魅惑の存在感、きらめくフレンチSUVの実力を試す|DS3クロスバック試乗(1/4)

デザインコンシャスで不思議な魅力

言葉にできない存在感を醸し出すフレンチSUV

全長4120mm、全幅1790mm、全高1550mmというボディサイズを持つDS3クロスバック。競合となるアウディ Q2(全長4200mm、全幅1795mm、全高1500-1530mm)やルノー キャプチャー(全長4135mm、全幅1780mm、全高1585mm)などと比較すると若干小さめのボディサイズだが、その存在感はかなりのものである。

その存在感の理由は、どこにあるのだろう。

細かく見ていくと、それはDSウイングやマトリクスLEDビジョンなどを配したフロント周り、そしてサイドの特徴的なシャークフィンなどが醸し出している“不思議な印象”からきていることがわかる。

>>フランス感あふれるインテリアは必見! DS3クロスバックの内外装を画像で見る(43枚)

”不思議な印象”の正体とは

アイライナーのように顔を際立たせるDSウイング

DSウイングとは、フロントグリルを囲むクロームから左右に翼のように伸びている部分を指し、ヘッドライトのすぐ下とバンパーの2カ所にある。また、そのグリルは立体的に作られており、それをさらに強調するようなクローム装飾が施されている。これらは昨年発売されたDS7クロスバックとも共通のモチーフである。

瞳の中のきらめき、DSマトリクスLEDビジョン

DSマトリクスLEDビジョンは、外側の3灯がロービームモジュール、内側の長方形に見えるモノがハイビーム用のモジュールだ。常時ハイビームで走っても他のドライバーを幻惑しないシステムとなっている。ハイビーム用モジュールには15個のLEDが入っており、それぞれが独立して点灯消灯する。フロントウィンドウの上についているマルチパーパスカメラによって先行車や対向車の状況を解析し、その部分だけLEDを消灯させる仕組みだ。その下にある縦型のデイライトはDSブランドのトップインスピレーション(内装バリエーションを指す名称)、オペラに使われているパールステッチをモチーフにしている。

ボディに埋め込まれた、フラッシュサーフェスドアハンドル

サイドビューのシャークフィンはDS3から継承されたモチーフだ。また、ドアハンドルをボディに埋め込み、フラッシュサーフェス化したのはCセグ、Dセグ含めて初めての仕様だろう。

これはスマートキーを進化させたプロキシミティスマートキーと呼ばれるものを持つことで可能になる。キーとクルマとの距離によってドアのロックアンロック等々のコントロールをすることをメインとして機能する。

フラッシュサーフェスドアハンドルは通常ドアロックがかかっている状態では格納されているが、ドライバーがキーを持って近づいて行くとせり出し、同時にアンロックされる。この発信機はドアのハンドル部分やリアゲートについており、1.5m以内に近づくとアンロック。もちろんドアハンドルを押すことでのマニュアル操作も可能だ。乗り込んですぐにスタートしない場合でも3分経つと自動的にドアハンドルは格納される。クルマを発進させ3km/h以上になった時点でドアハンドルは格納される。また、クルマから降りる場合にはキーが2m以上離れた時点で警告音と共にドアがロックされる。

>>ルーブル美術館がモチーフ、趣向を凝らしたインテリア[次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

DSオートモビル DS3クロスバックの最新自動車ニュース/記事

DSオートモビルのカタログ情報 DSオートモビル DS3クロスバックのカタログ情報 DSオートモビルの中古車検索 DSオートモビル DS3クロスバックの中古車検索 DSオートモビルの記事一覧 DSオートモビル DS3クロスバックの記事一覧 DSオートモビルのニュース一覧 DSオートモビル DS3クロスバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる