autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【値引き】トヨタ 新型ヴォクシー/ノア 国沢光宏の購入指南!

特別企画 2014/4/24 11:56

【値引き】トヨタ 新型ヴォクシー/ノア 国沢光宏の購入指南!(1/3)

関連: トヨタ ヴォクシー , トヨタ ノア Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正
【値引き】トヨタ 新型ヴォクシー/ノア 国沢光宏の購入指南!

<その壱>トヨタ ヴォクシー/ノアの簡単自動車解説!

先代モデルはヴォクシー/ノア両方合わせた販売台数でも日産セレナに負けるなど、成功作と言えなかった。中でもセレナに劣っていたのが、シートアレンジを含めた室内空間と環境対応技術である。

例えばいち早く簡易式ハイブリッドを取り入れたセレナに対し、アイドリンストップすら採用していなかったのだから決定的。5ナンバークラスのミニバンのユーザー層を見ると、小さい子供を持つ環境重視世代ということもあり、皆さんセレナを買いたくなって当然だったと思う。

新型ヴォクシー/ノアの開発にあたり「もう失敗は出来ない」ということで、トヨタは得意の本格的なハイブリッド仕様を投入。車体も全面刷新させ、2014年1月にデビューさせてきた。

唯一にして最大の弱点は、今や当たり前の装備となった、事故防止効果が非常に高い自動ブレーキを選べないこと。ちなみに昨年末にはマイナーチェンジした日産 セレナにはすでに装着されている。

トヨタ ノアとヴォクシーの違いは外観デザインと取り扱いディーラーだけ。装備や足回りを含めたスペックについては、ヴォクシーもノアも全く同じ。

「トヨタ ヴォクシー/ノア 新型車解説」【もっと詳しく】(コンテンツリンク)

<その弐>トヨタ ヴォクシー/ノアの価格(価格帯)

ヴォクシー/ノアの価格はベースグレードの『X”Vパッケージ』で227万3143円から始まる。渋滞や信号の少ない地域なら、アイドリングストップが付いていないこのグレードで十分だと思う。

エアコンや横滑り防止装置のVSC、オートエアコンまで標準で装備。その上の『X』はイッキに高くなり246万8571万円へ。このグレードを考えている人は、迷うこと無くハイブリッドをオススメしておく。

約46万円高いものの、後述の通り実用平均燃費は普通の2リッターエンジン搭載車より圧倒的に良い。つまり燃料コストが安くなる分で46万円の価格差などカバー出来てしまうのだった。

加えて3~5年後に手放す時の査定は、下を見て30万円以上高いと思う。長く乗っても、乗り換えてもハイブリッドが有利という寸法。

『X』と最上級『G』の差は、クルーズコントロールとリアのオートエアコン、革巻きハンドル。『G』を選んでおけば間違いない。

「トヨタ ヴォクシー」の自動車カタログ・価格比較(オートックワン 自動車カタログ)

「トヨタ ノア」の自動車カタログ・価格比較(オートックワン 自動車カタログ)

◎ライバルモデル「日産 セレナ」「ホンダ ステップワゴン」の情報も併せてチェック!

トヨタ 新型ヴォクシー・新型ノア vs 日産 セレナ どっちが買い!?徹底比較(コンテンツリンク)

日産 セレナハイブリッド(S-HYBRID) vs ホンダ ステップワゴン どっちが買い!?徹底比較(コンテンツリンク)

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

トヨタ ノア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20