autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 新型CLS63AMG 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2011/2/3 20:21

新型CLS63AMG 海外試乗レポート(2/3)

関連: AMG CLSクラス Text: 西川 淳 Photo: メルセデス・ベンツ日本
新型CLS63AMG 海外試乗レポート

より迫力の増したエクステリアと質感が向上したインテリア

新型CLS63AMG新型CLS63AMG

CLSクラスのスタンダードモデルが日本未導入ということもあり、それとのスタイリングの違いを挙げてもピンとこないかも知れない。

最大の特徴として抑えておきたいのは、AMGモデルらしい各種エアロデバイスに加えて、前トレッド増(+24mm)に伴ったフロントフェンダーのワイド化、スーパーカー・SLSに近いイメージのフロントグリル、新しいデザイン(トリプルスポークの五本タイプ)のアロイホイール、といったところ。

膨らんだ前フェンダーには、“V8 BITURBO”のエンブレムが輝いている。

リアの眺めも4本出しマフラーエンドやトランクスポイラーなどで迫力いっぱいだ。

マーケットと車種によっては販売シェアの半数を占めるというパフォーマンスパッケージ(PP)も当然用意されており、フロントリップやトランクスポイラー、ミラーカバーがカーボンとなっているのが特徴。

赤いブレーキキャリパーもPPの証である。

新型CLS63AMG
新型CLS63AMG新型CLS63AMG

インテリアの刷新(特にデザインの整合性と見栄え質感のアップ)は、M・ベンツの課題であった。

二代目CLSクラスの登場を機に、“ベンツのインテリアって最近良くなったよね”と言われるようになるのかもしれない。フロント二席を包み込むようなウィング形状のダッシュボードに、SクラスやEクラスとは違って、モニターがきれいに収まっている。

ピアノブラックのトリムパネルが63AMGには標準装備される。もちろん好みでウッドパネルやカーボンパネルを選ぶこと(オプション)も可能だ。

その他、AMGモデルであることを主張するのは、ナッパレザーのスポーツシート、アルミニウム製パドルシフト付きの新型3本スポークステアリングホイール、矩形のセレクターレバー、などである。

特にステアリングホイールは、フラットトップ&ボトムとなっており、ダッシュボードまわりを高級スポーツカーのような雰囲気に仕立て上げた。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

AMG CLSクラス の関連編集記事

AMG CLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • 新型CLS63AMG 海外試乗レポート

    試乗レポート

    新型CLS63AMG 海外試乗レポート

    ダウンサイジングしながらもさらなるパワーアップを果たした新型AMGメルセデスのビジネスは今後、新興国マーケットでの需要増のみならず、ラインナ....

  • AMG SL/SLK/CLS 新車発表会速報

    新型車リリース速報

    AMG SL/SLK/CLS 新車発表会速報

    AMGがさらにハイパフォーマンスに!メルセデス・ベンツ日本は28日、東京お台場で自社への専用チューンナップメーカーである“メルセデスAMG”....

AMG CLSクラス の関連編集記事をもっと見る

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR