フロアマットやETC車載器、ナビ……なぜまだオプション? 標準化してほしい「必須の装備」3つ

画像ギャラリーはこちら
ほとんどの人が装備するオプション装備というのはいくつかある。ほとんどの人が付けるなら標準装備で良いのに……と思うが、ディーラーの思惑もあるようだ。

今回はそんなオプション装備を紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. フロアマットは純正品の方が車種ごとのサイズに合わせているため使いやすい
  2. ETC利用率は93%! それでもオプション装備のETC車載器
  3. 車種専用のディスプレイオーディオでは標準装備のものも! 変わりつつあるナビ事情

フロアマットは純正品の方が車種ごとのサイズに合わせているため使いやすい

まずは愛車の床が汚れるのを防ぐのに適したフロアマット。メーカーの純正品以外にも、幅広い種類のクルマ用フロアマットが展開されているが、標準でついていないということを知らない人も多いのではないだろうか……と思ってしまうほど、ほとんどのクルマについている。

確かに汎用品が使えることもあるため、メーカー純正のものをオプションで付けなくても良いと考える人もいるかもしれないが、納車日にそのまま乗り込むのは少し気が引ける。

また汎用品ではサイズが微妙に合わないこともあるため、大きさを調べてから選びたいところ。

ETC利用率は93%! それでもオプション装備のETC車載器

次に紹介するのはETC車載器だ。遠出をしないセカンドカーであればなくても良いかもしれないが、お出かけするなら割引が適用されるためETC車載器はほぼ必須と言える。というのもETC利用率は約93%で、高速道路に乗るほとんどの人が使用しているからだ。

2014年に開始されたETC車載器の一つ、ETC2.0は高速道路上を走行する際に渋滞情報などを得ることができる。2022年末にはETC2.0以外の一部が使えなくなるとの話もあり、徐々にETC2.0へ移行されることになりそうだ。これから入手するという人はETC2.0にしたほうが良いかもしれない。

車種専用のディスプレイオーディオでは標準装備のものも! 変わりつつあるナビ事情

最後に紹介するのがカーナビだ。これはこれまでであれば高額なカーナビはほとんどオプション装備だった。

しかし、最近トヨタ車などでは標準で装備される車種専用のディスプレイオーディオとなりつつあり、後付けできないものも徐々に増えつつある。

ディスプレイオーディオとは、スマートフォンと連携してナビゲーションシステムや音楽などを楽しめるもの。スマートフォンにダウンロードしたGoogleマップやYahoo!カーナビなどをディスプレイオーディオの画面に映すことができる。

しかし、従来のカーナビは高価でありながら一度購入すれば地図ソフトの更新などをしなければ追加費用がかからないが、万が一の事故やトラブル時の緊急通報などのコネクティッドサービス利用時は維持費がかかる。

今回紹介したもの以外にもオプション扱いとなる装備はさまざまある。中にはこうしたオプション装備を値引きの材料として使われる例もあるようだが、見積書を作ってもらったらしっかりと確認したい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 茶寮宗園

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる