シトロエン 新型C3 2000km試乗|新世代のフレンチコンパクトを徹底テスト(1/2)

  • 筆者: 内田 俊一
  • カメラマン:内田 俊一・内田 千鶴子

3代目シトロエンC3の実力を徹底検証

シトロエンのベーシックモデル、C3(シースリー)がフルモデルチェンジし3代目に進化。デビューエディションを経て、通常のカタログモデルが導入されたのを機に早速ロングドライブに連れ出してみた。今回のテスト車はC3シャイン(白)と、同じくシャインのガラスルーフ付きモデル(青)の2台だ。両モデルとも1000km以上の旅の友として、立派にその役目を果たしてくれた。

>>実力派“C3”の内外装をフォトギャラリーでチェック

世界で350万台を売ったベストセラーカーが3代目にフルモデルチェンジ

まずは走り出す前に、C3の簡単なおさらいから。2002年に初代C3がデビューして以来、350万台以上がグローバルで販売されたシトロエンのベストセラーカーがC3だ。初代、2代目と比較的丸みを帯びたデザインだったのに対し、3代目はそれを継承しつつも、かなりアグレッシブなデザインに生まれ変わった。

搭載されるエンジンは1.2リッター3気筒ターボで、最高出力110ps/5500rpm、最大トルクは205Nm/1500rpmを発揮。6速AT(EAT6)と組み合わされ、1160kg(ガラスルーフ付きは+20kg)のボディを引っ張り上げる。

今回からC3にもいくつかアクティブセーフティ機能が搭載された。まずは5km/hから82km/hで作動し、60km/h以下では歩行者を検知(二輪車は除く)するアクティブセーフティブレーキや、レーンデパーチャーウォーニング(65km/h以上で警告のみ)、ブラインドスポットモニターなどである。

>>シトロエンC3のカタログ・スペックを見る

“インスタ映え”する風景写真を撮ってくれるクルマ!?

また、新型C3ではドライビング体験を“記録”する機能が追加された。これは、シトロエン・コネクテッドカムといい、ルームミラー裏側に取り付けられたカメラ(GPSセンサー、16GBメモリーを内蔵)が、フロント風景を映し出す。この用途は、事故などの衝撃を感知した場合に、自動記録モードとして衝撃前30秒、後60秒の動画を記録するいわゆるドライブレコーダーの役割を果たすほか、ボタンを押すことで写真を記録し、SNSなどでシェアすることが可能になる。

また、GPSセンサーにより、アプリを使えば自車位置を捕捉することも出来るという。

“普通の”オートマティックで裏道もすいすい

前置きはこのくらいにして走り出してみよう。C3の置いてある場所からは、細い裏道をいくつか抜けて幹線道路に出なければならない。その間、歩行者をはじめ、多くのことに気を付けなければならず、さらにはクルマに慣れていないため気が抜けないのだが、さすがはパリの裏道をも小気味よく走り抜けるC3だけあり、コンパクトなボディを生かしてスムーズに幹線道路までテスターを導いてくれた。

ここでおや?と思われた方もいるだろう。そう、先代C3は悪評高きセミオートマチックで、発進停止がぎくしゃくするうえ、アイドルストップとの相性も悪く、こういったシチュエーションが最も苦手だったのだ。

>>シトロエンC3/DS3/プジョー208 新型3気筒 1.2リッターエンジン+ETG5搭載車 試乗レポート

しかし新型ではそんな心配はほぼ不要である。ここで“ほぼ”と書いたのは、2速、20km/h前後で走行すると軽くぎくしゃくした挙動を発生しがちだったからだ。それを除けば過去の悪癖はきれいさっぱり消え失せている。

エンジン性能は必要にして十分

さて、幹線道路に出て、アクセルを踏み込んでいくと、エンジン性能は必要にして十分であることがわかる。2000rpmから2500rpmくらいでどんどんシフトアップしていくのだが、少しアクセルを踏み込めば、積極的にシフトダウンも行われるため、車線変更時の加速等も非常にやりやすい。

この印象は高速道路においても同様だ。100km/hでのエンジン回転は約2000rpm。それなりにロードノイズは入ってくるものの、このセグメントのクルマとしては十分静かといえるだろう。

シトロエン/C3
シトロエン C3カタログを見る
新車価格:
229万円254万円
中古価格:
24.8万円260.7万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

シトロエン C3の最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン C3のカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン C3の中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン C3の記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン C3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる