autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 市販電気自動車「e-up!」(イーアップ!)国内試乗レポート/国沢光宏 2ページ目

試乗レポート 2014/11/11 22:52

フォルクスワーゲン 市販電気自動車「e-up!」(イーアップ!)国内試乗レポート/国沢光宏(2/3)

関連: フォルクスワーゲン up! Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志・フォルクスワーゲン グループ ジャパン
フォルクスワーゲン 市販電気自動車「e-up!」(イーアップ!)国内試乗レポート/国沢光宏

フォルクスワーゲンの高い技術力に裏付けられた「e-up!」の協調回生制御

フォルクスワーゲン 市販電気自動車「e-up!」(イーアップ!)国内試乗レポート/国沢光宏

何でBMW i3はアクセル戻すと強い回生を行うのか? ブレーキペダルと協調制御する技術を持っていないからだ。

電気自動車で最も大切なスペックと言えば「航続距離」。これを稼ごうとすれば、電車と同じくアクセルを戻した時に惰行させるのが一番良い。そして停止時はブレーキペダルの踏力に見合った回生をすればよい。ブレーキペダルをスイッチ代わりに使うということです。

この技術、BMWは開発出来なかった。日本でも100%の制御を行ってるの、トヨタだけ。ということで「アクセル戻したら最大限回生してやれ!」になったワケ。VWは電気自動車のベースモデルであるe-up!にも協調制御ブレーキを採用してきた。ブレーキ制御を見ただけで、VWの電気自動車に対する技術レベルが理解出来る。

(航続距離以外)全ての面でガソリンモデルに勝る「e-up!」

フォルクスワーゲン 電気自動車「e-up!」(イーアップ!) インテリア・インパネ周りフォルクスワーゲン 電気自動車「e-up!」(イーアップ!) インテリア・メーター類

もう一つ。e-up!はベースになっているガソリン車の「up!」を、航続距離以外の性能&評価全てで勝っている。

そもそも滑らかで上質な乗り味だ。静かで、トランスミッションが無いためギアチェンジの時の前後G無し。アクセル踏めば、いわゆる「シームレス」(継ぎ目のない)な走りをしてくれます。アクセルを戻した時の不快な減速感無し。

ヘタなドライバーが運転するBMW i3に乗ると、アクセルのオンオフで常時前後方向のGが出て本当に気持ち悪くなります。目上の人だと指摘できず”出来上がって”しまう。

e-up!ならアクセル戻すドライバーの助手席でも大丈夫。走り出すと「む~ん」という制御系の音を出すものの、ラジオを付けていれば全く聞こえない。

[動力性能も「up!」の上をいく・・・続きは次ページへ!]

フォルクスワーゲン 電気自動車「e-up!」(イーアップ!) 荷室フォルクスワーゲン 電気自動車「e-up!」(イーアップ!) インテリア・リアシートフォルクスワーゲン 電気自動車「e-up!」(イーアップ!) インテリア・フロントシートフォルクスワーゲン 電気自動車「e-up!」(イーアップ!) インテリアフォルクスワーゲン 電気自動車「e-up!」(イーアップ!) インテリア

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン up! の関連記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円