ホンダ、新型「インテグラ」を初公開! 米国にて“アキュラ”ブランドより2022年発売予定

画像ギャラリーはこちら
ホンダのアメリカ部門は2021年11月12日、同社の高級車ブランド“Acura(アキュラ)”で2022年より発売予定の新型車「インテグラ」2023年モデルのプロトタイプ車両を初公開した。しばらく絶版となっており、懐かしさを覚えるネーミングの「インテグラ」がいよいよ復活する。新型インテグラは、1.5リッターVTECターボを搭載する5ドアハッチバックモデルとなる。北米モデルの概要をお伝えしよう。
目次[開く][閉じる]
  1. ホンダの高級車ブランド「Acura(アキュラ)」立ち上げに貢献した歴史的なスポーティモデル
  2. 新型インテグラは同モデル初のターボエンジンを搭載
  3. 米国で2022年前半より市販開始、価格はおよそ3万ドルを予定
インテグラの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

ホンダの高級車ブランド「Acura(アキュラ)」立ち上げに貢献した歴史的なスポーティモデル

「インテグラ」は、ホンダが1986年に北米で立ち上げたプレミアムブランド“Acura(アキュラ)”から売られた。最高級セダン「レジェンド」と共にアキュラブランドを広めるため貢献。米国だけで100万台近くを売った歴史的なコンパクトスポーティモデルである。

日本でも前年の1985年より「ホンダ クイントインテグラ」の名で発売。世代を重ね、3代目モデルからはスポーツモデル「タイプR」の追加により、さらに人気を博した。インテグラ タイプRは、今も中古車市場では根強い人気を誇っている。

2001年登場の4代目インテグラは2007年まで国内でも発売されていたが、その後しばらく絶版モデルとなっていた。

新型インテグラは同モデル初のターボエンジンを搭載

今回復活した5代目インテグラ(アキュラ インテグラ)は、インテグラ初のターボモデルとなる。ホンダ シビックなどに積まれる高出力な1.5リッター 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載。LSDや6速MTを搭載したモデルも用意される。ボディタイプは5ドアハッチバックだ。

プロトタイプ車両のボディカラーはインディイエローパール。これは2000-2001年モデルのインテグラ タイプRで採用されていたフェニックスイエローをインスパイアしたもの。プロトタイプ車両のカラーはNSXから流用しているようだ。ルーフやグリルなど随所にブラックのアクセントを加え、スポーティさを演出している。

ジュエルアイLEDヘッドランプにはLEDのデイタイムランニングライトが組み合わされ、その下にはエンボス加工で「インテグラ」の名が刻まれる。マット仕上げの5スポークホイールは19インチの大径サイズだ。

米国で2022年前半より市販開始、価格はおよそ3万ドルを予定

2023年モデルのアキュラ 新型インテグラは、2022年前半に北米市場へ導入される予定。インテグラとしては初めて、米国Honda工場で生産されるモデルとなる予定だ。現地価格でおよそ3万ドル(約340万円前後)を見込んでいる。

ボディサイズやエンジンスペックといった詳細は、正式発売に向けて徐々に公開されている予定となっている。なお今のところ、アキュラ 新型インテグラの日本市場への導入の計画は、一切明らかにされていない。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:Acura]

ホンダ/インテグラ
ホンダ インテグラカタログを見る
新車価格:
209万円220万円
中古価格:
40万円218万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 飛騨つづり 朧

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ インテグラの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ インテグラのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ インテグラの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ インテグラの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ インテグラのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる