autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 新型プリウスは走りを我慢するエコカーからの脱却を図る

自動車評論家コラム 2015/9/14 16:20

新型プリウスは走りを我慢するエコカーからの脱却を図る(1/2)

関連: トヨタ プリウス Text: 清水 和夫 Photo: トヨタ自動車
新型プリウスは走りを我慢するエコカーからの脱却を図る

トヨタ新型プリウスは40km/L超!?

ついにトヨタ新型プリウスが発表された。と言っても、アメリカで写真が公開されただけで、中身はまだベールに包まれているのだが、すでに明らかになっている情報もある。

4代目にあたる新型プリウスはトヨタが今年3月に発表した「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」という新しい設計・生産方式で開発される。この新しいプラットフォームで量産される先兵が新型プリウスだ。

つまり、TNGAを知ることでプリウスの全貌を予測できると思う。TNGAはトヨタで最も数多く生産するCセグメントの新プラットフォームなので、世界中の工場でも展開される。

TNGAのトップバッターに選ばれた新型プリウス

ラスベガスでワールドプレミアされた新型プリウス

TNGAの肝は豊田章男社長がこだわる「もっといいクルマづくり」を単なるスローガンにするのではなく、真に価値あるクルマを開発する手法である。TNGAではパワートレーンとプラットフォームを刷新することで、基本性能や魅力品質を高め、さらに生産技術もTNGAによって刷新される。

TNGAを企画する担当部長の朝倉氏によれば、Cセグメントだけでプラットフォームは100種類に増え、パワートレーンはなんと800機種に及ぶという。

そこでTNGAではグルーピング開発によりパーツやユニットを上手く共用化することで無駄を省き、原価低減分を基本性能の向上に投資する。こうした賢い共通化によってボディ・シャシー・パワートレーンの基本性能が高まり、国際的にも競争力が高まると期待される。

たとえるならば、ユニット設計部署がチーフエンジニアに新鮮な食材を提供することで、各チーフエンジニアは個性的なクルマを開発できるというわけだ。そのTNGAのトップバッターに選ばれたのが新型プリウスなのである。

欧州仕様のプリウスには隠し球があるかも?

トヨタ 新型プリウス(4代目)

TNGAの発表資料によると、パワートレーンの特徴はハイブリッドやガソリン車に関わらず、低重心・軽量・コンパクト。ギアボックスを含めた統合制御が進められている。ガソリン車の場合は燃費で約25%、動力性能で15%以上の向上が可能だ。

ハイブリッドはモーター・インバーター、バッテリーの小型化と高効率化を図ることで燃費が15%以上向上するらしい。動力性能は現行ハイブリッドの性能とほぼ同じではないだろうか。あるいは欧州での競争力を高めるために、欧州仕様のプリウスには隠し球があるかもしれないが、日本で市販されるプリウスは15%アップの燃費なので、40km/Lも可能となりそうだ。

しかも、リチウムイオンとニッケル水素の両方のバッテリーを使いわけるのでは、との噂もある。遅れて市販されるPHEVはリチウムイオンバッテリーを搭載し、EV距離は三菱アウトランダーPHEV並の50km超えを狙うはずだ。

トヨタ プリウス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ プリウス の関連記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22