BMW 新型X2 試乗|ただのエントリーモデルなんかじゃない!BMWの末っ子SACはかなりの野心作

新しい世界観と価値観を具現化すべく開発された、BMWの新しい“SAC”

ラインアップの拡充を積極的に進めてきたBMWは、世界的に伸長しつづけるSUV市場に向けて、このほど新たに「X2」を送り出した。これによりついにXモデルも1から6までが揃ったことになる。

BMWでは1999年に初代X5を発売したときから、自社のSUVを「SAV(=スポーツ・アクティビティ・ビークル)」と呼んでおり、中でものちに加わった偶数のシリーズであるクーペ系の派生モデルについては「SAC(=スポーツ・アクティビティ・クーペ)」という呼び方をしている。

今回の新型X2もX1のスポーティ版であり、件の「SAC」のエントリーモデルという位置づけとなることには違いない。ただし、上級機種のX6やX4と同じものをただコンパクトにするのではなく、新しい世界観と価値観を具現化すべくキャラクターの違うクルマとして開発されている。

居住性は思ったよりもずっとよく、ラゲッジスペースの使い勝手も高い

かつてBMWのクーペモデルに与えられていた伝統のCピラーのエンブレムを、長い中断を経て復活させたというのも、この新型X2で少しでも何か面白いことをやろうと考えたことがうかがえる。ただし、「SAC」の末弟とはいえ、見てのとおりあまりクーペっぽくないフォルムとされているのが特徴だ。

それもあって、気になる後席の居住性をチェックしてちょっと驚いたことに、記憶にある兄貴分のX4やX6よりもヘッドクリアランスがだいぶ大きいように感じられた。平均的な成人男性の体格である筆者が座って、X4やX6は頭頂部が触れるかどうかぐらいの感じであるのに対し、新型X2はコブシが入る。座面がやや短めながらニースペースは十分に確保されており、背もたれもリクライニングできる。このサイドウインドウ形状ゆえ天地方向がやや狭いのはやむをえないが、居住性は思ったよりもずっとよい。

さらにはラゲッジスペースも十分に広く、使い勝手は高い。アンダーボックスも広く、DC12V電源が選べたり、フックが二重で付いていたり、上部にもひっかけるフックがあったり、左側にはゴムベルトが、右側にはネットのポケットがあったりと、利便性を高めるための心配りが見られる。

リアシートについても、BMWがいちはやくそうしたとおり、40:20:40の3分割式で真ん中だけ独立して倒せるようになっているので、スキーのような長尺物を積みながらも4人の乗員がゆったり座ることができる。

エクストリーム・スポーツからインスピレーションを受けた「M Sport X」

ボディサイズは4375mm×1825mm×1535mmと、1.8mをやや上回る全幅を持つが、全高は日本の機械式立体駐車場にも収まるものだ。

試乗したのは、「X2 xDrive20i M Sport X」というモデル。192ps、280Nmを発生する2リッター直列4気筒DOHCエンジンに8速スポーツATを組み合わせたAWD車であることまではわかるが、「M Sport X」という見慣れないグレード名が目に留まる。

これは既存の「M Sport」がサーキットなどフラットなスポーツをイメージさせるのに対し、3Dのエクストリーム・スポーツからインスピレーションを受けたものだという。ダイナミックなフォルムにグレーのアクセントが印象的なエクステリアをはじめ、内外装には数々の専用装備が与えられている。

なお、「M Sport」は日本にはあえて導入しないらしく、「Standard」と「M Sport X」の2グレード展開となる。パワートレインは下に1.5リッター直列3気筒DOHCと7速DCTを組み合わせたFWDの「X2 sDrive18i」も設定され、合わせて4モデルのバリエーションとなる。価格帯は436万円~515万円だ。

俊敏なハンドリングと軽やかなフットワーク

225/45R19サイズのタイヤは、ややロードノイズ大きめで、ランフラットゆえか路面への当たりの硬さも感じなくはないが、走りは軽快そのものだ。

「xDrive20i」の車両重量は1620kgと、それほど軽いわけでもないものの、やや強化されたMスポーツ・サスペンションが標準装備される「M Sport X」は、俊敏なハンドリングと軽やかなフットワークのおかげで、試乗ステージであった箱根のワインディングを気持ちよく走ることができた。

後席に座ってみても、X4やX6がかなり締め上げられていて乗り心地が硬いのに比べると、新型X2のほうがマイルドで、先で述べた後席の居住性も含め、日常使いでもより不満が出にくいように思う。

動力性能も十分に確保されていて申し分ない。7000rpmからレッドゾーンのところ、6500rpmまでは軽々と回る。8速のトルコンATは、DCTかと思うほどダイレクト感があり、シフトチェンジの歯切れもよく、トルコン付きらしく細かい動きでもギクシャクすることもなく、いいことづくめだ。

新型X2、それはかなりの野心作

このように見た目がよく、実用性も高く、走りも上々と、売れ筋になる要素のそろったよくできたクルマであることはよくわかった。加えてニューモデルらしく安全運転支援システムはもとより、スマホと連携したコネクティビティも充実しているところも魅力に違いない。さらには、香取慎吾氏を起用したコラボレーションなど、かつてない新しい試みをいろいろやっていることにも注目だ。

BMWとしては新しい考えを持ったミレニアム世代の成功者たちにぜひ乗ってもらいたく、ひいてはXモデルの守備範囲の拡大を図り、新しいユーザーにBMWの魅力に気づいてもらうという使命が新型X2には与えられた、実はかなりの野心作でもある。今年50歳になったが気持ちだけは若い筆者も、なかなか気になるニューカマーであった。

[TEXT:岡本 幸一郎/PHOTO:茂呂 幸正]

主要スペック
車種名 BMW X2 xDrive201 M Sport X
パワートレイン ガソリンエンジン
JC08モード燃費 14.6km/L
価格(消費税込) 515万円
全長 4,375mm
全幅(車幅) 1,825mm
全高(車高) 1,535mm
車両重量 1,620kg
乗車定員 5人
ホイールベース 2,670mm
エンジン種類 直列4気筒DOHC
排気量 1,998cc
エンジン最高出力 141kW(192PS)/5,000rpm
エンジン最大トルク 280N・m(28.6kg・m)/1,350-4,600rpm
燃料 無鉛プレミアム
この記事の画像ギャラリーはこちら
岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

BMW X2の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW X2のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW X2の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW X2の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW X2のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる