実用的でオシャレ! 千原ジュニア氏の愛車「フォード エコノライン」がカッコよ過ぎた【東京アウトドアショー2022】

画像ギャラリーはこちら
2022年1月14日(金)~16日(日)に、千葉県の幕張メッセにて開催される「TOKYO OUTDOOR SHOW 2022(東京アウトドアショー2022)」は、アウトドアに関する様々なブランドが一堂に会する「アウトドアの大博覧会」だ。会場となるホール11のセンター付近でひときわ目立っていたのが、アウトドア好き・旧車好きとしても知られる千原ジュニア氏の「1965年式フォード エコノライン」。

独特のマスク、観音開き式のバックドア、ウインカーも赤一色のクラシカルなテールライト、レトロさを強調するミントグリーンとホワイトのツートン、ホワイトレターのタイヤ、ホワイトに塗られた別体式バンパーなど見所が多く、大いに注目を集めていた。

旧車好きとしても知られる千原ジュニア氏お気に入りの1台は1965年式「フォードエコノライン」

かつては1979年式日産 セドリック(330型)に乗り、最近は1964年式プリンス グロリア スーパー6 、1971年式フィアット チンクエチェント、1965年式フィアット600(セイチェント)ムルティプラ、さらにはビンテージバイクのホンダ・CB750FOURなどを愛車にする千原ジュニア氏。

2017年頃から所有するというフォード エコノラインは、アメリカ・サウスダコタのオークションに出品されていた車両を友人が見つけ、それを購入したという。

現代風装備も充実! 千原ジュニア氏のキャンピングカーとして活躍中

千原ジュニア氏が手に入れたフォード エコノラインはキャンピングカー仕様だったため、装備されていたポップアップするルーフはそのまま生かしているが、キッチンなどは撤去して室内空間を拡大。リアシートを倒すことでフルフラットにできるため、車中泊も可能になっている。

一方で、快適な移動が楽しめるよう、各シートにはUSBポートや電源を装備。ドアと連動したサイドステップを追加するなど、現代的なアップデートも行われている。家族や後輩芸人を乗せてキャンプライフを楽しんでいるとのことだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:島村 栄二]

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

フォード エコノラインの最新自動車ニュース/記事

フォードのカタログ情報 フォード エコノラインのカタログ情報 フォードの中古車検索 フォード エコノラインの中古車検索 フォードの記事一覧 フォード エコノラインの記事一覧 フォードのニュース一覧 フォード エコノラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる