autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK トヨタマーケティングジャパン スポーツカーカルチャー推進グループ 喜馬克治 インタビュー 5ページ目

NEXTALK 2012/10/12 10:33

トヨタマーケティングジャパン スポーツカーカルチャー推進グループ 喜馬克治 インタビュー(5/5)

関連: トヨタ 86 Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
トヨタマーケティングジャパン スポーツカーカルチャー推進グループ 喜馬克治 インタビュー

ユーザーが本当に望むことを、ユーザーが予期せぬ形で

トヨタマーケティングジャパン 喜馬克治氏の座右の銘「ユーザーが本当に望むことを、ユーザーが予期せぬ形で」

座右の銘は?の問いに、喜馬克治は仕事に関して言えばと断って、ずばりこう答えた。

【喜馬克治】映画監督の伊丹十三のいった言葉で「観客が求めるものを、観客の予期せぬ形で」というのがあります。そして私が、クリエーターとしていつも心がけているのは、まさにそれで、「ユーザーが本当に望むことを、ユーザーが予期せぬ形で」ということです。

スポーツカーカルチャーについて、86の発売と同時に提案されたものは、まだこれから取捨選択が行われていくことになるだろうと、喜馬克治はみている。自分たちの最初の提案がすべてというのではなく、スポーツカーファンとの相互関係から、一緒に考えていきたいと柔軟な姿勢である。

そのなかで、この先への想いも喜馬克治の内にはすでにいくつか温められていることがある。

86専門ショップ「AREA86」

【喜馬克治】トヨタが頑張ったとはいえ、新車を手に入れるまでの費用は、諸経費など込みで300万円くらいとなり、維持費も含め、大人が買うクルマの値段になってしまっています。

スポーツカーカルチャーの普及という視点に立てば、この思想に共感してもらえる若い人たちにも関わってもらえるようにしていきたいわけで、そうなると、数年後に出てくるであろう中古車の登場は非常に魅力的です。あるいは、レンタカーやリースが普及してくれば、そういう接点も生まれるでしょう。

いずれにしてもそのためには、何年かのちに、スポーツカーカルチャーが定着し、いつかは手に入れたいという憧れとなっていることが不可欠で、カッコイイ大人の世界を作り上げていきたいですね。

もう一つは、グローバルの視点です。86は、続々と海外へ販売がはじまっていきますから、各国の事情にあわせて修正しながら、スポーツカーを楽しむ心は一緒なので、それをつなぐ仕組みがデジタル時代にはできます。

すでに、CAN-ECUの仕組みによって、運転特性や走行履歴をデジタル化し、インターネットにのせて、世界で交換したり、比べたり、わかりあえたりということができる素地があります。ここからコンテンツを開発して、たとえばオープンなデジタルサーキット上で競争するとかというゲームで参加者が遊ぶことができ、それがビジネスとなって、参加費は次のプラットフォームの原資となるといったことが積み重なっていけば、日本初のスポーツカーカルチャーが生まれるのではないか、こうしてさらにその先の広がりも出て、好循環になっていくと思います。

スポーツカーというものそのものは、反社会的ではありません。楽しみとリスクとをみんなで話し合いながら、自立した楽しみ方をしていきたい、そういう運動を起こすことに挑戦しています。

単なるセールスやマーケティングのための言葉遊びをしているわけではないという、喜馬克治の思いの丈が伝わるインタビューだった。

筆者: 御堀 直嗣

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25