autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン e-up![2014年中 日本導入の電気自動車] 国内初試乗レポート/国沢光宏 2ページ目

試乗レポート 2014/5/22 19:31

フォルクスワーゲン e-up![2014年中 日本導入の電気自動車] 国内初試乗レポート/国沢光宏(2/3)

関連: フォルクスワーゲン up! Text: 国沢 光宏 Photo: オートックワン編集部
フォルクスワーゲン e-up![2014年中 日本導入の電気自動車] 国内初試乗レポート/国沢光宏

ガソリンエンジンのup!よりパワフルな走りを披露

フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル] 試乗レポート/国沢光宏 5

絶対的な動力性能は「これだけ走ってくれれば十分でしょう!」。

また常用する出力を3種類から選べる 。標準が82馬力で、アクセル全開にすれば1.3リッターエンジン以上の加速をしてくれます。ガソリンエンジンのup!は1リッター75馬力なので、電気自動車の方がパワフルなのだ。スポーティモデルに匹敵する。

フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]
フォルクスワーゲン e-up!(イー・アップ!)[2014年中 日本導入予定 新型電気自動車/試乗車は欧州仕様モデル]

電費を伸ばしたいなら『ECO』を選べばいい。最高出力は68馬力に制限され、最高速度も130km/hから120km/hに落ちるが、街中で走っている限り全く気にならないレベル。ちなみに『ECO+』という54馬力に制限されるモードもあり、試してみたら問題なし! どのモードでもアクセル全開にした途端、標準出力になります。

ということで街中なら『ECO+』を使うことを推奨しておく(ただしECO+はエアコンも稼働しなくなるので念の為)。

[次ページへ続く]

フォルクスワーゲン up! 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン up! の関連記事

フォルクスワーゲン up!の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン up! の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン up! の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円