autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 フォルクスワーゲン ゴルフGT TSI 新車発表会速報

新型車リリース速報 2007/1/19 20:21

フォルクスワーゲン ゴルフGT TSI 新車発表会速報

フォルクスワーゲン ゴルフGT TSI 新車発表会速報

新型TSIエンジンで、高性能・低燃費を実現

エンジン
サイドビューインパネ

フォルクスワーゲンから新型「ゴルフGT TSI」が発表された。この新型車は、2004年6月に登場した「ゴルフGT」(2.0FSI 2L直噴エンジン搭載)の後継車種だ。

新型「ゴルフGT TSI」は、ガソリン直噴システム、ターボチャージャー、スーパーチャージャーの3つの要素を組み合わせた新型エンジン(TSIエンジン)を搭載。125kW(170PS)/6,000rpmの最高出力と240Nm(24.5kgm)/1,500-4,750rpmの最大トルクという、2.4L自然吸気エンジン並みのパフォーマンスを持ちながら、1.4Lの排気量を達成し、1.6L FSIエンジンをもしのぐ低燃費を可能にした。高出力と低燃費という、相反する要素を高い次元で両立し、既存の常識を破る革新的なエンジンだ。

TSIエンジンは各方面から高い評価を受けている。自動車用エンジン評価において世界的に権威のある「2006 インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー(英)」の「Best New Engine」をはじめ、ポピュラーサイエンス誌(米)の「Innovation Award」やauto motor und sport誌(独)の「Paul Pietsch Prize」などで賞賛されている。

トランスミッションは、フォルクスワーゲン独自のDSGを装備。マニュアルトランスミッションと同等の効率を持ち、オートマチックトランスミッションのイージードライブを実現した先進のトランスミッションの採用により、素早くダイレクトでシフトショックの無い伸びやかな加速を発揮。

「ゴルフGT TSI」専用装備として、外装には大型エアインテーク採用のフロントバンパー・スポイラーや前後にGTバッジを備えている。内装には、専用のファブリックパターンを採用したフロントスポーツシート、黒い光沢のデコラティブインサートパネル、S/C&ターボの稼動を知らせるブースト計が装備されている。

高性能と低燃費を可能にしながら、CO2の排出量削減で環境を守りつつ、走る楽しみを持ち合わせた新型車である。

カップホルダーヘッドランプタイヤ&ホイールエンジンフォルクスワーゲン パワートレイン開発責任者
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン の関連記事

フォルクスワーゲンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円599.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円