autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 トヨタ 新型ポルテ/新型スペイド 新型車解説 2ページ目

新型車解説 2012/7/23 13:16

トヨタ 新型ポルテ/新型スペイド 新型車解説(2/2)

関連: トヨタ ポルテ , トヨタ スペイド Text: 松下 宏 Photo: 茂呂幸正
トヨタ 新型ポルテ/新型スペイド 新型車解説

バリエーション豊富なパッケージオプション

新型ポルテ/新型スペイドでは、それぞれボディカラーが8色ずつ用意され、このうち2色ずつが専用色で6色は両車の共通の色となる。

ユーザーはボディカラーのチョイスに続いけ、グレードを含めたフロントシートの選択をし、さらに6種類のパッケージオプションを装着するかどうかを決めることになる。

「ナノイー」パッケージ、スーパーUVカットパッケージ、スマートエントリーパッケージ、ドレスアップパッケージ、HIDパッケージ、ナビレディパッケージの6種類だ。

快適装備やアイドリングストップなど、選択の幅は大きい

トヨタ 新型ポルテ ヘッドライト
トヨタ 新型ポルテ ホイールトヨタ 新型スペイド(スペード)リアオーナメント

グレードはベースグレードのVが1.3LのFF車だけの設定で価格は145万円。1.3L車には14インチタイヤが装着されるほか、上述の6種類のオプションが選択できないので、これは例外的なグレードと考えたほうが良さそうだ。

ほかにX、Y、F、Gの4グレードが設定される。このうちXには1.3Lと1.5Lのエンジンが搭載されるが、ほかのY、F、Gの各グレードは1.5Lエンジンが搭載されFFと4WDの選択が可能だ。

Xには2機種のエンジンが搭載されるが、Xの1.3Lエンジンにはアイドリングストップ機構が標準となる。ほかに細かな装備の違いが加わって価格はVの10万円高の155万円だ。

Xの1.5L車はエンジンの排気量が大きくなるが、アイドリングストップ機構がオプション設定になってタイヤが15インチになるなどの違いがあり、価格は159万円(4WD車は177万円)の設定となる。

YとFはXに対してシート表皮やシート形状、小物入れなどに違いがあって価格はともに164万円(4WD車は181万円)の設定。Yがベンチシート、Fがセパレートシートになる。

最上級グレードのGは価格が174万円になるが、スーパーUVカットガラス本革巻きステアリングホイール&シフトノブ、起毛トリコットのシート表皮、快適温熱シート、「ナノイー」&フルオートエアコン、フードサイレンサーなどの快適装備が設定されている。このグレードだけが飛び抜けて充実した仕様を備えるので、満足度を重視するならGを選ぶといい。

なお、安全装備は横滑り防止装置のVSC&TRCやEBD付きABS+ブレーキアシストなどが全車に標準で装備され、SRSサイド&カーテンエアバッグは全車にオプション設定されている。

筆者: 松下 宏

トヨタ ポルテ 関連ページ

トヨタ スペイド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ポルテ の関連記事

トヨタ ポルテの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ポルテ の関連記事をもっと見る

トヨタ ポルテ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21