シトロエン C3がフランスの伝統的カジュアルブランド「セントジェームス」とコラボ

シトロエン C3にセントジェームスの特別仕様車がデビューした理由

シトロエンのベーシックコンパクト「C3」が、フランスのカジュアルブランド「セントジェームス」とコラボした特別仕様車『C3 × SAINT JAMES』(シースリー・セントジェームス)が発売された。

「シトロエンブランドが100周年を迎え、日本でも新型車のC5エアクロス SUVやC3エアクロス SUV導入を目前に控える中、ここであえてベーシックなC3でオリジナルの取り組みをしたかった。」

発表会の席で、プジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ代表取締役社長はそう話す。

>>C3 × SAINT JAMESを画像でもっと見る【フォトギャラリー】

セントジェームスは、フランス北部のノルマンディー地方で1889年に誕生したファッションブランドだ。中でもボートネック・長袖・綿100%という、シンプルかつエレガントなスタイルのボーダーシャツは、世界遺産モンサンミッシェル界隈の漁師や船乗りが愛用するマリンセーターに由来する伝統的なスタイルが特長。同ブランドを象徴する存在として、長く愛され続けてきている。

セントジェームスの日本輸入総代理店、ウェッソンの細貝 明夫 代表取締役CEOは「共にフランスの伝統と文化を持つ企業同士がコラボレーション出来たことを誇りに思う」と両社の取り組みを称賛。「とりあえず購入申込書にサインをしてから帰りたい」と話し、会場を沸かせていた。

現行型のシトロエン C3は、シンプルな中に個性とエレガントさを併せ持つ、いかにもフランスらしいエスプリの効いたベーシックカーだ。そんな現行モデルは日本のユーザーにも受け入れられ、2017年の導入開始以来今もコンスタントに販売台数を増やし続けている。シンプルで、エレガントで、個性的。なるほどそれは、セントジェームスのコットンボーダーシャツの精神と相通じるものがある。しかも今年2019年は、同社が創立130周年を迎える記念すべき年。100周年のシトロエンとのコラボレーション企画は必然だったのかもしれない。リストフ・プレヴォ社長は「C3セントジェームスで、思う存分“フランス”を味わって欲しい。」と特別仕様車の魅力をアピールした。

「シトロエン C3 × SAINT JAMES」主な特長

■ベースモデル:シトロエン C3 SHINE

■特別装備:

・セントジェームスボーダールーフステッカー

・セントジェームスロゴステッカー(Cピラー)

・ボーダーパイピングフロアマット フロント/リア(フロントはセントジェームスタグ付)

・セントジェームス×シトロエンコラボレーションボーダーTシャツ(成約プレゼント)

■ボディカラーラインナップ:

・コバルトブルー/ブランバンキーズ/サーブルの全3色

※特別装備のルーフストライプは、コバルトブルーとサーブルがそれぞれのボディ色に準じたカラー、ブランバンキーズはアデンレッドとなる。

6月15日・16日に玉川タカシマヤにてポップアップストア出展

C3 × SAINT JAMESの発売に合わせ、玉川タカシマヤ南館1階(東京都世田谷区)でシトロエンのポップアップストアが出展される。

日時は2019年6月15日(土)と16日(日)、各10時~19時。会場ではC3 ×SAINT JAMES(ボディカラー:コバルトブルー×ブランオパール)が展示される。実車を見る絶好のチャンス、気になる方は立ち寄ってみてはいかがだろう。

インスタを使ったキャンペーンもスタート

シトロエンではC3 × SAINT JAMES発売を記念し、Instagram(インスタグラム)を用いたキャンペーンを行う。シトロエン公式Instagramアカウント(instagram.com/citroen_jp)をフォローし、citroen_jpのアカウントとハッシュタグ 「#しましまシトロエン」を付けたなんらかのストライプの写真をInstagramに投稿すると、セントジェームス×シトロエンコラボレーションボーダーTシャツが10名にプレゼントされるキャンペーンだ。

そのうえ、セントジェームス発祥の地「モン・サンミッシェル日帰りツアー」と「シトロエン2CVによるパリ市内観光付きのフランス・パリ旅行」(3泊5日)を1組2名様にプレゼントするオープン懸賞をオンライン上で実施するというから見逃せない!

世界で2番目のTHE CITROENIST CAFEが晴海にオープン

C3 × SAINT JAMESの発表イベントが行われたのは、東京オリンピック・パラリンピック2020の選手村や競技場建設、新道路開通などで活気付く東京・湾岸エリアのど真ん中に位置する、シトロエン中央ショールーム(東京都中央区晴海2-5-24 晴海センタービル1F)だ。ここに、世界で2番目という新たな施設が誕生した。その名はTHE CITROENIST CAFE(ザ・シトロエニストカフェ)。フランス・ランスにあるシトロエンディーラーに続き、フランス以外では初めてオープンした。

もっと気軽に、リラックスした気分でクルマを見に来て欲しい。そんなシトロエンのショールームコンセプトは「La Maison Citroen」(ラ・メゾン・シトロエン)。リビング感覚で過ごして欲しいという意味が込められているが、シトロエン車特有の優美な乗り味や雰囲気にも実にマッチしている。カフェが加わりもっと居心地の良い空間となったショールーム・・・これはますます長居してしまいそうだ。

[筆者:トクダ トオル(MOTA 編集部)/撮影:MOTA 編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

シトロエン C3の最新自動車ニュース/記事

シトロエンのカタログ情報 シトロエン C3のカタログ情報 シトロエンの中古車検索 シトロエン C3の中古車検索 シトロエンの記事一覧 シトロエン C3の記事一覧 シトロエンのニュース一覧 シトロエン C3のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる