autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ボルボ 新型XC90[2015年フルモデルチェンジ] 新型車解説/九島辰也

新型車解説 2014/10/14 16:33

ボルボ 新型XC90[2015年フルモデルチェンジ] 新型車解説/九島辰也

ボルボ 新型XC90[2015年フルモデルチェンジ] 新型車解説/九島辰也

さらなる新たな世代へ突入!ハイブリッドモデルの新世代XC90が登場!

ボルボ “新世代”モデルのラインナップボルボ “新世代”モデルのラインナップ

このところのボルボのラインナップを説明するとき、“新世代”というワードを使っている。「XC60」以降の、「S60」「V60」そして「V40」といったモデルがそれに当たる。

見ていただければわかるように、これらはそれまでのボルボとは一線を画す。デザインはスポーティになり、走りもかなりアグレッシブとなった。Rデザインが追加され、スウェーデンのレーシングコンストラクター、ポールスターとの関係も強化された。スカンジナビアのツーリングカー選手権(STCC)で実際に活躍しているS60をベースにしたポールスターのマシンに乗せてもらったことがあるが、かなり攻撃的であった。

そんなボルボだが、じつは進化の度合いがまたまた進んだ。なんとさらに新たな世代へ突入したのである。

2014年8月末。ストックホルムで行われた新型『XC90』のメディア向け発表会でそれは披露された。フルモデルチェンジし、まったく新しいデザインコンセプトと新世代プラットフォーム、そして自社製新エンジンとそれと組み合わせたハイブリッド車が、この新型XC90には搭載されていたのである。

ボルボ 新型XC90

断っておくが、ボルボは小さい会社だ。フォルクスワーゲンやメルセデス・ベンツのように技術開発に大金をつぎ込むわけにはいかない。きっと今回は中国の親会社から相当額の投資が行われたのだろうが、それとて巨大カーメーカーとは比べ物にならないだろう。その意味からすると大切なのは効率化。より効率よく魅力的なモデルを市場導入できるかだ。

次世代を睨んだまったく新しいフレーム構造

ボルボ 新型XC90

目の前に現れたXC90は存在感の強いものだった。格子のハッキリした押し出しの強いマスクがまずは目に飛び込む。そして気づいた。ボルボのアイアンマークがリデザインされている。そこからしてチカラの入れ様が違うのが伝わってきた。

デザインはすでに発表されている3つのコンセプトカーの要素を取り入れている。今年1月のデトロイトショーでお披露目された「コンセプトXCクーペ」がそれに近いだろう。3つのモデルすべてベスト・オブ・ショーに輝いているのだから、インパクトは大きい。

ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90

ディテールを見ると、ハンマー型のヘッドライトがデザインアイコンのひとつに挙げられる。きっとXC90以降すべてのモデルに踏襲されるに違いない。LEDで光らせるその造形が、遠くからでもボルボと認識させるものになる日は近い。

また、インテリアではこれまでなじみの深かったフローティング型センタースタックが消えた。そして代わりによりゴージャスで高級感のあるプレートが用意される。また、素材のこだわりは強く、トリム表面に美しいウッドパネルを貼ったものを目にした。どうやらボルボのカラーチームはいま素材にチカラを入れているようだ。

そんな新デザインの下のシャシーフレームが新しい。ボルボはこのクルマからSPA(Scalable Product Architecture)と呼ばれるモジュラー式シャシーフレームを採用する。これは次世代を睨んだまったく新しいフレーム構造で、ガソリンやディーゼルエンジンはもちろん、ハイブリッドやEVにも対応する。つまり、モーターやバッテリーの置き場まで想定してつくられた。

ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90
ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90ボルボ 新型XC90

先を見越した「2リッター直4+モーターのハイブリッド」

ボルボ 新型XC90

さらにこのSPAはホイールベースの長さの違いや、車高の違いもすべてフレキシブルに対応できるように出来ている。いうなれば、SUVからスポーツクーペ、大型サルーンからコンパクトカーまで全ジャンル網羅する。なるほど、これはかなりの効率化である。

エンジンは2リッター直4ターボをベースとし、その出力違いでグレードを構成する。すでに市販されているT5と呼ばれるものがそれだ。なので、現行の1.6リッターやT6の3リッター直6はいづれ消滅する。

ボルボ 新型XC90

で、会場で見つけたのはT8というバッジ。正式な発表ではないが、どうやら2リッター直4+モーターのハイブリッドのようだ。かつてボルボの開発陣にハイブリッドの可能性を聞いたことがあったが、そのときは大手カーメーカーのように開発はできないといっていた。その言葉通りだとすると、よそのカーメーカーかもしくはサプライヤーからの供給となるのだろう。それを踏まえてのこの自社製ベースエンジンの開発だから、彼らは相当先まで見越している。次回のインタビューではそこを突っ込みたいところだ。

ボルボ 新型XC90

といった感じの新型ボルボ XC90。ボルボはこのタイミングでスウェーデンの通信機器メーカーエリクソンとのコラボレーションも訴求した。いまスウェーデンで一番伸びている産業はIT。そこに深く関係しているのがエリクソンらしい。そこでボルボはエリクソンと手を組んだ。目的はもちろん、安全性の追求である……。

そんなボルボの新境地の興味を抱く方は少なくないだろう。なんたって日本でのボルボ人気は高い。現在、日本のマーケットにおいてそのポジションは輸入車販売台数のベスト5。上位4ブランドがドイツ勢であることを鑑みると伸びシロはまだまだあると言っていい。

筆者: 九島 辰也

ボルボ XC90 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ XC90 の関連記事

ボルボ XC90の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ XC90 の関連記事をもっと見る

ボルボ XC90 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円455万円

  • ボルボ

    新車価格

    774万円1,299万円

  • ボルボ

    新車価格

    599万円719万円