や車両状態によって価格は変わってきます。納得のいく価格で買い取ってもらうには、できるだけ多くの買取店から見積もりを取ることが重要です。

    旧車や希少車を扱うお店が見つからない、そもそも本当に価値のある車なのか自信がないという場合には、一括査定で見積もりを出してみるのもおすすめです。

    最大20社の買取店が競うから車が高く売れる「MOTA車買取」とは?

    車の一括査定「MOTA車買取」なら、最大20社の買取業者が競争するので、高額査定が期待できます!

    WEBサイトで査定申し込みでき、高値をつけたお店とだけ交渉できるから、楽して高値で車が売れます。

    最高額で売却したいなら、まずはMOTA車買取でお見積もりを!

    MOTA車買取でいますぐ査定をする


    売ると決めたらなるべく乗らない

    旧車や希少車の売却を決めたら、できるだけ乗らないことをおすすめします。

    旧車と呼ばれる低年式車は、走行距離が伸びるほど故障リスクが高まるためです。軽微な故障であればあまり影響のないケースもありますが、重大な不具合を生じると買取を断られることにもつながりかねません。

    旧車の場合は、各部の劣化が想定以上に進んでいる場合もあります。買取時の思わぬ減額を避けるために、査定時の状態をできるだけ維持しましょう。

    メンテナンス記録を把握しておく

    旧車や希少車を買取店に査定してもらう際は、できるだけメンテナンス記録を把握しておくことも大切です。

    エンジンのオーバーホールやブッシュ類の交換など、目に見えない部分の整備記録があれば、状態の良さをアピールできます。また、しっかりとした記録があれば、メンテナンスを理由とした減額を防ぐことも可能です。

    大掛かりな整備だけではなく、オイル交換やブレーキパッドの交換といった日常的なメンテナンス記録もあると、買取店により安心感を与えられます。

    状態が悪くて動かなくてもあきらめない

    また仮に整備が行き届いておらず、故障したり動かなくなったりした車両でも、希少車の場合は買い取ってもらえる可能性があります。業者が正しい方法で修理することで再び価値が生まれ、新たなオーナーのもとに渡るからです。

    仮に修理ができないほどの状態でも、パーツ自体が希少なため、部品取り用の車両として活用できる可能性もあります。

    あきらめずに、まずは買取査定を依頼してみましょう。

    まとめ

    旧車や希少車を買い取ってもらう際は、一般的な中古車販売店では納得のいく買取価格を提示してもらえないことも少なくありません。

    旧車の買取に慣れた、経験豊富な買取店を見つけましょう。また、買取店によって価格が大きく異なる可能性の高い旧車は、できるだけ多くの見積もりを取得することも大切です。お店選びで困ってしまったら、MOTA車買取のような一括査定に査定依頼を出してみるのもおすすめです。

    さらに、メンテナンスや相場の把握といった、オーナー自身の努力で査定額が上がる可能性もあります。大切に乗ってきたクルマを納得の価格で買い取ってもらえるよう、最適な買取店を見つけてください。

    車をラクに高く売りたいなら、一括査定サービス「MOTA車買取」がおすすめ

    どうせ車を売るなら、少しでも高く売りたいですよね?

    そんな方におすすめなのが、車の一括査定サービス「MOTA車買取」

    車などの情報を1回入力するだけで、複数の買取店へ同時に見積もり依頼が可能。MOTA車買取なら、最短45秒で入力が終わるほど簡単です。

    買取店とのやりとりは高額な査定を出した上位3社とだけ。MOTA車買取なら「たくさんの業者から電話がきてしまう」なんて心配もありません。

    なによりメリットは、その上位3社に選ばれるために最大20社の買取店が競い合うため、高額査定が期待できることです。

    MOTA車買取の主な特徴

    (1)45秒で入力完了! 簡単に査定依頼できる

    (2)申し込み直後には電話がかかってこない

    (3)業者とのやりとりは査定額の上位3社だけ

    (5)最大20社が競い合うから査定額が高額に!

    (5)“車両引取日の翌日まで”キャンセル無料

    車の買取価格が知りたい方や、MOTA車買取の口コミが気になる方、車を少しでも高く売りたい方は下記バナーをクリック!

    見積もり後でも無料でキャンセル可能です。まずはお気軽にお申込みください。

    MOTA車買取でいますぐ買取価格を調べる


    記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

    商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

    この記事の画像ギャラリーはこちら

      すべての画像を見る >

    【PR】MOTAおすすめコンテンツ

    MOTA編集部
    筆者MOTA編集部

    MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

    樺田 卓也 (MOTA編集長)
    監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

    自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

    MOTA編集方針

    「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
    カー用品・カスタムパーツ

    愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

    • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

      これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

    • 一括査定は本当に高く売れるの?

      これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

    人気記事ランキング
    最新 週間 月間

    新着記事

    新着 ニュース 新型車 比較 How To
    話題の業界トピックス・注目コンテンツ

    おすすめの関連記事

    この記事にコメントする

    コメントを受け付けました

    コメントしたことをツイートする

    しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
    もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
    該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
    通報よりその旨をお伝えください。

    閉じる