autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 “軽自動車の技術”を数多く流用し、商品力を高めたトヨタ 新型「パッソ」&ダイハツ 新型「ブーン」 2ページ目

新型車解説 2016/4/12 13:24

“軽自動車の技術”を数多く流用し、商品力を高めたトヨタ 新型「パッソ」&ダイハツ 新型「ブーン」(2/4)

関連: トヨタ パッソ , ダイハツ ブーン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: トヨタ自動車株式会社/ダイハツ工業株式会社
“軽自動車の技術”を数多く流用し、商品力を高めたトヨタ 新型「パッソ」&ダイハツ 新型「ブーン」

新型では機能を表現して、適度な存在感を

トヨタ 新型パッソダイハツ 新型ブーン/ブーンシルク(アクセサリー装着車)

新型のパッソとブーンには、それぞれ2つのシリーズがある。標準ボディの「X系」と、上級の「パッソモーダ」&「ブーンシルク」だ。後者はフロントグリルの形状を際立たせ、ハイ/ロービームを使い分けるバイビーム式LEDヘッドランプは丸型に変更している。

標準ボディはハロゲン、あるいはLEDヘッドランプが横長で、グリルの形状と相まってワイド感を強調した。

先代型はボディ全体に丸みがあって可愛らしさを表現したが、新型は情緒的なところにあまり捕らわれていない。機能を表現して、適度な存在感を持たせた。

ボディサイドは水平基調のデザインだ。サイドウインドウの下端は低く、側方や斜め後方の視界も良い。周囲の見やすさは、先代型の特徴を受け継いだ。

トヨタ 新型パッソダイハツ 新型ブーン/ブーンシルク(アクセサリー装着車)

ボディサイズは先代型と同様にコンパクトで、全長はX系が3650mm、パッソモーダ/ブーンシルクが3660mmになる。全幅はすべて1665mmで、全高は1525mmだ。先代型とほぼ同じサイズに収まり、スズキ「ソリオ」と並んで、コンパクトカーの中でも最小クラスになる(トヨタ「iQ」は販売終了)。

新型のサイズで注目されるのは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)が50mm伸びて2490mmになったことだ。居住空間は前後席の間に位置するから、ホイールベースを拡大すれば後席の足元空間を拡大できる。

最小回転半径は全車が4.6mで、14インチタイヤを履いた先代型の4.7mに比べると小回り性能が向上した。前述のように前後左右ともに視界が良いから、小回りの利きと相まって狭い駐車場などでも扱いやすい。

新型はファミリーでも使えるコンパクトカー

トヨタ 新型パッソ

内装は先代型に比べると大幅に上質になった。グローブボックスも復活している。

インパネ周辺のデザインは、ダイハツが扱う「キャスト」や「ムーヴ」などの軽自動車に似ている。造形まで含めて軽自動車のノウハウを活用した。コンパクトカー同士で比べれば、特に見栄えが良いわけではないが、少なくとも安っぽい印象はない。

ダイハツ 新型ブーン

ホイールベースを50mm拡大したことで、前後に座る乗員同士のヒップポイント間隔も75mm増して940mmに達した。キャストの1000mm、ムーヴの1030mmに比べると短いが、ヴィッツの865mmは大幅に上まわる。

前後席の乗員間隔が広がれば、後席の足元に余裕が生まれて4名乗車時の居住性が向上する。なので新型はファミリーでも使えるコンパクトカーになった。この優れた空間効率も軽自動車の応用だ。

ダイハツ 新型ブーン

シートは前後席ともにベンチタイプ。軽自動車用に開発されたシートに改良を加え、骨盤周辺の支え方を向上させた。乗員をしっかりとサポートして、長距離移動でも疲れにくい座り心地をめざした。

荷室はオーソドックスだ。後席がスライドしたり、背もたれを前方に倒すと座面が下がる機能はない。なので荷室は軽自動車に劣るが、新型パッソ&ブーンも、大半のグレードで後席の前倒しが左右分割式になる。さほど不満は生じないだろう。

トヨタ パッソ 関連ページ

ダイハツ ブーン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ パッソ の関連記事

トヨタ パッソの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ パッソ の関連記事をもっと見る

トヨタ パッソ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22