BMW 新型1シリーズ 新車発表会速報

  • 筆者:
  • カメラマン:オートックワン編集部
BMW 新型1シリーズ 新車発表会速報
ビー・エム・ダブリュー(株)代表取締役社長のローランド・クルーガー氏 BMW AG 走行機能/評価担当部長のアルバレド ベルナルド ロペス氏 (左)BMW AG 走行機能/評価担当部長のアルバレド ベルナルド ロペス氏/(右)ビー・エム・ダブリュー(株)代表取締役社長のローランド・クルーガー氏 (左)BMW AG 走行機能/評価担当部長のアルバレド ベルナルド ロペス氏/(右)ビー・エム・ダブリュー(株)代表取締役社長のローランド・クルーガー氏 画像ギャラリーはこちら

フランクで発表された新型1シリーズ、早くも日本上陸だ!

(左)BMW AG 走行機能/評価担当部長のアルバレド ベルナルド ロペス氏/(右)ビー・エム・ダブリュー(株)代表取締役社長のローランド・クルーガー氏

BMWは本日、新型1シリーズを発表した。1シリーズは今回のフルモデルチェンジで2代目となる。

新型1シリーズについては、既にオートックワンで海外試乗レポートを先行掲載しているため、そのエクステリアについてはご存知の方も多いかもしれない。

筆者も本日、発表会で初めて新型1シリーズの実車を目の当たりにしたのだが、最初に、今までWebの画像をみて感じていたネガティブなイメージ(特にフロントフェイス)は、実車を前に吹き飛んでしまった。

BMW 新型1シリーズ(新型120i SPORT)

賛否両論ある新型1シリーズのフロントフェイスは、伝統のキドニーグリルはもちろんだが、ヘッドライト上部のLEDラインとスモールライトリングが新型1シリーズにうまく溶け込んでいる。

さらに、サイドエアインテークの形状もあってか、スポーティで精悍なイメージを醸し出している。

「想像していたイメージより、実際はとても格好良かった」というのが第一印象だ。

さらに、新型1シリーズでは「デザイン・ライン」と呼ばれる、統一されたデザイン・カラーを2つのモデルから選べるようになったことも見逃せない。

スポーティさを強調した「Sport(スポーツ)」とスタイリッシュな「Style(スタイル)」がそれで、「Sport」はクリムゾン・レッドのボディカラーを始め、レッドステッチをあしらったステアリングホイールやシート、レッドスケールのスピードメーターなど「赤」のアクセントが多く用いられている。

そして「Style」は、明るいグレーのシートやホワイトのインテリアトリムなど「白」をアクセントとし、落ち着いた雰囲気だ。

2モデルとも同じ新型1シリーズながら、特にインテリアの雰囲気はガラリと変わる。

デザイン・ラインではない「ベースモデル」という選択肢も用意されてはいるが、折角ならばBMWが提案するライフスタイルに合わせたコンセプトカラーを検討してみるのも手だろう。

BMW 新型1シリーズ(新型120i SPORT)BMW 新型1シリーズ(新型116i Style)BMW 新型1シリーズ(新型120i SPORT)BMW 新型1シリーズ(新型120i SPORT)BMW 新型1シリーズ(新型116i Style)

刷新されたエンジンにより、出力・トルク・燃費全て向上!

BMW 新型1シリーズ(新型120i SPORT)

新型1シリーズの大きなトピックの一つが、エンジンの刷新だ。

新型1シリーズでは「116i」と「120i」が用意されているが、旧1シリーズと異なり今回は両モデルとも新開発の1.6リッター直列4気筒ツインパワーターボエンジンを積む。

さらに、こちらも新たに搭載された8速ATとの組み合わせにより、「116i」は最高出力136ps(100kW)/最大トルク22.4kgm(220Nm)、「120i」は最高出力170ps(125kW)/最大トルク25.5kgm(250Nm)が与えられている。

そして、気になる燃費は、BMW 116iが17.6km/L、120iが17.2km/L(いずれも10・15モード)。上記のスペックを先代116iと比較すると、最高出力が11%向上、最大トルクが38%も向上しながら、燃費は24%も改善しているという。

そして、FR(後輪駆動)を踏襲したことや全モデル75%減税対象ということも嬉しいトピックだ。

BMWにとって日本は未だ重要な市場

ビー・エム・ダブリュー(株)代表取締役社長のローランド・クルーガー氏は、

 「9月22日の本日は、BMWジャパンが設立してからちょうど30周年にあたる日だ。設立年の1981年には33店舗であった店舗数は、2011年には354店舗まで拡大することが出来た。これは、日本という市場を今までも大事にしてきたということであり、これからも日本市場を大切にしていきたいということでもある」

と述べた。さらに、

「1シリーズは他のBMWモデル同様、駆け抜ける喜びを具現化している。インテリアも非常にプレミアムに仕上がっている。そして、たった2週間前にフランクフルトでワールドプレミアとなった。そんな新型1シリーズを、早くも日本市場へ投入している。その意味を理解して欲しい」

と、BMWにとって日本が重要な市場であることを述べた。

BMWが満を持して日本へ投入する新型1シリーズ。走りが気になる!という方は、ぜひ以下のオートックワン試乗レポートにて事前確認後、ディーラーでその走りを実際に試していただきたい。

・BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/西川淳

・BMW 新型 1シリーズ 海外試乗レポート/日下部 保雄

ビー・エム・ダブリュー(株)代表取締役社長のローランド・クルーガー氏BMW 新型1シリーズ(新型116i Style)BMW 新型1シリーズ(新型116i Style)BMW 新型1シリーズ(新型116i Style)BMW 新型1シリーズ(新型116i Style)
この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW 1シリーズの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 1シリーズのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 1シリーズの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 1シリーズの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 1シリーズのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる