autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー あまりにも前輪が持ち上がり過ぎてギネス認定!?“邪悪な速さ”と銘打つ「ダッジ チャレンジャーSRTデーモン」世界初公開【NYショー2017】

モーターショー 2017/4/13 12:35

あまりにも前輪が持ち上がり過ぎてギネス認定!?“邪悪な速さ”と銘打つ「ダッジ チャレンジャーSRTデーモン」世界初公開【NYショー2017】

関連: ダッジ チャレンジャー Text: オートックワン 編集部
あまりにも前輪が持ち上がり過ぎてギネス認定!?“邪悪な速さ”と銘打つ「ダッジ チャレンジャーSRTデーモン」世界初公開【NYショー2017】

FCA USのダッジは、ニューヨークオートショーにおいて“邪悪な速さ”と銘打った最強のマッスルカー「チャレンジャーSRTデーモン」を発表した。

SRTデーモンは、スーパーチャージド6.2リッターHEMI Demon V8エンジンを搭載。

馬力とトルクは840ps/1044Nmで、0-30mph(約48km/h)加速は僅か1秒、0-60mph(約97km/h)加速は2.3秒と世界最速で、クォーターマイル(約400m)を9.65秒で駆け抜け、その時のスピードは140mph(225km/h)に達する。

さらに、SRTデーモンは2.92フィート(約89センチ)の前輪リフトを達成した生産車として、ギネスの世界記録に認定されている。

ドラッグレースにはあまりに速すぎるとして、アメリカのドラッグレース団体であるNHRA(ナショナル・ホット・ロッド・アソシエーション)が出場を禁止した。

ダッジは、前輪を持ち上げることの出来る世界初の量産車であるとし、SRTデーモンをニューヨークオートショーで発表することにより、パフォーマンス・カー業界全体の基盤を揺るがすことになるだろう、と語る。

SRTデーモンは、2014年に発表された707psのダッジ チャレンジャーSRTヘルキャットをあらゆる面で上回り、同社で最もパワフルなマッスルカーとなった。

限定生産モデルであるチャレンジャーSRTデーモンは、アメリカでは3000台、カナダでは300台が予定されている。2017年夏後半から生産が始まり、各ディーラーへの納入は今秋ころから開始される。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ダッジ チャレンジャー の関連編集記事

ダッジ チャレンジャーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダッジ チャレンジャー の関連編集記事をもっと見る

ダッジ チャレンジャー の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR