autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トヨタvsグーグル!?車載ソフトウェア開発でトヨタが勝負をかける「AGL」とは?

自動車評論家コラム 2016/7/15 19:07

トヨタvsグーグル!?車載ソフトウェア開発でトヨタが勝負をかける「AGL」とは?(1/4)

関連: トヨタ Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
トヨタvsグーグル!?車載ソフトウェア開発でトヨタが勝負をかける「AGL」とは?

「AGL」あまり知られていないがユーザーにとっても超重要!

オートモーティブ・グレード・リナックス(略称:AGL)をご存知か?ユーザーはもとより、自動車マスコミ関係者の多くが「聞いたことがない」というはずだ。さらに、自動車メーカー社員でも、電子・制御系の開発者以外では「なんですか、それ?」と答えるかもしれない。

ところが、このAGLは自動車産業全体にとって、極めて重要な案件。大仰に言えば、自動車産業が生き残るための「最後の砦」である。

そのAGLでいま、大きな動きが出ている。

AGLと何か?

トヨタAGLカンファレンス

手短に言うと、クルマ専門のコンピュータプログラムのルール作りを協議する場だ。

近年、クルマのIT化が加速するなか、ユーザーの「車内体験」がどんどん変わってきた。ダッシュボードのモニター画面が大型化し、カーナビやSNSなどの各種サービスが拡充されてきた。

こうした、ユーザーの「車内体験」を、自動車業界では「UX(ユーザー・エクスペリエンス)」と呼ぶ。

そのUXがこれからますます進化する可能性があるが、自動車メーカーそれぞれが独自にすべてのシステムを作るとなると、膨大な資金、時間、そして人材が必要だ。そこで、自動車メーカーや自動車部品メーカーが、車載器に関係するコンピュータプログラムの基礎となる「コード」を書く際のルールを決めようという動きが出た。

最初は、独BMWなど欧州自動車メーカーが中心となり、GENIVI(ジェニヴィ)という組織を作った。一方、トヨタが中心となって生まれたのが「AGL」だ。

ただし、GENIVIとAGLは「対立」しているわけではない。GENIVIが「ルール作りの概念や方法を話し合う場」であり、AGLは「コード作成」という現実な作業を重視するもの。

そして、ごく最近になって、AGLとGENIVIとの「融和」が進んでいる状況だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22