autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ボルボ S60 ポールスター 海外試乗レポート/九島辰也

試乗レポート 2013/10/4 20:31

ボルボ S60 ポールスター 海外試乗レポート/九島辰也(1/2)

関連: ボルボ S60 Text: 九島 辰也 Photo: ボルボ・カー・ジャパン株式会社
ボルボ S60 ポールスター 海外試乗レポート/九島辰也

安全を前面に押し出しつつも、“走り”のエッセンスが加わった

ボルボ S60 ポールスターボルボ S60 ポールスター

ボルボの販売が好調だ。世界的にもここ数年右肩上がりなのはもちろん、日本でもその傾向は続いていて、今年は販売台数が1万7000台に届くのではといわれている。ドイツ勢が牛耳る我が国の輸入車マーケットにおいて、非ドイツブランドで善戦しているのはボルボだけだ。

ここ数年そんなボルボの牽引力になっているのは、スポーティなイメージかもしれない。これまで通り安全を前面に押し出してはいるものの、XC60以降そこに“走り”のエッセンスが加わった。その背景にあるのがここで紹介する『ポールスターレーシング』である。

今年ボルボは、「オーシャンレース・エディション」と「Rデザイン」の他に、S60にこの『ポールスター』を限定車で販売した。青く塗られたボディにロムチューンでパワーアップしたエンジンを搭載したモデルである。

2013年9月、そのポールスターの本社を訪れることができた。ボルボの安全や環境技術に関するプレゼンテーションをうけにスウェーデンに行ったときのことである。

日本同様、スウェーデンもクルマ好き、レース好きが多い国

ボルボ S60 ポールスターボルボ S60 ポールスター

ではポールスターとはナニモノなのか。

彼らはいわゆるレーシングカー・コンストラクターであり、レーシングチームである。ことのはじまりは1996年。スウェーデン・ツーリング・カー・チャンピオンシップ(STCC)が英国のBTCCに習って立ち上がり、そこに参戦したのがスタートとなる。

彼らはBTCCに参戦していたボルボ850を駆使してレースを行った。その後、S40、先代S60、C30といったモデルをベースにレーシングカーを開発、数多くのトロフィーを手中におさめる。結果、ボルボとの関係が深くなり、パートナーシップを結ぶようになる。それまで別の場所にあったオフィスもボルボ本社のあるイエテボリへ移した。

ちなみに、STCCは全12戦を8箇所で行うシリーズ戦となる。冬を待たずして気温がグッと落ちることから、5月~9月に集中して行うそうだ。およそ15台が参加するが、中にはノルウェーのチームも出場している。また、スウェーデンは日本同様ポルシェカップも開催される。その面からもクルマ好き、レース好きが多い国であるのがわかる。

ボルボ S60 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ボルボ S60 の関連記事

ボルボ S60の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ S60 の関連記事をもっと見る

ボルボ S60 の関連ニュース

ボルボ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • ボルボ

    新車価格

    599万円884万円

  • ボルボ
    V40

    新車価格

    299万円499万円

  • ボルボ

    新車価格

    779万円1,299万円