アウディ 新型A1スポーツバック 海外試乗|8年目のフルモデルチェンジで総合力を上げた最小コンパクト(2/2)

画像ギャラリーはこちら

インテリアにも品格を保つ工夫が

コンパクトながら上品さを維持

インテリアは操作系をややドライバーに向けてデザインされ、コクピット感を強めるスポーティな印象がある。

が、子供っぽくならないというか質感を維持しているのは、最新の高精彩なフル液晶ディスプレイをセンターパネルとメーターパネル(他モデルにも採用されているバーチャルコクピット)に採用し、先代以上に先進性を感じられるところだろう。加えて水平感や多角形のモチーフを適度に取り入れることで、クールな上品さが保たれている。

アウディの他モデルを知る方から見れば、例えばレザーを多用している上級モデルに比べれば樹脂パーツの採用率の高さは否めないが、アウディらしい品格をカジュアルかつ最もコンパクトなモデルにも上手く取り入れている点は、A1スポーツバックの一つの特徴であり見どころとも言えそう。

待望の運転支援機能を装備!

ところで、装備として追加されたもので「遂に!」と安堵したのが、ドライバーアシスト機能だ。

衝突軽減ブレーキや車線逸脱警報・防止機能、さらにアダプティブクルーズコントロールや危険を察知するとシートベルトを自動で巻き上げ乗員を傷害から守るシステムのほか、ハイビームアシストなどが装備される。

いよいよ試乗! この安定感と一体感が嬉しい

地元の人みたいにスイスイ走れるサイズ感

それではいよいよ、そんな新型A1スポーツバックのドライブフィールを。

まず、不慣れな土地でもこのサイズ感には安心感があり、地元の人のようにスイスイと走らせることのできる扱いやすさは魅力的だった。

今回のドイツ試乗では日本未導入の2L直噴ターボエンジン+7速Sトロニック(AT)を組み合わせたモデルだったが、エンジンサイズ(トルクやパワー)が大きくなるとやはり懐感の大きさや深さは排気量の大きなエンジンのほうが有利だ。

A1スポーツバックのボディサイズに対し、感覚的にはオーバースペックぶりを少し贅沢に、もしくはスポーツモデルのような感覚で街中から郊外の田園地帯を走らせることができた。

が、新型として注目すべきはホイールベースが拡がったことと、車幅は変わらないがフロントのトレッドは拡がっていること。

直進走行もコーナリングもドッシリとした安定感が増していると感じ、またコンパクトさが活きた相変わらずのコーナリングの応答性の良さや軽快感が、この安定感とともにドライブフィールの質を向上させている。運転席と四隅に置かれたタイヤが直ぐそばにある一体感は、A1ならではのものだ。

新開発1.5Lエンジンは期待大

日本には1.5L直噴ターボエンジン(150PS/250Nm)を搭載した35 TFSIが導入される。これは新開発のエンジンだ。

その印象はまた改めてご紹介したいのだけれど、そもそもすでに在る1Lターボエンジンを搭載したQ2の走りにもなんら不満を抱くことはないわけで、新開発の1.5Lターボエンジンを搭載したA1の走りにはむしろ「どんなドライブフィールを新たに生んでいるのか」という興味と期待を抱く。

総合力アップで、日本導入が楽しみな1台

A1とA3、結局どっち!?

フロントシートに比べリアシートは少しだけ乗り心地が硬く感じるかもしれないから、後席にもう少し広さと乗り心地などの快適性を求めるならA3スポーツバックがベター。でも日常のパーソナルユース+αを1台のモデルでと考えたら、実用面ではA1スポーツバックでも十分に満たしてくれるかもしれない。

冒頭で申したようにA3スポーツバックのパッケージングと比べて迷いながら、デザイン性や、車格を上げた走りや、十分な実用性を持つコンパクトなA1は、「これでいい」ではなく、「A1がいい」と思う方も増殖するのではないか。その際にはぜひ好きな色を選んで、無難さよりも個性も主張することをクルマ好きは願うばかり。

性能や装備にすごく特別な飛び道具を有するわけではないけれど、総合力で底上げ、車格アップを果たし、安心感と頼もしさは確実に増量。そんなA1スポーツバックなら、サイズ以上にカーライフも変わりそうなギャップが、毎日楽しみながら味わえるかもしれない。

[筆者:飯田 裕子]

アウディ/A1スポーツバック
アウディ A1スポーツバックカタログを見る
新車価格:
365万円443万円
中古価格:
53万円446万円

アウディ 新型A1スポーツバックの主なスペック

アウディ A1スポーツバック 35 TFSI アドバンスド 主要スペック(日本仕様)
車種名A1スポーツバック
グレード名35 TFSI アドバンスド AT
価格(消費税込み)365万円
全長×全幅×全高4040mm×1740mm×1435mm
ホイールベース2560mm
駆動方式FF
車両重量1220kg
乗車定員5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC
総排気量1497cc
エンジン最高出力110kW(150PS)/6000rpm
エンジン最大トルク250Nm(25.5kg・m)/1500rpm
トランスミッション7速Sトロニックトランスミッション
使用燃料ハイオク
タイヤサイズ215/45R17
前へ 1 2
この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アウディ A1スポーツバックの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A1スポーツバックのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A1スポーツバックの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A1スポーツバックの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A1スポーツバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる