車の査定前は洗車や掃除はしておくべき?査定前にするべきことを解説

画像ギャラリーはこちら

愛車を手放す時、少しでも高く売りたいですよね。実は、査定前に車をキレイにすることで、査定額がアップする可能性があります。

特に重要なのは、車内のニオイや清潔さを保つことです。タバコ臭やペット臭、食べこぼしなどの汚れは査定士にマイナスの印象を与えてしまいます。

そこで、この記事では査定前にすべき洗車や掃除について詳しく解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 車の査定前の洗車は査定額に多少の影響がある
  2. 洗車よりも掃除の方が重要
  3. 車査定前の洗車や掃除のポイント
  4. 車の査定前に「洗車や掃除以外」でするべきこと
  5. 注意点|傷やヘコミを無理に直さない
  6. よくある質問:車の査定時には車の荷物を降ろしておいた方が良い?
  7. まとめ

車の査定前の洗車は査定額に多少の影響がある

車の買取査定の前には、できる限り洗車をしましょう。

なぜなら、車の清潔さが査定額に影響するからです。

少しでも査定額を高めるために、知っておきたいポイントは以下の通りです。

・洗車は公式の査定項目には含まれない

・キレイな車は査定員の心象に影響する

・洗車中に傷をつけないように注意する

それぞれ解説していきます。

洗車は公式の査定項目には含まれない

車を高く売るために、多くの人は査定前に洗車をしようとしますが、実際には「洗車」は公式の査定項目に含まれていません。

JAAI(一般社団法人 日本自動車査定協会)では、以下の6つの項目が査定項目として定められています。

1. 外装・内装は無傷である

2. エンジン・足回りは走行に支障なく良好であること

3. 車検の残り月数は3ヵ月以内とする

4. 走行キロ数は標準走行キロとする

5. タイヤの残り溝は1.6mm(スリップサイン)以上あること

6. その他、事故による修復歴、損傷減価要因、改造工作のないこと

引用:JAAI|査定道場黒帯コース

多くの買取業者は、これらの基準を元に加点や減点方式で査定を行います。また、買取業者の在庫状況や需要と供給の関係によって査定額が変動することもあります。

このように、洗車は査定額を直接左右するものではありません。

査定員の心象に影響

洗車は査定額に直接影響はないと説明しましたが、査定は人間が行います。そのため、ピカピカに洗車された車は、査定員に良い印象を与え、結果として査定額にプラスの影響を与える可能性があります。

手入れが行き届いた車は、良い状態だというイメージを持ちやすく、無意識のうちに査定員の評価に良い影響を与えてくれるでしょう。

ただし、洗車には多くの費用をかける必要はありません。

高価な洗車サービスを利用するよりも、簡単な手洗いや洗車機で車をキレイにすれば十分です。

査定員がチェックしやすい清潔さを保つことがポイントとなります。

洗車で傷をつけてしまわないように注意

洗車は車の外観を向上させる反面、車に傷をつけてしまう可能性があります。

特に洗車時には外観の傷が重要な評価基準の一つとなるため、注意が必要です。

JAAIでは、以下の基準で傷や凹みの大きさを評価します。

・500円玉サイズ未満

・カードサイズ未満

・A4サイズ未満

・A4サイズを超えたもの

引用:JAAI|車両状態証明の見方-2(乗用車

硬いブラシを使用したり、砂や砂利が混じっていたりする可能性のあるスポンジでの洗車は避けましょう。

それによって、車の塗装面に細かい傷がつく原因となります。

洗車する際は、柔らかいスポンジやマイクロファイバーのクロスを使用し、優しく洗いましょう。

また、外観をさっと洗い流す程度にとどめることも、傷を防ぐために良い方法です。

このように、注意を払いながら洗車を行うことで、車をきれいに保ちつつ、査定額に悪影響を与えるリスクを最小限に抑えることができます。


最大20社の買取店が競うから車が高く売れる「MOTA車買取」とは?

車の一括査定「MOTA車買取」なら、最大20社の買取業者が競争するので、高額査定が期待できます!

WEBサイトで査定申し込みでき、高値をつけたお店とだけ交渉できるから、楽して高値で車が売れます。

最高額で売却したいなら、まずはMOTA車買取でお見積もりを!

MOTA車買取でいますぐ査定をする


洗車よりも掃除の方が重要

査定前の洗車が査定額にさほど影響がないことは、ご説明してきた通りです。

実際には外装の洗車よりも内装の掃除の方が、査定には影響が大きいポイントになります。

その理由は以下の2点です。

・外観よりも車内の汚れの方が査定に影響する

・ニオイは減額の対象になる

それぞれ解説します。

外観よりも車内の汚れの方が査定に影響する

車の査定において、外観を洗車するよりも車内の清掃が重要です。

なぜなら、内装の汚れ具合が査定額に直接影響するからです。JAAIの査定項目では、内装の状態が重要なポイントとされています。

内装の主な評価ポイントは次の通りです。

内装の査定項目
減点(1,000円/1点)

内装部分の傷

10点

シール、テープ、接着剤等の跡のあるもの

10点

ペットの毛が付着しているもの

40点

天井、内張り等にタバコのヤニが付着しているもの

40点

異臭(タバコ、ペット、芳香剤等)があるもの

40点

ハンガーパイプが付いているもの

10点

内装の傷や粘着系の跡は、そのままにしておくと査定額が減少する可能性があるため、除去しておく方が良いでしょう。

粘着系の跡はドライヤーでの加温や、中性洗剤を使うことで除去できます。

また、ペットの毛やタバコのヤニが付着していれば、どちらも40点(約4万円)の減点対象です。

このように、外装の洗車よりも内装の掃除の方が査定額に直接影響するのです。

ニオイは減額の対象

車査定において、車内のニオイは査定額を下げる大きな要因です。

査定項目では、異臭がある場合に最大で40点(約4万円)の減点があると記載されています。

特に以下のようなニオイは注意が必要です。

・タバコのニオイ

・ペットのニオイ

・過剰な芳香剤のニオイ

・カビのニオイ

・食べ物のニオイ

自分の車ではこれらのニオイに気づきにくいこともあります。特にペットを飼っていた人や、車内で喫煙をしていた人、または喫煙者を車に乗せたことがある人は、査定前には徹底的な消臭が必要です。

具体的な消臭方法は後述しますが、基本的には車内を換気し、専用の消臭剤を使うことが有効です。

車内のニオイは査定額に直結するので、より高い査定額を得るためには、ニオイの除去に努めましょう。

車査定前の洗車や掃除のポイント

車の査定前に洗車するのは、外観の汚れを落とす程度で問題ありません。

ただし、掃除についてはいくつかの注意点があるため、最適な掃除方法を紹介します。

・ペット、タバコ、芳香剤のニオイを取る

・ペットの毛を取り除く

・タバコのヤニを取り除く

・エアコンのクリーニングをする

順番に解説していきます。

ペット、タバコ、芳香剤のニオイを取る

車の査定前には特にペットやタバコ、芳香剤のニオイを徹底的に除去することで、査定額の減額を抑えることができます。

以下のニオイ除去方法を試してみましょう。

・換気や天日干しを行い、自然な空気の流れを促す

・消臭スプレーやスチームタイプの消臭剤を使ってニオイを取り除く

・重曹水を使って内装やシートを拭き上げる(重曹にはニオイ吸収効果が期待できるため)

これらの方法で根気強く実施すれば、多くの場合ニオイはほとんど取れるはずです。

ニオイがなかなか取れない場合は、プロのクリーニングを利用するのも1つの手と言えます。

クリーニングの相場はおよそ1万5000円程度ですが、査定額が最大で4万円減少することを考えると、投資する価値は十分にあります。

ただしクリーニング業者によって仕上がりに差があるため、依頼する前に口コミや評判を確認しておきましょう。

ペットの毛を取り除く

ペットの毛が車内に残っていると、ニオイと同様に最大40点(約4万円)の減点対象となります。

特にペットを飼っている方は、査定前にペットの毛を徹底的に除去しておきましょう。

ペットの毛を取り除くおすすめの掃除方法は以下の通りです。

・粘着テープ(コロコロ)で毛を取る

・ハンディ掃除機でシートの隙間などの毛を吸い取る

・濡らしたタオルで拭き取る

しかし、フロアマットやシートの繊維に絡みついた毛は特に取りにくく、時間と労力を要します。

全ての毛を完全に除去するのは難しい場合もあるため、自分で除去が難しい場合は、専門のクリーニングサービスを利用するのも検討の余地があります。

タバコのヤニを取り除く

車内の天井などにタバコのヤニが付いている場合は、40点(約4万円)の減点対象となります。

特にドアや天井、ガラスにヤニが付着しやすいため、査定前の徹底した掃除がおすすめです。

ヤニを効果的に除去する掃除方法はアルカリ電解水スプレーです。

アルカリ電解水スプレーは100円ショップなどで手に入るので、スプレーしてヤニを浮かせた後、キレイな布で拭き取りましょう。

この時、浮いてきたヤニが下に垂れてもいいように新聞紙などで保護しておくことをおすすめします。

それでもヤニが取れない場合は、ヤニ専用のクリーナーを検討する必要があります。

このようにタバコのヤニ除去は時間と労力を要する作業です。

車を高く売りたいと考えている人は、普段から車内を禁煙にするなどあらかじめ対応しておくと後々の対応が楽になります。

エアコンのクリーニングをする

車内清掃や消臭をしてもニオイが取れない場合、エアコン内部のカビが原因かもしれません。

エアコンのクリーニングは査定項目には直接は入っていませんが、査定員が異臭と判断すると減点の対象となることがあります。

エアコンクリーニングの主な方法は以下の通りです。

・カーエアコン専用のエバポレーター洗浄剤を使う

・エアコンフィルターを交換する(車によってフィルターがない場合も)

洗浄剤やエアコンフィルターはカー用品店やAmazonなどで手に入れることができますが、使い方は車種によって異なるので必ず説明書を確認してください。

また、エアコンフィルターの交換時期は1年または1万キロが一般的な目安です。

エアコン内部のカビは車内の空気を悪化させるだけでなく、査定員による車内のニオイ評価にも影響を与えるため、査定前のクリーニングを意識しておくことが重要です。

特に長期間エアコンフィルターを変えていない場合は、クリーニングと併せて交換することをおすすめします。

車の査定前に「洗車や掃除以外」でするべきこと

車の査定において、車内の清掃の重要性をご紹介しました。

続いて、査定前に行うべきその他の事項について触れていきます。

・点検記録簿を用意しておく

・カスタム(改造)しているなら純正パーツに戻しておく

・高価買取をしてくれる業者を探す

点検記録簿を用意しておく

車を査定に出す際には、点検記録簿を用意しておくことが重要です。

点検記録簿は車のメンテナンス履歴を残した書類で、車が定期的に適切なケアを受けていた証明になります。

査定員は点検記録を確認することでより正確な評価をすることができます。

たとえば定期的にオイルやオイルフィルター交換、タイヤの交換やブレーキのメンテナンスなど、重要なメンテナンスが記録簿に記載されていることは、車の手入れを継続的に行ってきた証明となり、売り手の信頼性を高めてくれるでしょう。

査定前には点検記録簿の所在をしっかり確認し、準備しておきましょう。

カスタム(改造)しているなら純正パーツに戻す

車を査定に出す前に、社外品やカスタムパーツなどを取り付けたカスタムカー(改造車)は純正パーツに戻すことをおすすめします。

なぜなら純正状態の車の方が一般的な中古車市場で高い需要を持つからです。

社外品やカスタムパーツは特定の愛好家には魅力的かもしれませんが、一般的な中古車市場ではその価値が十分に評価されにくいです。

たとえば高性能なマフラーや特殊なエアロキットは多くの中古車購入者にとっては、余計なコストやメンテナンスの心配になり得ます。

純正パーツに戻すことで、より広い範囲の買い手に受け入れられやすくなり、査定額に良い影響を与える可能性が高まります。

これらの理由から車を査定に出す際には、可能な限り純正状態に戻しておくことをおすすめします。

高価買取をしてくれる業者を探す

車を売るにはより高く買い取ってくれる業者との出会いも重要です。

しかし車の査定額は業者によって大きく異なることがあるため、1社の査定だけでは適正な価格が出ないという可能性もあります。

せっかく頑張って車を綺麗にしたのですから、査定のチャンスが多い方がいいですよね。

そんな少しでも愛車を高く売りたいあなたには一括査定サービスがおすすめです。

一括査定サービスを利用すれば複数の業者から見積もりを取ることができるので、最も高い価格を提示してくれる業者を見つけることができます。


そんな一括査定サービスの中でもイチオシなのは「MOTA車買取」です。

「MOTA車買取」は最大20社が、事前にあなたの車に対して入札を行い、上位3社のみと交渉ができます。

連絡が来る業者が3社に絞られているため、従来の一括見積もりで申込直後に殺到していた営業電話のストレスもありません。

仮に査定額に納得できない場合には無料でキャンセルできるので、安心して利用することができる点も魅力です。

車を売るか迷っている方や車の買取価格が知りたい方は、お気軽にMOTA車買取で査定をしてみてはいかがでしょうか?

MOTA車買取でいますぐ査定をする


注意点|傷やヘコミを無理に直さない

車の査定額を上げるために、外装の傷やヘコミを修理しようと考えている場合、無理に修理するのは避けましょう。

なぜなら、修理費用が修理によって上がる査定額を上回ることが少ないからです。

また、専門的な修理を行わない場合、不自然な塗装や修理の跡が残ることで車の価値が下がる可能性もあります。

不自然な外観は査定員に隠れた問題がないか疑問を抱かせることもあります。余計な修理をするよりも、むしろ修理をしない方が高い査定額がつく可能性があります。

修理は不要で、ありのままの状態で評価してもらった方がコスパが良いということを覚えておくと良いでしょう。

よくある質問:車の査定時には車の荷物を降ろしておいた方が良い?

細かいものはともかく、大きな荷物は降ろしておいた方が良いでしょう。

なぜなら、荷物が多いと車内の状態を正確に査定することが難しくなるからです。

また、荷物があることで車内の清潔感や広さが正しく伝わらないことがあります。あらかじめ荷物を降ろして査定員がスムーズに作業できるように準備してあげると良いでしょう。

まとめ

車の査定前の洗車や掃除に関するポイントを解説してきました。

高額査定を目指すなら、普段から車の外装と内装をきれいに保つことが重要。査定前に軽く汚れを落とす程度の洗車をしておけば十分です。

特に査定で大きく影響するのは、外装の美しさよりも内装の清潔さやニオイの有無です。

喫煙者やペットを飼っている方は、これらが査定額に大きく影響するため、徹底的な掃除や消臭は欠かせません。

この記事を参考にして、査定前の準備を適切に行い、納得のいく査定額を目指しましょう。

普段から車のメンテナンスに注意を払い、査定時には車を最良の状態で見せることが最も高い評価を受けられるでしょう。

あわせて読む

記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

けーやん
筆者けーやん

車サブスクNaviのメインライター。自動車製造業からIT企業を経てフリーランスとして活動中。過去に乗った忘れられない愛車は旧型ミニクーパー。趣味はキャンプ、マラソン、ロードバイク。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる