autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK トヨタマーケティングジャパン スポーツカーカルチャー推進グループ 喜馬克治 インタビュー 4ページ目

NEXTALK 2012/10/12 10:33

トヨタマーケティングジャパン スポーツカーカルチャー推進グループ 喜馬克治 インタビュー(4/5)

関連: トヨタ 86 Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
トヨタマーケティングジャパン スポーツカーカルチャー推進グループ 喜馬克治 インタビュー

スポーツカーの健全な姿を定着させたい

スポーツカーカルチャーを語るメッセージ文の最後に、『ハチロク。トヨタが、そして日本の大人たちが、長いあいだ忘れていたこと』と締めくくっている。なぜ、そのように自戒の念のようなコピーでメッセージを締めくくったのか?

【喜馬克治】この言葉が出てきた原点は、豊田章男社長が社長に就任する直前に「いいクルマを作りたい」との発言をうけてのことです。良いクルマではなく、いいクルマ。 そこにはいろいろな意味が含まれていると思いますが、そのなかに楽しいクルマがあると思ったのです。

豊田章男社長とトヨタ 86

しかし、ではなぜ楽しいクルマができなかったのかと言えば、それは、作る側や売る側がクルマの楽しさを忘れていたからであると豊田章男社長は説いたのです。

こうして、86を作る過程において、たとえ難しい課題があったとしても、作り手が楽しいと思えるクルマを出そう、やり遂げようとしてきました。

さらに、トヨタがクルマの作り方を変えるだけではなく、個人が、ルールのなかでもっと自立して良し悪しを作っていこうと立ち上がらないと日本の生活はよくならないだろうと思いはじめていて、その人たちがスポーツカーを待望し、スポーツカーの良さも悪さも見極めて、スポーツカーを普及していく仲間となって一緒にやって行こうと考えたときに、このセンテンスが出てきて、コピーライターと一緒に作ったのです。

トヨタマーケティングジャパン「スポーツカーカルチャー推進構想」新サービス

そして、7つのアクションが構想された。

【喜馬克治】10~20年かけて達成したい、スポーツカーの健全な姿の定着というビジョンがあって、そのためには新しいスポーツカーの楽しみ方をトヨタとしても方向性として示そうということになりました。

ただ、これで十分かどうかも分からないですし、いらないものもあるかもしれません。そういう意味ではプロトタイプです。そして、ファンと一緒に考えていきたい。

7つのアクションのなかで、「サーキット」や「カスタマイズ」は、なくてはならない普遍的な取り組みです。ただ、より気軽に楽しめるあり方を考えました。

TOYOTA 86主催スポーツカーファンのための走行会「86S(ハチロックス)」

「峠」は、先にも話しましたように、スポーツカーを楽しむにはうってつけの場所ですが、社会的な問題もあり、それを解決できないか。健全な遊び場に変えて行こうというアクションです。

「フォトカルチャー」は、鉄道が文化と言われ、撮り鉄といった言葉もあるように、自分が走っている姿がきれいに撮れないか?というサービスがあってもいいだろうと。また、「ネット」時代としては、ファンとファンを結び付けるソーシャルツールによって、スポーツカーに乗ることが孤高な趣味というだけでなく、仲間と適切な距離感を持って結び付けられないかと考えています。

「AREA86」ではマスタースタッフが常駐しており、様々なアドバイスを受けることが可能だ

「ショップ」については、カルチャーをサポートする拠点として、たとえばコーヒーショップのマスターのように、地域にあったスポーツカーカルチャーをアレンジしていく人、マスタースタッフを置いています。

そして、協業ということで、他業種の企業にも参加していただき、スポーツカーカルチャーをライフスタイルとして、アパレルや、バッグ、自転車など、グッズ開発との「コラボレーション」があります。

これらをプロローグと言うのは、本来はトヨタが定義することではなく、自立した大人が作るのがカルチャーであって、これはカルチャーサービスのプロトタイプと位置付けているからです。対話を重ねながら、日本にとってのスポーツカーカルチャーを作っていきたいですね。

トヨタ 86 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ 86 の関連記事

トヨタ 86の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 86 の関連記事をもっと見る

トヨタ 86 の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20