トヨタ 新型ポルテ/新型スペイド 新型車解説(1/2)

  • 筆者: 松下 宏
  • カメラマン:茂呂幸正
トヨタ 新型ポルテ/新型スペイド 新型車解説
トヨタ 新型ポルテ フロントイメージ トヨタ 新型ポルテ リアイメージ トヨタ 新型ポルテ サイドイメージ(助手席側スライドドア) トヨタ 新型ポルテ(運転席側前後スイングドア) 画像ギャラリーはこちら

兄弟車としての共通点は多いが、フロント周りに大きな違いを与えた 新型ポルテ/新型スペイド

トヨタ 新型スペイド(スペード)サイドイメージ(スライドドア開)トヨタ 新型スペイド(スペード)サイドイメージ(スイングドア開)

背の高いパッケージングを採用するトヨタのコンパクトカーであるポルテが8年振りにフルモデルチェンジを受けるとともに、兄弟車としてスペイドを設定して登場した。

ポルテはこれまでと同様にトヨタ店とトヨペット店で販売され、スペイドはカローラ店とネッツ店で販売される。合わせるとトヨタの全販売チャンネルで扱われることになる。最近のトヨタは販売チャンネルの意義が薄れる傾向にあるが、ポルテ/新型スペイドもその流れの中にある。

ボディサイズは4mを切る全長と、5ナンバー枠をいっぱいに使った全幅はほぼ従来並。たまたまかもしれないが、アクアと全く同じサイズである。高めの全高を持つのがアクアとの違いだが、従来のモデルに比べると全高はやや低くなっている。それでも相変わらずたいていのタワーパーキングには入らない高さである。

ボディの右側にヒンジ(スイング)式のドアが2枚設けられ、左側には大きな開口部を持つスライドドアが1枚採用されている。スライドドアは全車ともワイヤレス電動スライド式を採用している。

ポルテとスペイドの違いはフロント周りを中心にした外観デザインにある。ポルテのデザインは「リラックスクリーン」がテーマで、従来のモデルを発展させた可愛らしくて親しみやすいデザインだ。

これに対してスペイドのデザインは、「クールメカニカル」がテーマで、やや鋭い目つきのヘッドライトなどに引き締まった感じのデザインが表現されている。リアもテールランプにクリアレンズを採用するなど、ポルテとの違いが設けられている。

トヨタ 新型ポルテ フロントイメージトヨタ 新型ポルテ リアイメージトヨタ 新型ポルテ(運転席側前後スイングドア)トヨタ 新型ポルテ フロントビュートヨタ 新型ポルテ リアビュー
トヨタ 新型スペイド(スペード)フロントイメージトヨタ 新型スペイド(スペード)リアイメージトヨタ 新型スペイド(スペード)サイドイメージ(スイングドア閉)トヨタ 新型スペイド(スペード)フロントビュートヨタ 新型スペイド(スペード)リアビュー

多彩なシートアレンジと、充実したインテリア

トヨタ 新型ポルテ フロントシート(助手席を畳んだ状態)

インテリア周りのデザインや仕様はいろいろな意味で個性的で、特徴的なものに仕上げられている。フロントシートはセパレートシートとベンチシートがあり、グレードによって機能にも違いがある。これを選ぶのが新型ポルテ/新型スペイドを選ぶときのポイントになる。

リアシートは6:4の非対称分割可倒式で、主要グレードではリクライニングやチップアップが可能となる。さらに助手席の背もたれを倒すなど、自在な使い勝手を実現する。また、高めの全高と広くてフラットな床面によって室内には大きな空間が確保されている。

トヨタ 新型ポルテ インパネトヨタ 新型ポルテ メーター

インパネ周りのデザインはかなり個性的だ。乗降性を高める楕円形のステアリングホイールの向こう側にはメーターパネルがなく、ほぼセンターの高い位置にスピードメーターがマルチファンクションディスプレーと組み合わせて設定されている。

最近のトヨタ車はセンターメーターを採用する車種が少なくなっているが、ポルテはしっかり継承している。

内装色は濃いめのプラムと明るいフロマージュの2色が設定されている。オートエアコン装着車では縦型のセンタークラスター部分に専用の塗装が施され、プラム仕様車にはピアノブラック塗装を、フロマージュ仕様にはパールホワイト塗装を採用している。

カップホルダーや買い物フックなど、豊富な収納が用意されるのは最近のコンパクトカーのお約束ともいえる。助手席アッパーボックスにはティッシュボックスを下向きに収納して下側から取り出せるアイデアも採用されている。

トヨタ 新型ポルテ エンジンルーム

搭載エンジンは直列4気筒の1.3Lと1.5Lの2機種。1.3Lは新世代のエンジンに切り換わり、1.5Lは従来からのエンジンを搭載しているが、バリエーションの大半は1.5Lで、4WD車があるのは1.5Lのみ。1.3Lエンジンの搭載車はごく限られた設定だ。

動力性能は1.3Lが70kW(95ps)/121N・m、1.5LはFF車用が80kW(109ps)/136N・m、4WD車用が76kW(103ps)/132N・mを発生する。

アイドリングストップ機構は1.3XのFF車に標準で装備されるほか、1.5Lエンジン搭載車にオプション設定されている。1.3Lエンジンの装着車は19.6km/L(非装着車は18.4km/L)、1.5Lエンジンの装着車は20.6km/L(非装着車は19.0km/Lを達成し、FF車は1.3Vを除いて全車にエコカー減税が適用される。

駆動方式はFFを基本に1.5Lエンジンの搭載車にはアクティブトルクコントロール4WDも設定される。4WDオートで走行すれば、通常は燃費の良いFFに近い状態で走り、路面や走行状態に応じて最適な駆動力が後輪に配分される。トランスミッションは4WDを含めて全車にスーパーCVT-iが採用される。

トヨタ 新型ポルテ インテリアトヨタ 新型ポルテ 助手席側三角窓トヨタ 新型ポルテ 助手席インパネ上部トヨタ 新型ポルテ フロントシートトヨタ 新型ポルテ リアシート
1 2 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
松下 宏
筆者松下 宏

自動車そのものはもとよりクルマに関連する経済的な話題に詳しい自動車評論家。新車、中古車を含めてユーザーサイドに立った的確な購入アドバイスを語ることで定評がある。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ポルテの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ポルテのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ポルテの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ポルテの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ポルテのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる