autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン シロッコR 試乗レポート/日下部保雄

試乗レポート 2010/2/16 13:31

フォルクスワーゲン シロッコR 試乗レポート/日下部保雄(1/2)

フォルクスワーゲン シロッコR 試乗レポート/日下部保雄

ハイパワーエンジンと専用エアロで武装した「シロッコR」

フォルクスワーゲン シロッコR

09年、壮大で偉大な草レース「ニュルブルクリンク24時間」でデビューし、そこでクラス優勝を果たしたシロッコ。今回紹介する「シロッコR」のベースだ。

そのシロッコRが、ゴルフRと共に日本にやってきた。硬派なヘビーユーザーには待望の一台と言うことになるだろう。

エンジンはゴルフRと共通の2リッターのTSIエンジン。ハイパワーに合わせてエンジンブロックに強化型を使っており、出力は256ps/33.7kg-mのハイパフォーマンスエンジンを搭載する。スタンダードのシロッコは200psプラスアルファなのに対して、かなりの強化である。

搭載されるトランスミッションは、6速の湿式多板クラッチを使ったVW自慢のツインクラッチ「DSG」で、その制御はますます巧みになる。

話が逸れるが、日本のメーカーはロックアップ領域を拡大してレスポンスや燃費に効果を上げている多段トルコンが主流になりつつあるが、トランスミッションの日欧の考え方の違いは実に面白い。

駆動方式はゴルフRが4モーションのAWDであるのに対して、シロッコRはFFとなる。

フォルクスワーゲン シロッコR
フォルクスワーゲン シロッコRフォルクスワーゲン シロッコR

ベースのシロッコは日本では昨年デビューし、その引き締まったアスリート系のボディにVWファンならずとも多くのクルマ好きの心を捉えたが、シロッコRはさらに磨きをかけ、走りを強調するようなエアロパーツでチューニングされた。

「シロッコだけど、どこか違う」と感じさせるところが、VWらしいハイパフォーマンスモデルの表現っぽくて好ましい。

ロードホールディングを高めるために低くされた車高とワイドトレッド、アクセントとなるRのエンブレム、そしてLEDのポジションランプがエクステリアをより一層引き立てている。

インテリアは基本的にシロッコと共通でゴルフとも相似形となっているが、スポーツモデルらしくブラックで統一されたカラーコーディネイト、視認性をさらに向上させたメーター類、そして乗降性に支障がない程度の深さとなっているバケットシートなどが特徴だ。

ゴルフRのレカロシートは、乗員のホールド性を強く意識してかなりバケット形状がきつかったが、アイポイントの関係と重心位置からシロッコはそれほど強いホールドを持たせていないバケットシートとなっているところが面白い。

フォルクスワーゲン シロッコRフォルクスワーゲン シロッコRフォルクスワーゲン シロッコRフォルクスワーゲン シロッコRフォルクスワーゲン シロッコR

フォルクスワーゲン シロッコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事

フォルクスワーゲン シロッコの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン シロッコ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン シロッコ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円