autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN(エヌワゴン) どっちが買い!?徹底比較 3ページ目

どっちが買い!?徹底比較 2014/9/28 14:22

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN(エヌワゴン) どっちが買い!?徹底比較(3/3)

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN(エヌワゴン) どっちが買い!?徹底比較

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN -走行安定性・乗り心地対決-

スズキ ワゴンR Sエネチャージホンダ N-WGN

走行安定性はどうだろう。買い得グレードのワゴンR・FZとN-WGN・G-Aパッケージには、ボディの傾き方を制御するスタビライザーが装着されない。ワゴンRは操舵に対する反応が機敏なこともあり、ボディの傾き方が拡大しやすい。不安感はさほど強くないが、このステアリングの設定であれば、スタビライザーが欲しい。

N-WGNはワゴンRに比べて操舵に対する反応が大人しく、やや曲がりにくいと感じる。その代わり足まわりとのバランスは取れている。キビキビ感を重視したワゴンR、リラックス感覚のN-WGNといえるだろう。

この傾向は乗り心地にも当てはまり、N-WGNが快適に感じる。ワゴンRは燃費向上のためにタイヤの指定空気圧を280kPaまで高め、転がり抵抗を抑えた。なので乗り心地が硬い。N-WGNも高めではあるが、前輪が240kPa、後輪は230kPaにとどまる。加えてホイールベースもN-WGNはワゴンRよりも約100mm長いため、乗り心地に差が生じた。

その代わりに燃費性能は、ワゴンR・FZが前述の32.4km/L、N-WGNは29.2km/Lになる。

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN -装備・価格対決-

装備では、両車とも時速30km以下で作動する自動ブレーキを伴った衝突回避の支援機能を装着した。センサーには赤外線レーザーを使う。横滑り防止装置も装着されるが、N-WGNにはサイド&カーテンエアバッグも備わり、ワゴンRはスティングレーを含めて設定がない。エアバッグの充実はワゴンRの今後の課題だ。

車両価格はワゴンRのFZが137万2680円、N-WGNのG-Aパッケージが128万5715円になる。ワゴンRにはアルミホイール、エアロパーツ、運転席シートヒーターなどが装着され、N-WGNには前述のサイド&カーテンエアバッグ、ディスチャージヘッドランプなども標準装着している。ワゴンRのシートアレンジが多彩になることなどを考えると、機能と価格のバランスは同等で買い得感に差はない。

スズキ ワゴンR Sエネチャージ vs ホンダ N-WGN -総評-

スズキ ワゴンR Sエネチャージホンダ N-WGN

結論をいえば、ワゴンRは多彩なシートアレンジや収納設備が備わり、全般的にミニバン感覚が強い。初代モデルからの伝統として、便利に使える日常生活のツールという印象だ。居住性を含めて、実用性を全般的に高めている。

対するN-WGNは、4名乗車の機能に重点を置いたセダン風の軽自動車。運転感覚や乗り心地がリラックスできて、後席の下側に装着されたトレイも、4名乗車時に手荷物などを置きやすい。ホンダの場合、スズキのスペーシア以上にN-BOXの存在感が強く、N-WGNは荷物の積載よりも居住性を重視して個性化した印象を受ける。

ディーラーで両方を乗り比べると、機能の違いが良く分かり、「軽自動車が好調に売れる理由」も理解して頂けると思う。ライバル車を良く研究して開発され、外観は似ていても、それぞれが独自の強みを備えている。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ホンダ N-WGN 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26