autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型 アクア「G’s」試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2013/12/26 18:28

トヨタ 新型 アクア「G’s」試乗レポート/今井優杏(2/3)

関連: トヨタ アクア Text: 今井 優杏 Photo: 島村栄二
トヨタ 新型 アクア「G’s」試乗レポート/今井優杏

生産ライン時点からして違う! こだわりまくりの G’sチューニング

トヨタ 新型 アクア G’s「アクア G ”G’s”」[ボディカラー:スーパーレッドV] 試乗レポート/今井優杏 1

さて、新しい「アクア G’s」もまた、その期待を裏切らない素晴らしい出来であった。

もともとアクアはスポーツ性能が見た目以上に高く、コンパクトな車体を生かしてキビキビ走れる基礎体力の高いクルマなのだが、ただでさえマイナーチェンジによってそのキビキビ感にさらに磨きがかかっている。

さらにそこに『G’s』のチューニングがなされているので、気持ちよくないわけがない。

剛性の違いでここまで上質になるのか!

トヨタ 新型 アクア G’s「アクア G ”G’s”」[ボディカラー:スーパーレッドV] 試乗レポート/今井優杏 10

まず際立っているのが剛性の高さ。クルマがブレないということはこれほどまでに上質感に変わるのか!という実感は、チューニングに興味のある諸兄ならご理解いただけると思うが、まさにそれを溶接レベルから行っているのが『G’s』なのだ。

『G’s』は製造ラインの途中から補強を入れることが可能なため、後付け補強パーツだけでなく、溶接の打点を増やすという離れワザを投入しているのだ。

トヨタ 新型 アクア G’s「アクア G ”G’s”」[ボディカラー:グレーメタリック]トヨタ 新型 アクア G’s「アクア G ”G’s”」[ボディカラー:グレーメタリック]

クルマというものは鉄板を貼り合わせて作られている。その鉄板と鉄板を留めるのがスポット溶接なのだが、2枚の紙をホッチキスで留めるのを想像して欲しい。間隔を空けてホッチキスするよりも、たくさんホッチキスしたほうがしっかり留まるうえに、紙自体の曲げの強さ(剛性)も上がるでしょう。

でも鉄板を溶接するんだから、一旦製品になってしまったクルマに溶接を追加しようと思ったら、一回鉄板だけの丸裸にしてしまわなければいけなくなっちゃう。その手間もお金も大変だから、効果は立証されていても、そう簡単には手を出せないってわけなのだ。

「アクア G’s」もブレースの追加はもちろんのこと、一番弱いところ=大きな開口部であるドア付近にスポット溶接が加えられ、ドアを閉める音からして剛性を感じさせる出来になっている。

ステアリングを切ったら切った分だけ素直に曲がる

トヨタ 新型 アクア G’s「アクア G ”G’s”」[ボディカラー:スーパーレッドV] 試乗レポート/今井優杏 3

コーナーでもボディのねじれにサスペンションの減衰を持って行かれなくて済むので、ハンドルを切ったら切っただけちゃんとラインをなぞる。おかげで少し余分にアクセルを踏み足したくなって、ちょっと早めの速度でコーナーに入りたくなってしまうのは仕方の無いことかもしれない。ちなみにちゃんとブレースが効いているため、ブレーキのときの挙動も落ち着いていて踏み心地抜群である。

助手席からも「このアシいいね!」の声

トヨタ 新型 アクア G’s「アクア G ”G’s”」[ボディカラー:スーパーレッドV] 試乗レポート/今井優杏 2

肝心のサスペンションもG’s専用チューニングを施したもので、ほかの『G’s』と同じくカチカチというよりは『締まっている』というイメージ。

個人的にはこれまでの『G’s』の中でも最高に好みだった。適度にしなやかなのにちゃんとコシがあって、なんとも絶妙。

ちなみに助手席に乗っていたT編集部員も『この足、いいね!』とにこやかだったので、同乗者の快適性もかなり高いと思われる。なによりもキビしいであろう奥方チェックもクリアできるんではないだろうか。

見た目的にも25mmローダウンされ、迫力を増している。

[次ページへ続く]

トヨタ アクア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アクア の関連記事

トヨタ アクアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アクア の関連記事をもっと見る

トヨタ アクア の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26